ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年11月最新版】

ゲーミングパソコンの掃除方法トラブルを防ぐためにも

どうもなす(@nasu66com)です。

パソコンを使い続けていて避けられない問題のひとつが、どのように掃除をするのかですよね。

普段から大切に使い続けていると思っていても「まだ大丈夫」と自分に言い聞かせて、掃除を先延ばしにしている人もいます。

だけどパソコンの掃除を怠っていると、そこから様々なトラブルに発展してしまうこともあるのです。

どうしてパソコンの掃除は必要なのか、そしてどのように掃除をしていけば良いのかについて、しっかり知っておくと良いと思います。

なす

適切な掃除をしていけば、それだけパソコンの寿命は延びてくれるのです
<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

ゲーミングパソコンを掃除しないとどうなるのか

  • パソコン自体はとてもデリケートなもの!!

ちょっとした影響で動作に問題が起きることもあり、もう少しこまめに掃除をしていればそのトラブルは防げたという事例がたくさんあります。

ファンが問題!?

それではなぜここまで掃除の有無で影響を受けてしまうのでしょうか。

一番の問題としては、ゲーミングパソコンを使っている人は特に影響を受けるもので、ファンを使っているからがあります。

処理能力の高いパソコンであればあるほど、その動作には冷却処理が必要になります。

CPUのファン、本体ケース内を冷却するためのファン、電源ユニットのファンなど様々な場所で空冷が導入されているのです。

ファンが回って冷たい空気を当てることによって冷却をする以上、空気中の小さなホコリがそこに巻き込まれることは簡単に想像できますよね。

冷却効率が低下してしまう

他にも空気を通り抜けさせることで冷却効果を得ているので、これもホコリが溜まる原因です。

最初のうちは問題なくても、数か月から1年以上経過すると、そのホコリもかなりの量になります。

そしてそのホコリが溜まってしまうと、冷却効率が低下していくのです。

熱が上がると、パソコン側は無理をしないように処理能力を低下させますが、それにも限界はあります。

そして故障へ・・・

そうして十分な冷却が行われない状態が続くと、故障の原因になってしまうのです。

他にも冷却効率が悪いからファンの回転数を上げていき、どんどんうるさくなる例もあります。

それほど負荷のかかる処理はしていないはずなのに、やたらと音がするパソコンもありますね。

これらはすべて、パソコンの掃除をしていないことが原因なのです。

もっと直接的なものになると、ホコリのせいでショートしてしまい、一気に駄目になってしまうこともあります。

しっかりと掃除を心がけるようにすれば、これらの問題を防げるようになります。

パソコンが寝室やその近くにある人は要注意

空気中のホコリをどんどん吸い込むことによって、パソコンは壊れやすくなっていきます。

そこで気をつけたいのが、どんな環境でパソコンを使っているのかです。

ベッドや布団を敷いている環境の近くでパソコンを使っている人は、特に注意が必要です。

ベッドや布団の上げ下げでホコリが舞ってしまう

普段は意識していなくても、ベッドや布団がある以上、空気中にホコリが舞いやすくなっています。

その状態で様々なファンの動いている機械があれば、どのようになるのかは簡単に想像できますよね。

それ以外にもホコリっぽい環境でパソコンを使っている人は、掃除の頻度を上げるようにするとトラブルを回避しやすくなります。

タバコを吸っている人はさらに注意

もしもタバコを吸っているなら、パソコンのホコリ問題はさらに面倒なことになります。

タバコを吸っている人の部屋では空気中にヤニが漂い、ホコリを吸着しやすくなります。

そしてパソコンもその影響を確実に受けてしまうのです。

タバコを吸わない人よりも気を付けよう

タバコを吸っている人のパソコンとすわない人のパソコンを比べてみると、ホコリの付き方は全然違います。

黄ばんだホコリが固まってしまうと簡単にとれなくなるので、喫煙者の場合は非喫煙者の人よりもパソコンの掃除をしっかりとする必要があるわけですね。

そんな環境でパソコンを数年間掃除していない状態だと、いざ本体を開けて掃除をしようと思ったらやる気をなくしてしまうくらいです。

ポイント:環境によってはこまめに掃除を

パソコンの掃除をするのは面倒なことですが、環境によってはこまめに掃除しないと、さらに面倒なことになってしまうのです。

周辺機器もしっかりと掃除をしよう

マウスやキーボードなども見よう

パソコンの掃除と聞くとパソコン本体のことが思い浮かびますが、その周辺機器のことを忘れてしまってはいけません。

マウスやキーボードにコントローラー、ディスプレイやスピーカーなど、掃除の対象になる周辺機器はたくさんあります。

故障や誤作動の前に掃除を!

ゲーミングパソコン本体とは異なり、これらの周辺機器でファンを使っているものはないので、ホコリ自体はそれほどつくことがありません。

しかし長期間手入れをしないことによって、やはり故障や誤動作の原因になってしまうのです。

特にゲームをする人の場合、キーボードやマウスの誤動作によってまともにゲームができなくなることもあります。

そうなる前にしっかりと掃除をしておきたいですね。

掃除をする前の下準備

デスクトップパソコンについて

ノートパソコンを使っている人の場合は簡単に分解できないので、素人が掃除をするのはとても大変です。

もしもホコリの付着が気になる場合は、メーカーでメンテナンスを受ける必要があります。

ここでは簡単に分解掃除ができる、デスクトップパソコンについて説明をしていきます。

もちろんノートパソコンでも内部以外の部分は掃除をできるので、まずはそれくらいの掃除でも良いという人は参考にしてみてくださいね。

コンセントは外しておく

まず掃除をする時は、内部に電流が流れないようにします。

コンセントは外し、ノートパソコンならバッテリーパックも外してください。

バッテリーがネジ止めされているタイプの場合は、ACアダプターを抜いておくと良いですね。

できれば完全にバッテリーの残量がゼロになっていると良いのですが、それはそれで別な問題があるのでやめておいた方が良いです。

静電気対策をたてよう

次に静電気対策です。

  • パソコンの内部を触る時に一番気をつけたいのは、静電気です。

マザーボードやその他のパーツが静電気の影響を受けることで、そのまま壊れてしまうこともあるのです。

静電気対策を怠ったばかりに、数万円パーツが壊れてしまうのはとても怖いですよね。

静電気対策手袋やリストバンドがおすすめ

通販やパソコンショップ、ホームセンターなどで静電気対策手袋が売られているので、これは是非とも用意しておきたいアイテムです。

万全を期すなら、静電気を逃がす機能を持ったリストバンドなどがあると良いですね。

パソコンの掃除をするなら何を用意すれば良いのか

エアダスター

パソコンの掃除をする時に一番使うのは、エアダスターです。

空気の力でホコリを飛ばすことができるので、パソコン内部への影響が最小限で済みます。

このエアダスターには、ガスが可燃性のタイプと不燃性のタイプがあります。

バッテリーを外せないノートパソコンの掃除では、不燃性ガスを使ったエアダスターなら安心ですね。

ブラシ類

空気の力だけで飛ばせないホコリを除去するためには、ブラシ類があると便利です。

これもしっかりと静電気対策ができるものが好ましいです。

ピンセット

パソコン内部は様々パーツや配線で入り組んでいますし、ファンの間に挟まったホコリは簡単に取り除けません。

そのためピンセットを用意しておくと、手軽に除去できて便利ですね。

ウェットティッシュ

また頑固な汚れを取り除くなら、ウェットティッシュがあると良いです。

電気の流れるものにウェットティッシュを使う場合は、しっかりと乾かすことを忘れないでください。

無水エタノール

より強力な効果を求めるなら、無水エタノールがあると良いです。

無水エタノールは汚れを落としやすい効果があるだけではなく、機器類に付着しても蒸発すればその影響はゼロです。

ただし高純度のアルコールを使うので、取り扱いには気をつけてください。

使用する際は火気厳禁です。

通常のパソコン掃除で無水エタノールが必要になる機会は少ないのですが、タバコを吸う人だとヤニがべったりついてしまうので、とても役立ちます。

どんな掃除方法が効果的なのか

1.目に見えるホコリを除去

パソコンの掃除をする時には、まず大きなホコリを除去する必要があります。

これはブラシやハケを使うと良いですね。

吸気口周りはまずこれで掃除をすると、大きなホコリを取り除きやすくなります。

とりあえずエアダスターを吹きかけて、残ったホコリを後から除去する方法でも良いです。

2.パソコンケースの中も

次にパソコンのケースを開けて、その中にあるホコリを取り除いていきます。

ポイント:掃除機はNG

エアダスターを使う場合、もっと強力なものがあれば良いと考えて掃除機を使う人もいますが、これはおすすめできません。

  • 掃除機の吸引力次第で、内部のパーツに影響を与えてしまうことがあるからです。

自分でも気づかないうちに細かいパーツが外れてしまい、その影響でパソコンが起動しなくなってしまうこともあります。

エアダスターくらいの噴射力だとパソコンのパーツに影響を与えることが少ないので、これも掃除用品としておすすめされる理由のひとつです。

ポイント:写真を撮っておく

これらのことに気をつけていても、空気の届かない部分にエアダスターを使うために触ってしまったことでパーツが悪影響を受けることがあります。

そのため掃除をする前には、どのような状態だったのか写真に撮っておくと良いですね。

うまく動かない時にはその写真と状況を見比べて、問題箇所の特定に使えます。

掃除の仕方によってはパーツやケーブルを外すこともあるので、どこにどれが付いていたのをわかるようにすると安心ですね。

この写真に残しておくテクニックは、パソコン本体の掃除以外でも使えるので重宝しますね。

エアダスターを使う時の注意点

ポイント:ファンを固定する

パソコン内部にエアダスターを使う時、特にファンへ使う時はファン自体を固定するようにしてください。

エアダスターの空気でファンが過剰に回転すると、それが故障の原因になってしまうからです。

そもそもファン自体に空気を当てるのではなく、ファンとパーツの間に溜まったホコリを取り除くことが原因なので、ファンが回らないに越したことはありません。

ファンのところに割り箸などの棒を挟むだけでこの問題は回避できるので、覚えておくと良いですね。

周辺機器の掃除をする

マウスやキーボードなども忘れずに

マウスやキーボード、コントローラーを掃除する時は、アルコールティッシュで拭くだけでも効果的です。

ヘッドフォンやスピーカーについても同様なので、このあたりは普段から手入れをしている人なら迷うことはありませんね。

だけどパーツの隙間にホコリが入り込んでいるので、こちらもエアダスターで吹き飛ばすと良いです。

キートップは中性洗剤を使う

キーボードを本格的に掃除する場合は、キートップを外して中性洗剤で洗う方法があります。

この際に元の状態を撮影しておいてください。

(私は写真を撮らずに苦労しました・・・。)

普段からキーボードを見ずにタイピングができている人でも、いざキーを配置通りに戻そうとすると間違えてしまうことはあります。

元の状態を記録に残しておけば、余計なトラブルを回避できるわけですね。

外したキートップは中性洗剤を薄めた水を入れた洗面器などに入れて漬けておくと、汚れが落ちやすくなります。

ただししっかりと乾燥したことを確認してから、キーボードへ戻すことを忘れないでくださいね。

パソコンを置く机の掃除も忘れずに

パソコン自体の掃除も大切ですが、そのパソコンを置いてある場所の掃除も重要です。

いくら本体をきれいにしても、パソコンを置く場所にホコリがたくさんあったらそこから本体内にホコリが入りやすくなります。

定期的にアルコールティッシュで拭くだけでも良い

定期的にアルコールティッシュで拭くようにするだけでも、このリスクを下げられます。

マウスパッドを使っている人や、直接机の上で使っている人は、接地面をきれいにしておくと良いです。

マウスのセンサーにホコリが入ってしまうと、思ってもみなかった挙動をしてしまう場合があります。

ゲームをプレイしていて、マウスのせいでミスをしてしまうのは嫌ですよね。

単純にパソコンの動作のためだけではなく、安定した操作をするためにもパソコンとその周辺の掃除は重要なのです。

まとめ

面倒くさがらずに定期的な掃除を心がけること

パソコンの掃除はとても面倒な作業なので、つい先延ばしにしてしまう人がいます。

しかし先延ばしにすればするほど、次の掃除での負担が大きくなるのです。

面倒な作業ですが、最低でも年に一度は掃除をするようにしてください。

ホコリが舞いやすい環境で使うなら、1シーズンに1回の頻度でも良いくらいですね。

パソコンのメンテナンスはソフトウェア的なことだけではなく、ハードウェア的なものも必要です。

大切なゲーミングパソコンを安定して長く使い続けるためにも、適切な掃除は忘れないようにしてくださいね。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!