なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

【レビュー】Apple Watch Series 3のLTEモデルを1週間使用した感想。Amazonで買った交換用ステンレスバンドが超快適でおすすめです。

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20171001122646j:plain

Apple Watch Series 3(GPS + Cellular)を購入しました。

どうも、なす(@nasu66com)です。

初代Apple Watchの発表から3年、ついにApple Watch Series 3を購入しました。

このタイミングでのApple Watch購入には理由があって、「Apple製品は3世代目からが本番」という自分なりの考えがあるからです。

・iPhone:3世代目の「iPhone 3GS」から実用レベルのスペックに。

・iPad:3世代目の「新しいiPad」でRetinaディスプレイを採用。

おそらく製品の成熟に必要な時間が「3年」なのかもしれません。というわけで、ついにApple Watchが第3世代となったため購入しました。

この記事では購入から1週間使用した感想を書いていきたいと思います。

Apple Watch Series 3のスペック(機能)

まずApple Watch Series 3のスペックを確認していきます。

Apple Watch Series 3には

LTEを利用できる「GPS + Cellularモデル」

LTEを利用できない「GPSモデル」

の2つのモデルがあります。それぞれの特徴を表にまとめました。

  Series 3 GPS + Cellularモデル Series 3 GPSモデル
価格 45,800円(税別)から 36,800円(税別)から
通信方式 LTE、Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth
容量 16GB 8GB
主な機能 内蔵GPS
気圧高度計
耐水性能(プールや海などで使用可)
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
環境光センサー
話せるSiri
Apple Pay Suica・クレジットカードの利用可
ディスプレイ OLED Retinaディスプレイ
サファイアクリスタル または
Ion-Xガラス(強化ガラス)
Ion-Xガラス(強化ガラス)
サイズ 272 x 340ピクセル(38mm)
312 x 390ピクセル(42mm)
電源 最大18時間

防水性能や心拍センサーなど基本的な機能面での違いはありませんが、「GPS + Cellularモデル」はLTE通信が可能だったり、データ保存容量が2倍など一部のスペック面で優位です。

価格差もあまりないため、僕は「GPS + Cellularモデル」を購入しました。

38mmと42mm、どっちを買えばいいのか?

Apple Watchには

・38mm:272 x 340ピクセル

・42mm:312 x 390ピクセル

という2つのサイズがあり、どちらのサイズを買えばいいのか迷うと思います。

そんなときはApple Storeアプリで実物のイメージを表示して腕に当ててみるのがおすすめです。

▼アプリのダウンロードはこちら。

Apple Store
Apple Store
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ

▼ストアアプリのApple Watchの製品画面から「ケースのサイズを比較する」を選択すると、実寸サイズのイメージ図が表示されます。

f:id:nasu66:20171001105124j:plain

▼僕は男性(手首150mm)ですが、実寸イメージを腕に当ててみたところ42mmモデルは大きすぎると感じたため、38mmモデルを購入しました。

f:id:nasu66:20171001104540j:plain

「GPS + Cellularモデル」ではApple Watch単独での通信が可能に

これまでのApple Watchは、データ通信のために必ずiPhoneを経由する必要がありましたが、今回発表されたCellularモデルではApple Watch単独での通信が可能になりました。

・GPS + Cellularモデル:データ通信はApple Watch単独

・GPSモデル:データ通信はiPhone経由

ちなみにGPS + Cellularモデルには、iPhoneで使用されている『nanoSIM』よりも格段に小さい『eSIM』というSIMを内蔵しています。eSIMのサイズは「6mm×5mm」と言われています。

LTE利用には別途契約が必要

ただApple Watch Series 3を単独で通信させるためには、携帯電話会社と別途契約し月額料金を支払う必要があります。2017年10月現在の利用料は以下のとおりで、なぜかドコモだけが高くなっています。

・ドコモ(ワンナンバーサービス):月額540円

・au(ナンバーシェア):月額378円

・ソフトバンク(Apple Watch モバイル通信サービス):月額378円

格安SIMはApple Watchの通信契約不可

また現状、楽天モバイルやUQモバイルなどの格安SIM(MVNO)ではApple Watch Series 3のLTE契約は不可なので、格安SIMを利用している方は注意してください。 

Apple Watchは通知機能がマジで便利

f:id:nasu66:20171001130810j:plain

Apple WatchはLINEやメールなどの通知機能が革命的に便利です。

仕事中にiPhoneを開くことができない場面でも、腕につけたApple Watchで中身を確認できるため、「重要な連絡に気づかない」ということがなくなりました。

ちなみに、通知の際は周りには聴こえないレベルの小さな振動が伴うので、Apple Watchの通知に気づかないということはあり得ません。

バッテリー持ちが良い

f:id:nasu66:20171001115437j:plain

Apple Watchはバッテリーが持ちが悪いとよく話題になりますが、実際に朝8時から夜20時まで1日ずっと使用した場合のバッテリー残量は80%でした。

Appleは最大18時間利用できるとしていますが、特別な使い方をしなければ18時間よりずっと長くバッテリーは持つようです

バッテリーの容量が気になる方も、実際に使ってみると「特に問題ない」と感じるはずです。

心拍センサーが地味に良い

f:id:nasu66:20171001100105j:plain

Apple Watchには心拍センサーが内蔵されているため、今現在の心拍数をカウントすることができます。

「心拍数が高くなると深呼吸を促す仕組み」なども搭載されていて、Appleなりの健康愛が感じられます。(忙しく働くサラリーマンにはぜひ利用して欲しいと思います。)

もちろんApple Watchは耐水機能も備えているため、水泳やランニングなどのスポーツをする際にも安心して使うことができます。

ランニング距離や消費カロリーなどの情報を測定したいスポーツマンにもおすすめです。

もちろんApple Payにも対応

f:id:nasu66:20171001100100j:plain

Apple WatchはApple Payにも対応しているので、クレジットカードを登録することが可能です。そのため、iPhoneを使用せずにSuicaやiDでの支払いができます。

よく駅の改札でカバンを漁って定期入れやiPhoneを探している女性の方を見かけることがあります。

そんな場合でもSuicaを登録したApple Watchがあれば、腕時計を改札機にかざすことで通過できるようになるので、電車をよく利用する方にはApple WatchでのApple Pay利用がおすすめです。

高級時計と比較しても遜色のない美しい液晶

f:id:nasu66:20171001100032j:plain

高級時計に比較するとかなり安価なApple Watchですが、高級感は抜群

僕はこれまでサファイアガラスが売りの「SEIKO ASTRON」という25万円で購入した腕時計を使用していたのですが、Apple Watchの液晶はASTRONと比較しても遜色のない美しさです。

そのため、高級時計を使用している方でも違和感なくApple Watchに移行することができるはずです。ただ1つ気になる点があるので次の項目で紹介します。

スポーツバンド・スポーツループは難あり

f:id:nasu66:20171001100031j:plain

とても美しい液晶をもつApple Watchですが、最も安価なモデル(スポーツバンド・スポーツループ)に関してはバンド部分が安っぽいというのが正直な印象です。

特にスポーツループに関しては、接着部分がマジックテープ仕様という中学生でも嫌がりそうなチープ感となっています。

Amazonで交換用のステンレスバンドを購入

f:id:nasu66:20171001100049j:plain

そこでAmazonで販売されていた「Apple Watch用 ステンレススチールバンド」を別途購入して交換したところ、見違えるような高級感になりました。

交換に使用したのはこちらの商品なのですが、2000円という超お手頃価格にも関わらず素晴らしい一品でした。

Apple Watchのバンド交換は超簡単

Apple Watchのバンド交換はとても簡単で、5分ほどの作業で完了します。

▼本体背面のボタン(矢印の部分)を押しながらバンドを横にスライドすると、バンドを外すことができます。(画像見にくくてすいません…。)

f:id:nasu66:20171001113431j:plain

▼交換バンドの初期状態。とっても緩い。

f:id:nasu66:20171001100055j:plain

▼付属のキットでバンドを短くできます。5分ほどで出来る簡単な作業です。

f:id:nasu66:20171001100059j:plain

▼完成!超いい感じ!

f:id:nasu66:20171001113956j:plain

このバンドに交換して1週間使用しましたが、使い勝手に特段の問題はなく、むしろコスパ最高で超おすすめです。

Apple Watchの初期バンドに不満を感じてる方は、わずか2000円で一気に満足度を上げることが可能なので試してみてはいかがでしょうか?

Apple Watchの充電用スタンドも購入

f:id:nasu66:20171001121516j:plain

蛇足ですが、Apple Watchの充電用スタンドも購入しました。購入したのはこちらの製品です。

Apple Watchは本体の裏面にマグネットを装着して充電するのですが、この装着作業が地味に面倒。そのため、そこに置けば充電されるという環境を作り出すために充電用スタンドを購入しました。

スタンドは約1400円とお安いので、気になる方はぜひ試してみてください。

Apple Watch Series 3(GPS + Cellular)を1週間使用した感想まとめ

f:id:nasu66:20171001123237j:plain

総評:大満足です

・通知機能が最高

通常の時計では得られない機能面での満足感がかなり大きいです。特に通知の表示は腕時計の用途そのものが変わるレベルの大進化と感じました。

・Apple製品ならではの高級感

やはり腕時計は嗜好品という一面も持ち併せているので、個人的には高級感は重視したいポイントです。Apple Watchはその面でも満足感のある製品に仕上がっています。

・iPhone利用者はマストバイ

現在iPhoneを利用していて、スマートウォッチが欲しいという方は絶対に買って損はしません。日常生活が一段と便利になること間違いなしなので、ぜひApple Watchを購入してみてください。

 

おわり!

 

▼質問等あればこちらのボタンからどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加