なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

Amazonの高評価レビューはカネで買える??2ちゃんねる創業者の『あの名言』が心に響いた件。

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

Amazon利用歴17年、ついにやらかす

how-to-sell-on-amazon

どうも、なす(@nasu66com)です

3度のメシよりAmazonでの買い物が好きな僕ですが、ついにやってしまいました。

Amazonレビューは買い物の必需品

みなさん、Amazonで商品を探すとき、どうやって検索しますか?

例えば「モバイルバッテリー」が欲しいとしましょう。

こういうやつです。↓

f:id:nasu66:20170605231844j:plain

 

まず画面上の検索ボックスに「モバイルバッテリー」と入力しますね。

f:id:nasu66:20170605233607p:plain

 

誰だってそうする 俺もそーする。

f:id:nasu66:20170605225359p:plain

Amazon : ジョジョの奇妙な冒険(第4部)

 

そうすると数多くのモバイルバッテリーが一覧に表示されます。

f:id:nasu66:20170605225738j:plain

 

ここからが問題です。

 

このブログを読んでくれてるようなガジェット好きの男性なら、商品一覧から「特定のブランド名」を探して商品を選ぶでしょう。

(ちなみにモバイルバッテリーは「Anker」というブランドの製品を買っておけば間違いありません。モバイルバッテリーを10個以上所持している僕の経験則から明らかです。)

 

それでは、もしそのカテゴリの製品について何も知らない場合はどうするでしょうか??

 

答えはおそらくこうでしょう。

 

「レビューを参考にする」

 

そうですね。それが正解です。

異方存在も納得の正解でしょう。

f:id:nasu66:20170605225915j:plain

Amazonビデオ : 正解するカド

最高評価(☆5)の割合が90%超えの商品に遭遇する

僕はAmazon創業者であるジェフ・ベゾスの自伝本を読んで以来、自己啓発本を読むのがマイブームです。(ただし読むだけで満足しているクズ。)

その日もビジネス書のカテゴリーで何か良い本はないかと探索していました。

 

すると、そいつは突然現れました。

f:id:nasu66:20170605221803p:plain

 

 

脅威の高評価率

 

なんと160件のレビューのうち、最高評価の☆5が144件なんです。

つまり90%が☆5評価ということになります。

 

f:id:nasu66:20170605222301j:plain

「☆5が144件・・・だと??そ、そんなバカな・・・。」

 

f:id:nasu66:20170605222103p:plain

ポチーーーー(発見からわずか5秒後の出来事

実際に読んでみた

ちなみに問題の本はこちら。

『財布はいますぐ捨てなさい』

  

「もしかして財布を捨てることによって、【財布を落とすリスクが減る】とか・・・??いやいや、☆5評価が144件の本だぞ。しかも発売から2ヶ月足らずで。そんな訳あr・・・」

 

f:id:nasu66:20170605223346j:plain

財布を持つデメリットはたくさんあります。

まず、「なくしたり、盗られたりすること」。

 

何・・・だと・・・? 

 

f:id:nasu66:20170605230356j:plain

 

Amazonの高評価レビューはカネで買える説

Money Girl

さて本題に入りましょう。

この結果から判明したのは「レビューは(おそらく)カネで買える」 ということです。

 

なんとも胸クソ悪い事実ですね。

まさにカネさえあれば何でも出来る世の中です。

   

正直なところ、異常な高評価の数に

「なんかおかしいな」

と思わなかったわけではありません。

 

ただビジネス書という専門外のカテゴリについて、その判断に従う術はありませんでした。

 

(レビューをよく確認すると、☆1の評価をつけている善良な(もしくは僕と同じくカモにされた)Amazonユーザーがこの評価の異常性について指摘しています。)

 

万に1つ、この評価が真実の場合、☆5をつけた144人のクズは一生口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろ。 

この件に関するまとめ

インターネットが一般的になった世の中、ユーザーによるレビューの重要性は日に日に高まっています。

  • 食事に関しては『食べログ』
  • 映画に関しては『Filmarks』
  • 家電に関しては『価格コム』(ちなみに価格コム内の商品掲載順位は売上データによるものではありません。*1

このようなレビューサイト無しに日常生活を送ると、デメリットの方が大きいとさえ思えます。 

 

今から17年前の西暦2000年、2ちゃんねる開設者のタラコがこんな名言を残しました。

f:id:nasu66:20170605224714j:plain

『ウソはウソであると見抜ける人でないと難しい』

 

つまり、「インターネット上の情報にはウソも真実もあって、それを見抜くことができない人はインターネットの利用に向いてない」ということです。

 

今後、この言葉の重みが益々増していく世の中になっていくのでしょう。

皆さんもインターネットのレビューには気をつけてください。僕はウソをウソと見抜ける力を身につけることが、自己啓発本で学ぶよりも大切なスキルだと気付きました。

 

 

おわり!