読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

f:id:nasu66:20170105214820p:plain

最速でお金持ちになりたいので、偉人たちの名言とおすすめの伝記本をまとめてみた。【世界の富豪編】

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20170422120831j:plain

どうも、なす(@nasu66com)です。お金が大好きです。(率直)

今回はお金の話をしようと思います。

突然ですが、皆さんは『モデリング』という言葉を知ってますか?

モデリングは心理学用語で「誰かをマネする行動」を示す言葉です。

(ここから大事)

人間は誰かをモデリングすることで成長する生き物」とされています。

人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。思春期から大人にかけての時期では、憧れの意識から、対象の人物に少しでも近づきたいという心理が発することがある。また、芸能人のファンが、その対象人物のファッションや仕草などを真似るのは、モデリングのひとつである。

モデリング (心理学) - Wikipedia

そこでふと気付いたんです。

人生において圧倒的成功を手に入れるためには「圧倒的成功者のモデリング」をすればいいのではないか?ーーーと。

しかし、これを実践するには「圧倒的成功者が歩んできた人生」を知る必要があるわけです。

そこで今回は最新のフォーブス世界長者番付を参考に、圧倒的成功者たちの自伝本を調べてみました!!

これを読めば億万長者になったも同然ですね(確信)

ついでに心に残った名言も載せておくので、よかったらみなさんの人生の参考にしてください。

※資産・順位は2016年版フォーブス世界長者番付より。1$=113円で計算しています。

ビル・ゲイツ / マイクロソフト

資産8.48 兆円(世界1位)

f:id:nasu66:20170422120725j:plain

"いまでもお金そのものには興味がない。仕事と莫大な富と、どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ。"

まず最初に紹介するのは、言わずと知れた世界ナンバーワン大富豪、ビル・ゲイツの自伝です。ハーバード大学在学中に友人のポール・アレンとともにプログラミングに打ち込み、現在のマイクロソフトの礎を築いたストーリーなど、ビル・ゲイツがどのような人物か分かる良著となっています。

ウォーレン・バフェット / バークシャー・ハサウェイ

資産6.87兆円(世界3位)

f:id:nasu66:20170422120716p:plain

"株式投資のルール1:絶対に損をするな。ルール2:絶対にルール1を忘れるな。"

世界で最も有名な投資家であるウォーレン・バフェット。コーラとハンバーガーしか口にしないという逸話があるほど偏食家としても有名ですが、そんな彼の伝記本は株式市場へのスタンス投資への哲学が分かる、ビジネスマンには必読の作品になっています。余談ですが、バフェットとのランチを楽しむ権利は8,000万円するそうです。

ジェフ・ベゾス / アマゾン

資産5.11兆円(世界5位)

f:id:nasu66:20170422120719j:plain

"失敗しても後悔しないのはわかっていた。しかし、試さなかったら後悔していただろう。"

アマゾン創業者、ジェフ・ベゾスの伝記本です。この本は彼の生い立ちだけでなく「アマゾンがどのようにして創業したのか?」「アマゾンがどのような信念で運営されているのか?」といったことについても書かれています。ちなみに僕は買い物のほぼ全てをアマゾンに依存していて、ベゾスの手のひらで見事に踊っています

マーク・ザッカーバーグ / フェイスブック

資産5.04兆円(世界6位)

f:id:nasu66:20170422120729j:plain

"僕たちは金儲けのためにサービスをつくっているのではない。良いサービスをつくるためにお金を稼いでいるのだ。"

世界最大のソーシャル・ネットワークサイト、フェイスブック。その創業者マーク・ザッカーバーグ本人を取材することで執筆されたのがこの本です。

フェイスブックの立上げについては、2010年にデヴィッド・フィンチャー監督による映画が公開されていますが、ザッカーバーグは「映画に使われている衣裳は実際に僕が着ていたものだった。ただ、衣裳以外は全て虚構だった。」とコメントしています。そのため、映画的な脚色をされていないフェイスブックの『事実』を知りたい方に、おすすめしたい一冊です。(娯楽作品としては映画もおすすめです。

ラリー・エリソン / オラクル

資産4.93兆円(世界7位)

f:id:nasu66:20170422120732j:plain

"新しい技術への挑戦というリスクを取らない方がリスクは大きい。この世界では、何もしないことが一番大きなリスクになる。"

ビジネス用ソフトウェア企業「オラクル」創業者、ラリー・エリソン。彼は19歳未婚の母の元に生まれ、生後9ヶ月で親戚に養子として引き取られることになります。ビジネスでは大成功を収めたラリーですが、養子となったことが心の傷となりプライベートでは結婚・離婚を繰り返します。ラリー・エリソン本人によって、会社の立上げから拡大までが語られるこの本は、起業を考えている方にぜひ読んで欲しい一冊になっています。

マイケル・ブルームバーグ / ブルームバーグ

資産4.52兆円(世界8位)

f:id:nasu66:20170422120731j:plain

"私は楽観的で過去を振り返らない性格だ。だから今日が自分にとって最良の日であると、いつも思ってやってきた。"

元ニューヨーク市長として世界的に有名なマイケル・ブルームバーグですが、経歴を辿ると、ソロモン・ブラザーズ時代にリストラに会うなど、順風満帆とは言えない人生を歩んでいます。この本は、彼が経験してきたエピソードをもとに着実に一歩ずつ進むことの大切さを教えてくれる名作です。

チャールズ & デイヴィッド・コーク / コーク・インダストリーズ

資産4.47兆円(世界同率9位)

f:id:nasu66:20170422120718j:plain

アメリカの真の支配者とも呼ばれるコーク兄弟。2人の資産の合計は8.94兆円で、世界ランキング1位のビル・ゲイツ(資産8.48兆円)を超えています

コーク兄弟は父の築いたエネルギー関連企業「コーク・インダストリーズ」の経営により、このような巨万の富を得ています。

彼らはこの莫大な資産を政治運動に注ぎ込んでいることから、「アメリカ政治の黒幕」とされていますが、その実態はあまり知られていません。

謎多きコーク兄弟について興味の湧いた方は、ぜひこの本を読んでみてください。(名言は探しても見つかりませんでした。さすが黒幕…。)

ラリー・ペイジ / グーグル

資産3.98兆円(世界12位)

f:id:nasu66:20170422120733j:plain

"本当にすごい夢が姿を現したときは、つかまえなくちゃいけない。"

スタンフォード大学計算機科学の大学院生だったラリー・ペイジ。彼は「すべてのウェブサイトをダウンロードできたら?」という構想のもと、同じくスタンフォード大学の大学院生だったセルゲイ・ブリンと共に、検索エンジンGoogleを完成させます。

この本はラリーとセルゲイのインタビューから構成されており、Google誕生をリアルに描いた一冊となっています。

セルゲイ・ブリン / グーグル

資産3.89兆円(世界13位)

f:id:nasu66:20170422120724j:plain

"成功する唯一の方法は、まずたくさんの失敗をすることだ。"

セルゲイ・ブリンは上述のとおり、ラリー・ペイジと共にGoogleを創業した人物です。こちらは伝記本ではなく、ラリーとセルゲイの名言集になっています。余談ですが、Googleという社名は10の100乗を示すGoogol(グーゴル)という単語の綴りをラリー・ペイジが間違えたことに由来するそうです。

僕くらいの平民だと、これまでの人生で10の100乗が必要な数式を計算することは一度もありませんでした

ベルナール・アルノー / モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン

資産3.84兆円(世界14位)

f:id:nasu66:20170422120727j:plain

"ブランドに革新をもたらすには、本物のクリエーターが必要だ。"

ルイ・ヴィトンフェンディディオールを始め、40を超えるブランドを傘下にもつLVMH モエ・ヘネシー・ルイヴィトン・グループ。その最高経営責任者であるベルナール・アルノーへのインタビューを通じて、彼の経営哲学やLVMH誕生の過程が書かれた一冊です。アパレル業界に従事されている方アパレル業界を志望されている方におすすめしたい内容となっています。

ウォルトン兄妹(ジム・ウォルトン、アリス・ウォルトン、ロブソン・ウォルトン) / ウォルマート

資産計11.05兆円(世界15~17位)

f:id:nasu66:20170422120717j:plain

"高望みすること。これがすべてのカギだ。"

ジム・ウォルトン、アリス・ウォルトン、ロブソン・ウォルトンは世界最大の小売業チェーン「ウォルマート」の創業者サム・ウォルトンの子供たちです。

今回紹介するのは、創業者サム・ウォルトンの伝記本。創業からたった1代で世界最大のチェーンストアを展開させたサム・ウォルトンの生い立ちや、経営への信念がよくわかる一冊になっています。

彼は会社の経営に於いて、徹底した「現場主義」と「顧客利益追求」を掲げており、それが今日の成功に繋がっていることがよく分かります。この本はビジネスマンだけでなく、どんな立場の人にも読んで欲しい最高のビジネス書です。

ジョージ・ソロス / 投資家

資産2.81兆円(世界23位)

f:id:nasu66:20170422120721j:plain

"「市場は常に間違っている」というのが、私の強い信念だ。"

世界三大投資家の一人であるジョージ・ソロスは、サブプライム危機を事前に言い当てたことで有名です。この伝記本はナチス統治下のハンガリーに生まれた彼の半生だけでなく、投資家としての哲学、慈善事業への姿勢など、さまざまな側面からソロスという人間を知ることが出来る一冊となっています。

自伝ではありませんが、サブプライム危機について書かれたこちらの本もおすすめです。

フィル・ナイト / ナイキ

資産2.76兆円(世界24位)

f:id:nasu66:20170422120726j:plain

"自分が心からやりたいことをやりなさい。そうすれば、他のことは自然についてくる。"

ナイキ創業者、フィル・ナイトの伝記本です。こちらの本は洋書のみの展開ですが、本国で高い評価レビュー1,343件 ☆4.8)を受けている注目作です。

ナイキの創業から現在までが生々しく語られる内容となっていますが、その波乱万丈の生き様は読みごたえ抜群です。和訳版の発売はいつになるのやら…。

スティーブ・バルマー / マイクロソフト

資産2.66兆円(世界26位)

f:id:nasu66:20170422120723j:plain

"大胆な賭けをしても、勝つとは限らない。ただ、賭けをしなければ、成功し続けることはできない。"

マイクロソフトの元CEO、スティーブ・バルマーは創業者ビル・ゲイツの大学時代のルームメイトです。ゲイツに引き抜かれ入社したマイクロソフトでは、その策士ぶりを異端無く発揮し、会社の急成長の土台となりました。個人的にはiPhone発表時に「こんな価格の高い携帯電話は絶対失敗する!!」と言っていた人物、という印象が強いのですが、その経営手腕は確かなものだったことが分かります。

ジャック・マー(馬雲) / アリババ

資産2.32兆円(世界33位)

f:id:nasu66:20170422120720j:plain

"チャンスは常に人々の不満の中にある。"

世界最大の貿易サイト阿里巴巴集団(アリババ)創業者、ジャック・マー。アジアNo.1の富豪となった彼が今何を考えているのか、アリババはどのようにしてここまでの成長を遂げたのか、といったことが分かる一冊です。

ちなみに日本ではあまり馴染みがありませんが、アリババは1400万以上のユーザーを誇る世界最大の企業間(BtoB)電子商取引サイトです。

マイケル・デル / デル

資産2.24兆円(世界35位)

f:id:nasu66:20170422120730j:plain

"私は幼い頃から、不必要なステップを省略するのが大好きだった。" 

世界最大手のパソコン直販サイトの創業者マイケル・デル。彼はわずか1,000ドルの資金を元手に、19歳の時にパソコン保守会社を立ち上げました。

この本では事業の立ち上げから、顧客密着型のパソコン販売方式をヒットさせ、デルが年商182億ドルの企業へ成長していく過程が語られています。この本が出版されたのは18年前ですが、デルのビジネス論は現在でも学ぶことがたくさんあるなと感じました。

ポール・アレン / マイクロソフト

資産1.98兆円(世界40位)

f:id:nasu66:20170422120728j:plain

"「次はどうする?」この問いが私の頭から消えることはないだろう。"

あまり世間にその名は知られていませんが、ポール・アレンはビル・ゲイツと共にマイクロソフトを創業した人物です。この本では創業までの物語はもちろん、彼がマイクロソフトで得た資金を元に投資家へ転身したことについても書かれています。

スポーツチームを買収したり、テレビ局を買収したりと、莫大な富を得た人物がどのような行動に出るのかといった点についても楽しめる一冊です。

番外編:スティーブ・ジョブズ / アップル

Apple創業者

f:id:nasu66:20170422120722j:plain

"もし今日が人生最後の日だとして、今日やることは本当に自分がやりたいことだろうか?"

アップル創業者、スティーブ・ジョブズ。僕が語るまでもありませんが、彼ほど魅力のある偉人は他にいません。自らの子供のために作成したと言われるこの伝記本では、養子に出されたことへのコンプレックス、アップル共同創業者であるスティーブ・ウォズニアックとの出会い、そしてアップルコンピュータの設立と成功、などフィクションよりも壮大な物語が描かれています。

僕はいわゆるアップル信者のため、この本は穴が空くほど読み返しました。その結果として言えるのは『世界を変えたい』と本気で思った人物の生涯を振り返ることで、自分の人生にプラスに働く何かが得られるということです。

ぜひ一度は読んで欲しい名作中の名作です。

以上、大富豪たちのおすすめの自伝本と名言まとめでした。

最速でお金持ちになる方法』どうでしたか?なれそうですか??

この記事の作成に一週間以上かかりましたが、自分にとって非常に良い勉強になったので、近いうちに続編も作りたいと思います!!

 

おわり!