なすぶろぐ、弱火でじっくり。

書きたいことを気ままに書く雑記ブログ

【悪質】「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」という悪質なアフィブログに、現役薬剤師として怒り心頭な件。

Pick up!買ってよかったものまとめ!Amazon229件の注文から厳選した20点をランキングで紹介!!

f:id:nasu66:20170911210306j:plain

「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」という悪質なアフィブログに激おこだよ。

どうも、現役薬剤師「なす(@nasu66com)」です。画像は僕の薬剤師免許です。

 

突然ですが、僕はひさびさに怒ってます

どのくらい怒ってるかというと、ヨドバシカメラの不愉快すぎる接客を受けたときと同じくらいおこです。

※参考

www.nasu66.com

なぜそんなに怒っているのか?

f:id:nasu66:20170911214736p:plain

怒りの原因は、ネットサーフィン中にこんなブログを発見したからです。

(元サイトのリンクを貼りたくないので魚拓

megalodon.jp

このブログを読んで、久々にまじで頭にきました。怒り心頭ってやつです。

そっくりすぎる2つのブログ…。

魚拓は確認してもらえましたか?

 

そうなんです。

 

このブログですが、

・ヘッダー画像

・記事の構成

・ブログレイアウト

などの特徴が、あるブログにそっくりなのです。

そっくりというか、完コピなんです。完コピというか、コピペなんです。コピペというか、双子なんです。

 

そのあるブログとは、

・「エンジニア」のウマ◯さん

が、はてなブログで運営されている、

・「永遠の大◯生になるために

という雑記ブログです。

 

はてなブログ・はてなブックマークを愛用している皆さんの中には、ピンと来た方がいるかと思います。

 

まずは、僕がそっくりすぎると感じた特徴を挙げていきます。

疑惑1.ヘッダー画像がそっくりすぎる

f:id:nasu66:20171021024329p:plain

問題のブログですが、ヘッダー画像には「キリンの被り物」を被った人物の写真が使われています。

 

んー、どこかで見たことあるような気がしませんか?

 

たしかウマの被り物」を被った人物の写真が使った雑記ブログがあったような…

 

f:id:nasu66:20171021024349p:plain

もしかして、「キリンの被り物」をしているのは「ウマの被り物」をしている人物と同一人物なのでは?

疑惑度:★★☆☆☆

疑惑2.冒頭の挨拶が奇跡的に一致

f:id:nasu66:20170911200153p:plain

次に記事の出だしの挨拶なんですが、すべての記事が「はい、キクオです。」という一文から始まっています。

 

この「はい、○○です」という挨拶、かなり特徴的じゃないですか??

 

例えば

・「こんにちは、○○です

とか

・「どうも、○○です

といったブログはよく見かけますが、

・「はい、○○です

という挨拶から始まるブログは、かなり珍しいと思います。

 

僕は自身がブロガーであるため、本当に数多くのブログを読んでいますが、

・「はい、○○です」

という挨拶ではじまるブログは、これまでにたった1つしか見たことがありません

 

疑惑度:★★★★☆

疑惑3.ブログレイアウト

そして極めつけはブログのレイアウト。

百聞は一見にしかず。

下記の2つの魚拓から、中身を確認してみてください。

問題のブログ

同一人物によるものと思われるブログ(あくまで僕の予想なので魚拓にリンクしています。)

 

コピペかな?

 

疑惑度:★★★★★★★★★★(完全に一致)

  

何に対して怒っているのか?

ここで、僕が何に怒っているのかを確認しましょう。

 

以前、ウマの方のブログ記事を読んで、食べログ画像の無断転載エアプ全開なPS4のゲーム記事気に障ったことはありましたが、今回はそんなことどうでもいいんです

 

僕が何に怒っているのかというと、

問題のブログには「現役薬剤師が書いたとは思えない記事」が、大量のアフィリエイトリンクと共に掲載されているから

です。

 

次の項目で詳しく説明していきます。

はてなブログはアフィリエイトを禁止していない。

はてなブログの規約を確認してみると、

「はてな利用規約では宣伝・広告行為を禁止していますが、ユーザーが有益な情報を得られたり有益なサービスを受けられることから、広告を掲載し収入を得ることを許可しています。」

アフィリエイトをはじめよう - はてな

と記載されています。

そのためアフィリエイト広告の掲載自体は何ら問題のある行為ではありません

 

しかし問題のブログに掲載されている記事は、現役薬剤師による記事であることを大々的にアピールした、転職サイトを紹介する記事ばかり

 

また、このブログを立ち上げたエピソードによると「このブログは転職経験者である薬剤師のキクオが日本中に浪漫を届けるブログです。」と書いてあります。

 

しかし実情は「有益なサービスを受けられない宣伝・広告行為」ばかりです。

 

 

「 5年間病院薬剤師として働いた」らしいけど…

問題のブログ内にはこれでもかというくらい薬剤師免許の画像が掲載されています。

それらの免許画像を見てみると、大臣名が「小宮山 洋子」と記載されていることがわかるでしょう。

f:id:nasu66:20170911202907j:plain

(問題の記事より引用。一部加工しています。)

この「小宮山 洋子」さんが厚生労働大臣だったのは「2011年〜2012年」です。

 

つまり、このブログに掲載されている薬剤師免許の所有者は「2011年〜2012年」に免許を取得した*1ということになります。

 

これは、ブログのプロフィールに書かれている「5年間病院薬剤師として働いた」という内容が真実であることを物語っています。

 

ただ逆にその事実が「このブログが悪質」と言える根拠になるのです。

なぜ悪質なのか?

薬剤師という職種は、皆さんもご存知のとおりガチガチの規制業種です。

 

資格を取得するためには、6年制の薬学部を卒業した上で、さらに国家試験に合格する必要があり、実体験からもそのハードルは相当に高いと言えます。

 

ただ、そういった資格取得のハードルの高さ故に、就職や転職がとてつもなく容易

 

例えば僕の場合、就職活動時には東証一部上場企業6社を含めて、就職活動をした全ての企業から内定をいただきました。中には面接に行けば即合格というレベルのものもありました。

 

ここで、問題のブログに話を戻しましょう。

megalodon.jp

 

まず結論から言います。

 

5年間病院薬剤師として働いた現役薬剤師」が、1回の転職活動で5社もの薬剤師転職サイトを使うことは、絶対にありえません

つまり、この記事は薬剤師の就職や転職の実情について知らない人物が、アフィリエイト収入を目的として書いたと推測されるのです。

 

その理由を解説します。

薬剤師の中でも最先端の薬剤知識をもった職種が「病院薬剤師」です。

 

そのため、この記事を書いた人物が本当に「5年間病院薬剤師として働いた現役薬剤師」だった場合、5社ものサイトに登録せずとも希望の転職先が絶対に見つかります。

 

「比較のために5社ものサイトに登録したのでは?」という意見があるかもしれませんが、薬剤師の転職サイトはどこも掲載されている求人内容に差異はありません

 

また、「絶対に転職させてやる」という思いの詰まった、転職会社の営業による必要以上にしつこい電話・勧誘の嵐が待っているため、現役薬剤師が5社もの転職サイトに登録することはあり得ません。これは絶対です。

 

 

実際に薬剤師としての転職活動を3回経験してる僕の場合でも、使用した転職サイトは合計で5社ほど。この方のように、短期間で薬剤師専門の転職サイト5つを使うことはほぼ100%ありえません。

 

そんな中、5年間同じ職場で働いたこの人物は薬剤師転職サイト5社のランキング記事を事細かに書いています。

 

それも、SEO対策ばっちりな物凄い文字数で。

 

果たしてこの人物は本当に「現役薬剤師」なのでしょうか?

 

「永遠の◯学生になるために」という雑記ブログを運営する、「エンジニア」のウマの方が書いてるのではないでしょうか?違いますか?

 

ブログを始めた経緯文が薬剤師の感情を「逆撫で」する。

最後に、今回の怒りの最大の原因となった箇所について話します。

問題のブログの第一の記事には、このような記述があります。

本サイトを立ち上げた経緯は、私が転職の際に参考にしたサイトの中に、一つも現役薬剤師が書いた記事が無かった事が大きな理由です。

例え薬剤師の転職斡旋のプロであっても、実際に薬剤師として働いた事がない方の意見など、正直あまり参考になりませんでした。本当の情報が少なく、私は転職中は何度も困惑しました。

このサイトは私の薬剤師としての経験や、転職中の出来事、趣味や恋愛話に至るまで、自身の経験を基にし、しっかりと記事を書いていきます。

(問題のブログより引用)

 

この文章、まるで薬剤師が薬剤師のためを思って書いたかのような内容です。 

 

ーーーしかし僕から見れば、このサイトの記事も「実際に薬剤師として働いた事がない方の意見」にしか見えません。

 

ウマ◯さん、薬剤師を舐めてませんか?

 

 

薬剤師の転職アフィリエイトは魅力的

薬剤師の転職アフィリエイトはとても魅力的です。

なぜなら、案件数が少ないため、かなり高額の報酬が設定されているからです。

 

だからと言って、このようなアフィリエイト収益を目的につくられた「中身のないアフィ記事」を、挙句の果てに薬剤師を自称して作成されると、転職サイトを本当に必要としている薬剤師にとって大迷惑なんです。

これはまさに「検索結果を汚染する行為」に他ならないと言えます。

 

ただ一つ、この件で救いだったことは、薬剤師が問題のブログを見ても「現役薬剤師が書いてる」とは到底思えないこと。

 

「自称」現役薬剤師の管理人の方は、転職のアフィリエイト記事だけでなく、もう少し薬剤師のためになる記事を書いたほうがいいのではないでしょうか?

 

そもそも、「エンジニア」が薬剤師の転職について調べて、薬剤師転職サイトランキングを作ったと説明されていれば、僕がこんなに怒ることはなかったでしょう。

 

…なんだか怒りの記事を書いていたら、気持ちが落ち着いてきました。

 

 

おわり!

 

 

追記:ブコメも酷かった

問題のブログですが、はてブコメントも「参考になりました」ばかりで自演感が半端なかったです。

おそらくクラウドソーシングサービス等で、はてなブックマークを購入していると思われます。(お金を払って誰かにはてブを付けてもらっているということ。)

こういったブログは、早々にスパムブログとして閉鎖されてほしいですね。ファ◯ク

megalodon.jp

*1:再発行などにより大臣名が変わることはあります。