なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

【動画あり】「iPhone X」の実機レビュー。片手で扱えるサイズ感と顔認証が最高だぞ!ホームボタンの廃止は特に問題なし。

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20171103104444j:plain

「iPhone X」、買いました。

どうも、なす(@nasu66com)です。

2017年11月3日(金)、ついにAppleの最新スマートフォン「iPhone X」が発売されました。

 

世間的にも大きな話題になっていますが、僕もつい先ほど、予約購入した「iPhone X 256GB スペースグレイ(SIMフリー)」をApple Store 銀座で受け取ってきました。

※今回は当日の店頭販売が解禁されていたため、Apple Storeは物凄い人混みでした。徹夜組の皆さん、お疲れ様です。

 

というわけで、

・実際に使ってわかった「使用感・サイズ感」

・新機能「Face ID(顔認証)

などについてレビューしていきたいと思います!

 

iPhone Xはすごいスマホだぞ。

「iPhone X」のスペック

レビューの前に、まずは基本スペックを確認していきます。(赤字は注目して欲しい部分。)

価格 (税込) 64GB:12万1824円、256GB:14万184円
ディスプレイ 5.8インチ Super Retina HD
画面解像度 2436 x 1125 (458ppi)
寸法 143.6 x 70.9 x 7.7mm
画面機能 3D Touch
生体認証 Face ID (顔認証、Apple Pay対応)
ストレージ 64GB / 256GB
メモリ 3GB
背面カメラ 12MP カメラ x2 (ポートレートモード対応)
前面カメラ 7MP True Depthカメラ (ポートレートモード対応)
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
本体色 シルバー、スペースグレイ
バッテリー 2716mAh
ワイヤレス充電 Qi対応

 

ポイントをまとめると、

・価格が高い(14万超え

・指紋認証が廃止されて顔認証になった

・画面サイズはPlusより大きくなった

・本体サイズはPlusの付かないモデルと同じくらいになった

・やっとワイヤレス充電に対応した

といった感じです。

「iPhone X」開封の儀

まずは「iPhone X」開封の儀を執り行います。

▼生まれたてのiPhone Xちゃん。

f:id:nasu66:20171103102704j:plain

▼ビニールを外して…。

f:id:nasu66:20171103102706j:plain

▼おおおおおぉぉぉぉぉ!!

f:id:nasu66:20171103102707j:plain

▼箱をオープン。漆黒のスペースグレイ!かっこいいぃぃぃぃ!!

f:id:nasu66:20171103102708j:plain

▼付属品はこんな感じで、いつもと同じ。

f:id:nasu66:20171103102709j:plain

満足するまで躯体を愛でたので、中身を触っていきましょう。

「iPhone X」をひと通り触ってみた感想

サクッと初期設定を済ませて、ここからはひと通り触ってみた感想を語っていきます。

女性でも片手で使えるサイズ感がグッド

これまで1年近く「iPhone 7 Plus」を愛用してきた僕が、iPhone Xを触って一番初めに感じたのは「小さい!」ということ。

手に持ったときのサイズ感は、「iPhone 6S」や「iPhone 7(Plusではない)」と同じくらいです。

▼比較画像

f:id:nasu66:20171103112216j:plain

寸法を比較してみると、

・iPhone X:143.6 x 70.9 x 7.7 mm (174 g)

・iPhone 7:138.3 x 67.1 x 7.1 mm (138 g)

・iPhone 7 Plus:158.2 x 77.9 x 7.3 mm (188 g)

となっており、数字からも「iPhone Xの小ささ」が分かります。

(重さに関しては、そこそこの重量感です。軽いという感じはありません。)

 

このサイズ感であれば、iPhoneのPlusシリーズと異なり、女性でも片手で扱うことができます

▼試しにうちの奥様(身長155cm)に触ってもらったところ、片手で操作できていました。本体をまるごと握るのも可能といった様子です。

f:id:nasu66:20171103112750j:plain

 

5.8インチ 有機ELディスプレイの迫力がすごい

本体サイズは小さく感じるiPhone Xですが、ディスプレイのサイズはPlusシリーズよりも大きくなっています

これは、ホームボタンが廃止され、前面がディスプレイで覆われる形状となったためです。

f:id:nasu66:20171103102728j:plain

画像ではわかりにくいですが、実際に触ってみると、前面を覆う5.8インチの有機ELディスプレイ(Super Retinaディスプレイ)は物凄い迫力です。

私を見て!」と主張されているような、そんな感じに仕上がってます。

有機ELディスプレイの美しさ

iPhoneシリーズ初の有機ELディスプレイは、本当に綺麗です。

これまで使っていたiPhone 7と比較してもその違いは明らかで、ビビッド感のある発色が美しく際立ちます。

画像だと伝わりにくいと思うので、参考動画で発色を確認してください。(動画はApple公式より。)

www.youtube.com

 

ホームボタンが廃止になったものの、2分で慣れた

f:id:nasu66:20171103121713j:plain

iPhone Xでは、ホームボタンが廃止となりました。

 

これによって、今までホームボタンで行っていた、

・ホーム画面の表示

・アプリ切り替え画面の表示

・通知画面の表示

・コントロールセンターの表示

などの操作は、スワイプ操作で代用する形となっています。

 

▼参考動画:ホーム画面の表示、アプリのタスク画面の表示

youtu.be

 

 

この変更には「慣れるまで少し時間がかかりそう」と思っていたのですが、実際に触ってみると2分で慣れました

 

これは誇張ではなく、「スワイプ操作の方が使いやすい」とすら感じています。ホームボタンなんていらんかったんや…。

 

ただし、以下の3点はiOSのアップデートで対応が必要と思います。

1. 顔認証後にスワイプ動作をしないとホーム画面が表示されない

2. 電池残量のパーセント表示がコントロールセンターを開かないと見れない

3. アプリ切り替え画面でタスクを消去する操作が面倒(アプリ切り替え画面の表示→タスク長押し→タスク消去の3段階の操作が必要) 

 

これらの不満点も含めて、次回のアップデートでどのように進化を遂げるか楽しみです。

Face ID(顔認証)の登録はとても簡単。

iPhone Xではホームボタンが廃止されたため、それに併せてTouch ID(指紋認証システム)も廃止されました。

 

そこで「Face ID(顔認証)」という新機能が、Touch IDに代わる生体認証システムとして採用されています。

f:id:nasu66:20171103122327j:plain

Face IDは、前面カメラによる顔認証システムで、ロック画面の解除やApple Payでの支払い時など、認証が必要なあらゆるシーンで使用します。(詳しい原理の説明はWikipediaでどうぞ。)

 

Face IDの登録は簡単で、カメラに顔を向けて2〜3回ほど首を動かすだけ

f:id:nasu66:20171103102724j:plain


Face IDの登録が完了すれば、あとはiPhone Xを自分の顔に向けるだけで、ロック画面の解除ができます。とっても未来感のある技術です。

Face IDはマスクをしてても使えるのか問題。

f:id:nasu66:20171103123311j:plain

皆さん気になるところかと思いますが、Face IDは「メガネ」や「マスク」を身に着けていても正常に動くのでしょうか?

 

Apple Storeのスタッフに確認したところ、メガネ・サングラス・ひげ・帽子を着用していても、問題なくFace IDが使えるそうです

しかし、マスク着用時は認証できない可能性が高いとのことでした。

 

・メガネ・サングラス・ひげ・帽子→Face IDが使える

・マスク→Face IDが使えない

 

そのため日常的にマスクをつける方は注意が必要かもしれません。

僕も実際にマスクをしてFace IDの認証を試してみましたが、認証が成功したのは10回中0回でした。認証率0%です。

 

ちなみに、Face IDの認証に表情は関係しません

 

またFace IDは「目を閉じている顔」には反応しないので、

・寝ているときにiPhone Xを顔に向けられてロックを解除される

という心配は不要です。ただし、目を開けて寝るという方は注意してください。笑

 

iPhone Xはカメラの性能もすごい

僕はこれまでカメラ性能に定評のある「iPhone 7 Plus」を1年間ほど使用してきましたが、iPhone Xのカメラは更なる進化を遂げています。

 

これに関しては、言葉で説明してもわかりにくいと思うので(そもそも僕は写真の専門家ではないので)、実際に撮影した2つの画像を掲載します。どちらも加工等は一切していません。

▼iPhone 7 Plusで撮影

f:id:nasu66:20171103142849j:plain

▼iPhone Xで撮影

f:id:nasu66:20171103142913j:plain

 

iPhone Xで撮影した写真の方が、実際の色合いが正確に再現されていますいるような気がします。・・・どうでしょうか?

 

ここは、ぜひ実機で確認してほしいところです。

また、iPhone Xに関しては、有機ELディスプレイで写真を表示するとより綺麗に見えるというメリットがあります。

「ポートレートモード」が前面カメラにも採用

f:id:nasu66:20171103125410j:plain

iPhone Xでは「ポートレートモード」による撮影が前面カメラでも使用できるようになりました。

(※ポートレートモード:一眼レフカメラで撮影したような「背景をぼかした写真」が撮れる機能)

 

背面カメラでのポートレートモードによる撮影は、被写体との距離を一定以上に離す必要がありました。

 

しかし、前面カメラでのポートレート撮影は、被写体との距離を気にすることなく使用できます

 

自撮り需要の高まりに合わせた進化なのでしょう。

僕はほとんど自撮りをすることはありませんが、Instagramを愛用する女性には嬉しい機能なのではないでしょうか。

ワイヤレス充電は地味に便利

f:id:nasu66:20171103125753j:plain

iPhone Xはワイヤレス充電 (Qi)に対応しています。

ワイヤレス充電器は本体には付属していないため、別途購入する必要がありますが、この機能は地味に便利です。

僕が購入したのは、Amazonで1,700円ほどで販売されていた商品ですが、特に問題なく使用できました。

iPhone Xでワイヤレス充電を試してみたいという方は、ぜひ購入してみてください。iPhoneを「置くだけ」で充電できる環境は、地味に便利ですよ。

iPhone Xのレビューまとめ 

f:id:nasu66:20171103102702j:plain

以上、iPhone Xのレビューでした。

 

iPhone Xは価格が高い(14万円)だけあって、最新機能をふんだんに盛り込んだ「贅沢な一品」に仕上がっています。

最新・最先端のスマートフォンが欲しいのならば、iPhone X一択と言える完成度でしょう。

 

実際に使ってみた感想をまとめると、

・価格が高い → 毎日使うので元が取れるレベル

・ホームボタンがない → すぐ慣れる

・顔認証がマスクに反応しない → なんとかしてください

・ワイヤレス充電器が別売り → Amazonで1,700円(参考

・前面カメラでのポートレート撮影 → めっちゃ便利

・1万円超えの純正ケース → 店員にのせられて買ったものの最高(あとで記事にします)

・iPhone XでのiOSの使用感→まだまだだね

といった感じです。

 

顔認証についてはマスクの着用時以外はめちゃめちゃ便利です。これは意外でした。

一方、iOSは細かい部分で未完成の仕様も多く、まだまだ発展途上という感じになってます。

 

 

iPhone Xについては、純粋なスペックのみを比較すると、Android製スマートフォンには及ばない部分も多々あります。

 

しかし、スペック以上の使用体験をもたらしてくれる「iPhone X」という端末は、「やっぱりAppleなんだよなぁ…」と思わせてくれる満足感でした。

 

というわけで、

みなさんも 乗るしかない このビッグウェーブに!

f:id:nasu66:20171103130819j:plain

(数年前、ビッグウェーブさんと撮った写真。)

 

おわり!

 

▼各販売サイトはこちら

・Apple : Apple Store

・ドコモ : ドコモ オンラインショップ

・ソフトバンク : ソフトバンク オンラインショップ

・au : au オンラインショップ

 

▼質問・意見等あればこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加