なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

私立恵比寿中学 『今、君とここにいる』ツアーファイナル@東京国際フォーラム(2017/07/16)に参加して、号泣した話。

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20170716230206j:plain

私立恵比寿中学(エビ中)の春ツアー千秋楽に参加してきました。

どうも、なす(@nasu66com)です。

4月22日から3ヶ月間に渡って全国各地で開催されてきた、私立恵比寿中学(エビ中)の春ツアー『IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~』。

本日(2017年7月16日)その千秋楽となる、東京国際フォーラム公演に参加してきました。もうね、めちゃめちゃ泣きました。

「あの日」から、まだ5ヶ月

f:id:nasu66:20170717010210j:plain

クイック・ジャパン131 | 私立恵比寿中学

 

私立恵比寿中学といえば、今年の2月8日に忘れられない出来事がありました。

メンバーの松野莉奈さん(りななん)が急逝されたのです。わずか18歳の少女に起こった、信じられない悲劇でした。

 

今回のツアーは、そんな難しい状況の中で開催されました。

松野さんの亡くなる前からチケットは販売されていましたが、きっと一時は開催すら危ぶまれる状態だったと思われます。正直、僕も今回のツアーは中止になるだろうなと思っていました。

 

しかし、予想に反してツアーは当初の予定通りにスタートし、ツアー中の5月31日にはニューアルバムも発売されました。きっとその裏には、メンバーやスタッフの方々の想像を絶する努力と苦労があったのでしょう。

(ちなみに5月に発売されたアルバム「エビクラシー」は、エビ中初となるオリコンウィークリーアルバムチャート1位を獲得しています。)

 

ツアー最終日となる本日7月16日は、急逝した松野莉奈さんの19回目の誕生日です。

 

そんな背景から、「きっと涙なしでは見られないのだろうな」と予想して参加したライブでしたが、本当に素晴らしい公演だったのでレポートを書きたいと思います。

アルバムの発売がツアー開始後となった理由が判明する

この春ツアーは、5月発売のアルバム「エビクラシー」の楽曲を全曲披露するという、まさにアルバムを引っさげた公演内容となることが、ツアー開始前に告知されていました。

しかし、ここで1つ引っかかることがあります。

 

それは「ツアー開始が4月22日なのに、アルバム発売は5月31日」であること。

 

この日程だと、(アルバム発売前である)ツアー前半の公演に参加するファンは「聴いたことのない楽曲ばかりのライブに参加する」ことになります。

 

この疑問に対する答えが、本日のツアーファイナルで明らかにされました。

 

それは、

「松野さんの亡くなる前に、アルバムは完成していた」

というものでした。

三度泣いた「エンドロール」

「松野さんの亡くなる前にアルバムが(ほぼ)完成していた」ということは、アルバムの作り直しに相当な時間が必要ということ。しかし、ツアーの日程変更は現実問題として難しい。

そうなると「アルバムの発売を遅らせる」以外に残された手はありません。

「松野さんの亡くなる前にアルバムが完成していた」という事実は、公演のエンドロールで明らかにされたのですが、その内容を号泣した3つの出来事と共に語っていきたいと思います。

1. 『感情電車』の唄声は…。

本編とアンコールの終了後、会場に設置された大きなスクリーンには、

・ツアーを振り返る写真のスライドショー

が、

・アルバムのリード曲となっている『感情電車』をBGMにして

放映されました。


私立恵比寿中学 『感情電車』Music Video

 

ツアーを振り返る写真に合わせて『感情電車』が流れることに、特に何の疑問を抱くことなくスクリーンを眺めていると、なぜか次第に懐かしい気持ちに…。

 

そう、BGMで流れている『感情電車』、

なんと松野莉奈さんのソロバージョンだったのです。

 

もうね、号泣です。

 

唐突に松野さんの存在が頭に蘇ってくるんです。

 

これまでどこか思い出さないようにしていた彼女の記憶

まさかこんな形で鮮明に呼び起こされるとは…。

 

スクリーンに浮かぶ「Song by Rina Matsuno」の文字は、涙で霞んでよく見えませんでした。

『感情電車』は松野さんのソロ楽曲となる唄だったんですね。

2. ジャケット写真の撮影風景に『8人いる』

スライドショーが終わると、スクリーンにはアルバムのジャケット写真撮影時のメイキング映像が流れはじめました。

↓このジャケット写真の撮影風景です。

f:id:nasu66:20170716232659j:plain

Amazon.co.jp | エビクラシー(期間生産限定盤) | 私立恵比寿中学

 

「あれ、8人いる…?」

 

そうなんです。その映像の中には、笑顔で写真撮影に参加する松野さんの姿が…。

 

再び、号泣。

 

「ああ、こんな笑い方をする人だったなぁ…。」

まだ”あの日”から半年も経っていないけれど、なんだか少し懐かしい気持ちになりました。

アルバムのジャケットも「8人」で撮影を終えていたんですね。会場で流れた映像では、安本さんの左隣に松野さんが写っていました。

3. ツアータイトルの意味は

f:id:nasu66:20170716233431j:plain

そんなメイキング映像が終わると、次はツアータイトル「~今、君とここにいる~ 」の文字がスクリーンに出現しました。

 

映し出された文字を眺めていると、「今」の文字が画面から消え、「君とここにいる」という言葉だけが残されました。

 

更に数秒経過すると、

 

」の文字が消えた箇所に、

これからも」という文字が出現。

 

~これからも、君とここにいる~ 」

 

 

三度、号泣。

 

 

「今」だけじゃない。

私立恵比寿中学は「これからも」、彼女と一緒に成長していくのでしょう。

今回のツアータイトルは「松野さんのために付けられたもの」という事実が名言された瞬間でした。 

最後に

一連の映像が終了すると、会場内の照明が点灯し、退場のアナウンスが流れたのですが、アナウンス嬢の声が泣き声でした。そりゃ泣きますよね。笑

 

というわけで、ある種のサプライズに号泣させられた、本当に最高のライブでした。

 

ツアー中はどこか「触れてはいけない」雰囲気すら漂っていた、松野さんの話題。

誕生日でもあるツアーファイナルで、そんな気持ちを捨て去るように言われた気がしました。

 

松野さんがいないという事実に、これからも涙することがあるでしょう。

それでもきっと、私立恵比寿中学は前に進んでいき、僕達に夢を与えてくれるはずです。

 

次回のライブ参加は、2017年8月26日(土)に愛知県のモリコロパークで行われる『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017』。

 

f:id:nasu66:20170716235902j:plain

私立恵比寿中学オフィシャルサイト|学芸会

 

月並みな言葉ですが、松野さんもどこかで見守っていてくれるはず。今から次の公演が待ち遠しいです。

 

明日は、彼女のフォトブックを読んで余韻に浸りたいと思います。

 

おわり。

 

私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~in 東京国際フォーラム・ホールA セットリスト

  • M.1 制服"報連相″ファンク
  • M.2 CHAN-CHARA-CHAN
  • M.3 金八DANCE MUSIC
  • M.4 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
  • M.5 フォーエバー中坊
  • M.6 ハイタテキ!
  • M.7 MISSION SURVIVOR
  • M.8 まっすぐ
  • M.9 Go!Go!Here We Go!ロック・リー
  • M.10 コミックガール
  • M.11 君のままで
  • M.12 手をつなごう
  • M.13 藍色のMonday
  • M.14 さよならばいばいまたあした
  • M.15 スターダストライト
  • M.16 春の嵐
  • M.17 紅の詩
  • M.18 なないろ
  • M.19 感情電車
  • En.1 全力☆ランナー
  • En.2 フレ!フレ!サイリウム
  • En.3 サドンデス
  • En.4 えびぞりダイアモンド!!