なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

「ファイアパンチ」を全巻読み返したらやっぱり面白すぎたので、おすすめしたい3つの理由を紹介する!

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20170222224457j:plain

ファイアパンチが面白すぎる

どうも、なすです。漫画漬けの日々を送ってます。

みなさんファイアパンチという漫画をご存知ですか?

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「少年ジャンプ+」という週刊少年ジャンプ系列のアプリで連載している作品なのですが、

この漫画、本家ジャンプの連載作品より断然おもしろい。

僕に言わせれば、

まだONE PIECEで消耗してるの?

っていうレベルの面白さなんです。

少年ジャンプ+ 漫画が無料で読めるアプリ
少年ジャンプ+ 漫画が無料で読めるアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

連載開始当初から奇抜な設定胸糞な描写が話題だったので、作品名くらいは知っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、ここ最近は「終末のハーレム」の後塵を拝してる感が否めません。

まぁ「終末のハーレム」は設定が反則なのでしょうがないといえばそれまでなんですが…。

f:id:nasu66:20170222232406j:plain

終末のハーレム セミカラー版 1

終末のハーレムとは・・・

男だけに感染するウイルスの流行で、人口の99.9%が女になってしまった世界。そんなハーレム状態の世界に、病気治療のため人口冬眠をしていた主人公(男)が目覚める話

当然、世の中に男がぜんぜんいないので大切に(意味深)扱われる。
ちなみに作画はガチの成年漫画家が担当

「終末のハーレム」のチートっぷりはお分かりいただけたでしょうか?

 

話を戻しましょう。

ここでファイアパンチ(第1話)のワンシーンをご覧ください。

f:id:nasu66:20170223202528p:plain

はい、興味わきましたね

 

それでは僕から「ファイアパンチ」の魅力を3つ紹介します!

その前にあらすじを箇条書きでどうぞ。

あらすじ

f:id:nasu66:20170223204030j:plain

  • 世界中が雪に覆われたせいで、人類が絶滅寸前。
  • 雪がやばすぎて、資源が底をつきそう
  • ごく一部の人間は「祝福」という特殊能力を持っている。(火を出せる、体が再生する、電気が出せる・・・などなど)
  • 「祝福」を持っている人間は「祝福者」と呼ばれている。
  • 世界が雪に覆われた原因は「氷の女王」という祝福者の仕業だとされている。
  • 主人公は「肉体を再生する」祝福を持っている。

要するに雪がやばすぎて人類滅亡しそうな世界なんです。

あとファイアパンチの世界には特殊能力者がいます。

ただジョジョとかハンタとかみたいな能力バトルはありません

f:id:nasu66:20170223220233j:plain

仗助 対 吉良みたいな「熱い戦い」はないんですね。

魅力その1:登場人物の性格がやばい

ファイアパンチの1つ目の魅力は登場人物の頭のネジが吹っ飛んでるところ。

その中でも特にやばい「トガタ」という人物で実例を紹介します。

f:id:nasu66:20170223214448j:plain

トガタ

本作の鍵を握る人物。

映画マニア。

強力な再生能力を持つ祝福者で年齢は約300歳。

・少女が襲われそうな場面でも映画の演出を優先する

f:id:nasu66:20170223214928p:plain

・倒した敵の生首と記念写真をせがむ

f:id:nasu66:20170223215310p:plain

生首を持ったまま追いかけっこする

f:id:nasu66:20170223215928j:plain

「あの人達・・・まともじゃないんだ・・・」

魅力その2:散りばめられたシリアスな笑い

ファイアパンチの2つ目の魅力は所々でシリアスな笑いを挟んでくるところ。

f:id:nasu66:20170223222231p:plain

バクマン。 モノクロ版 1 (ジャンプコミックス)

シリアスな笑いとは 

週刊少年ジャンプで連載されていた「バクマン。」内で説明された表現方法。

「シリアスな場面なのに笑えてしまう場面」のことを指す。

シリアスな笑い (しりあすなわらい)とは

ファイアパンチでは、この「シリアスな笑い」が多用されているんです。

シリアスな展開の途中で「笑い」が突然生まれることで、その世界感にどんどん引き込まれていくんですね。

先ほど紹介した追いかけっこのシーンなんかもいい例です。

他にも例を挙げて紹介します。

「強姦は罪ではない」と真面目に答える兵士に対して一言

f:id:nasu66:20170223221804j:plain

f:id:nasu66:20170223221852p:plain

「こいつのキャラと住んでる世界観が出るよね!」

なぜか敵キャラの台詞を解説し始めるトガタ。

「言った、言ってない」のやりとりからの主人公の一言

f:id:nasu66:20170223223527j:plain

f:id:nasu66:20170223223603j:plain

「映画の撮影のためなら何でも協力する」との約束を律儀に守る主人公。

 

 

いや、あの!!

ここまで書いといてなんなんですけどね!!

笑いの解説って虚(むな)しいな!?

とりあえず僕の笑いのツボにはガンガン刺さったので、笑いの相性が良さそうな方にはぜひ読んで欲しいと思います。

魅力その3:先の読めないストーリー展開

f:id:nasu66:20170223231350j:plain

藤本タツキ先生はストーリーについて、過去のインタビューでこんな回答をしています。

僕は物語が展開される中で、ジャンルが変わるというか、読者が事前に予想していた展開からまったく別の方向へ進んでいくマンガを作りたいと思っているんです。

「ファイアパンチ」は今後3回か4回、ジャンルが変わります。

「ファイアパンチ」藤本タツキインタビュー - コミックナタリー

たしかに既刊3巻の時点で、

・サスペンス

・バトル

・ドキュメンタリー

様々なジャンルに展開しています。

 

転換数が作者の言うとおり「3回か4回」ならば、

そろそろ最終回なのでは??

と勘ぐってしまいますが、

果たして今後の展開はどうなるのでしょうか。

ファイアパンチ4巻は3月3日発売

ファイアパンチの魅力、少しは伝わりましたか?

興味の湧いた方にはぜひ読んで欲しいと思います。

個人的にはここ最近で1番面白いと感じた作品です。

既刊3巻ですが、待望の4巻が3月3日に発売されます。

3巻の最後で登場したあの人物は果たして何者なのか・・・。

謎が謎を呼ぶストーリー展開、4巻の発売が待ち遠しい!!!

おわり!