ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年10月最新版】

パソコンゲームでおすすめの格闘ゲームランキング2019年最新版

どうもなす(@nasu66com)です。

ゲームと名の付くものであれば、どんなジャンルでも手を伸ばしてプレイする一ゲーマーが、おすすめの格闘ゲームをご紹介します。

私の中の格闘ゲームと思い出深いのは、やっぱりスーパーファミコンで1992年に発売された『ストリートファイターII』でしょうか。

みんなで集まって家にあるスーパーファミコンで徹夜でやりつくした覚えがあります。

BGMが特徴的で下村陽子さんとこちらも思い出深いです。

格闘ゲームはゲームジャンルの中でも特に人気が高く、やりこんでいる人も多いんじゃないでしょうか。

そこで、国内外のいろいろな格ゲーを紹介して、初心者の人もマニアの人も楽しめる新しいゲームを見つけていただけるようにしています。

一口に格ゲーと言っても、いろいろなタイプのものがありますよね。

ここでは、できるだけ異なるタイプのものを取り上げるようにして、それぞれの好みに合ったものを発見できるようにしています。

気になるタイトルがあったら、まずはトレーラー動画でその雰囲気をチェックしてみることをおすすめします。

またパソコン版ゲームの中には、トライアルを無料でできるものもありますので、とりあえずトライアルだけを試してみるというのもいいですね。

一挙におすすめランキングをご紹介していきますよ!

Steamを利用しています

基本紹介するゲームはダウンロードゲームショップSteamを利用しています。

利用の仕方の記事を載せてあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パソコンゲーム購入サイトSteamに登録~購入のやり方はこちら。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

13位 Brawlout

推奨スペック

OS Windows 7 (32-bit)以上
CPU 2.5+ GHz Quad core
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GTX 960 or better, ATI 7950 or better
その他 ストレージ:3200 MB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

いろいろなキャラクターの中から、自分の好きなものを選んでバトルロワイヤルをするという格闘ゲームです。

4人の対戦となっていて、最後の一人となるまで戦うのがこのゲームの目的ですね。

かなりバトルのスピードが速いので、腕を試すのにもってこいの作品です。

コンボによって技をいろいろと繰り出せるので、スキルアップしていく様子を見られるのが楽しいですね。

また、キャラクターによって、見た目も能力もかなり異なるので、キャラクターによる違いを楽しむこともできますね。

いくら強くなっても、キャラクター同士の相性というのもあって、会いたくない敵に出会ってしまうというのも、一つの楽しみでもありますね。

アクションの動きや、バックのグラフィックスもしっかりと作り込まれているので、質の高い時間を過ごすことができますよ。

キャラクターのビジュアルが結構かわいく作ってあって、おどろおどろしい感じではないので、気持ちよくプレーしたい人に向いていますね。

バトルは、全体的にスピード感重視となっているので、一戦終わるとスッキリとした気分になれますよ。

12位 Vortex Of Pain

推奨スペック

OS Windows 7 / 8.1 / 10, 64-bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i5-3570k
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 770
その他 ストレージ:4 GB 利用可能

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 620(早期アクセスゲームのため)

90年代のどこか昔懐かしの横スクロールタイプの格闘ゲームを、現代風にした感じの作品ですね。

全体的にチープな雰囲気のあるグラフィックスと動きが、独特の魅力を持っていて、ストリートファイターなどが好きな人にぴったりですね。

雰囲気は昔っぽいですが、映像や細かなアクションなどはしっかりと作り込まれていて、レベルが高いですね。

最大で4人が対戦できる格ゲーで、グループでの対戦の醍醐味を純粋に味わえるタイトルです。

操作はそれほど難しくありませんが、キャラクターによって技が違うので、その違いを使い分けるのがポイントですね。

3人のキャラクターが設定されていて、かなり特徴あるのでぜひとも全員でやってみたいところですね。

トータルのゲーム時間は2時間から長くて4時間くらいとなっていますので、気軽に始められるのもうれしいですね。

11位 Big Crown®: Showdown

必要スペック

OS Windows Vista SP1+ 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU SSE2 instruction set support
メモリ 8 GB RAM
グラフィック Graphics card with DX10 (shader model 4.0) capabilities.
その他 ストレージ:5 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,320

見下ろし型のバトルゲームです。

ちょっとコミカルな雰囲気の世界観で、とにかくバタバタとバトルをしまくるのが楽しい作品ですね。

ボタン一つの操作でスピーディーにワイワイとバトルできるモードもあって、年齢を問わず参加できるのが魅力ですね。

4人のマルチプレーヤーバトルなど、いろいろなモードがあって、楽しみ方が幅広いのも魅力となっています。

バトルシチュエーションの中には、いろいろな障害物が設けられていて、それをよけながら敵とバトルしていくという設定もあります。

細かな動きが楽しく、すばやく動いて相手を倒すのが快感になってくるゲームですね。

ノンストップ・カメラというモードでは、カメラが回りっぱなしの状態になり、どんどん迫ってくる敵や障害物などをクリアしてくというプレイができます。

休む間も考える間もなく、次々とチャレンジをしていくのが楽しく、あっという間に時間が過ぎますよ。

10位 Override: Mech City Brawl

必要スペック

OS Windows 7/8.1/10 (64-bit Required)
CPU Intel Core i5-760 2.8 GHz / AMD Athlon X4 740 3.2 GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 660 (2 GB VRAM) / AMD Radeon HD 7870 (2 GB VRAM)
その他 ストレージ:5 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,090

ロボットものの格闘ゲームで、世界の都市を舞台にして戦う様子がかなりかっこいいですね。

巨大ロボを自在に操って、敵と戦うことができるので、ロボ好きにはたまらない作品ですね。

都市は現実のシチュエーションを取っているので、かなりリアル感があってゲームの世界にはまり込めますね。

しかも、単にバック映像として都市が描かれているのではなく、ロボットが倒れれば建物なども一緒に崩れるなど、しっかりとバックとアクションが連動しています。

この迫力が魅力で、破壊する快感を味わえるという楽しみ方もあるんですね。

通常のバトルモードだけでなく、ストーリーモードも用意されていますので、じっくりとストーリーに沿ってプレイするというのもいいですね。

ロボットは全部で12体用意されていますので、好みのものを選べます。

しかも、ガレージでカスタマイズできるという凝りようで、完全に自分好みのロボットに仕上げられるというのもすごいところですね。

9位 東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.

必要スペック

OS Windows 7 / 8 / 8.1 /10
CPU Intel Core i5, 2.0 GHz
メモリ 2 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTS 450以上
その他 ストレージ:1 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,700

東方シリーズの格闘ゲームとして登場した、人気の作品です。

射撃の弾幕格闘がメインとなっていて、通常のアクションと同時に楽しむことができますね。

かわいいキャラクターがたくさん登場するというのも人気の理由で、特にシリーズファンにはたまらないタイトルですね。

決闘シーンの映像も素晴らしいですし、音楽もかなり本格的で気分を盛り上げてくれますよ。

操作自体は結構シンプルなものとなっていますので、格ゲーにあまり慣れていない人も難しくないでしょう。

ストーリーモードでは、トータルのゲーム時間が短めですので、さっと遊びたいという人にも向いていますね。

全体としては難度が低めのゲームですので、初心者向けとも言えますね。

それ以上に、キャラクターの作り込みなどに重点が置かれていて、東方シリーズファン向きの作品とも言えるでしょうね。

8位 SENRAN KAGURA ESTIVAL VERSUS

推奨スペック

OS Windows 7+
CPU Intel Core i5-6400 @ 3.2 GHz / AMD A8-6500 @ 3.50 GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 950 / AMD Radeon R7 360
その他 ストレージ:19 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,090

いろいろな楽しみ方ができるのが最大の特徴のタイトルですね。

ハイスピードアクションの部類に入る作品で、とにかく素早いアクションと展開の速さが楽しいですね。

また、なんと言っても、少女ゲームの要素が満載になっているというのも人気の理由となっていますね。

キャラクターたちのかわいらしさや、いろいろなハプニングがあるイベントなども盛り上がるポイントとなっています。

ネットワーク対戦では、最大10人でプレイできるモードがあり、いろいろなシチュエーションでのバトルができます。

単なる格闘だけでなく、ポイントを集めるバトルなど、趣向を凝らしたステージが設けられていて、飽きることなくずっと遊んでいられますよ。

とにかくたくさんの遊び方ができるゲームとなっていて、好みやその日の気分に応じて遊べるのが魅力ですね。

7位 Street Fighter V

推奨スペック

OS WINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)
CPU Intel Core i5-4690K @3.50GHz、またはAMD FX-9370
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 960、またはAMD Radeon R7 370
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,990

誰もが格闘ゲームと言ったらすぐに思い浮かべるのが、ストリートファイターでしょうね。

その最新作のパソコン版がこれです。基本的なファイトの仕方やキャラクターはそのままで、グラフィックスを大幅にレベルアップしているのがうれしいですね。

まさに格ゲーの代表作と言えるのにふさわしい、かっこよさとグラフィックスの良さが特徴となっていますね。

さらに新しい技や個性的なキャラクターなどが増えていますので、最新作ならではの楽しみがありますよ。

格ゲーをやりこなしている人はもちろんのこと、初心者でも没頭できる楽しさがあるのがストリートファイターの良さですね。

6位 TEKKEN 7

推奨スペック

OS Windows 7/8/10 (64-bit OS required) 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i5-4690 3.5 GHz or equivalent
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060 equivalent or higher 
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 4,320

「究極の親子喧嘩」が楽しめるTEKKENシリーズのパソコン版最新作ですね。

ストーリーモードでは、単なる格闘ゲーム以上の作り込みの深さがあって楽しいですね。

ストーリーからスムーズに格闘シーンに移行していきますので、飽きることなくずっとゲームし続けることができるのがおすすめポイントですね。

また、最大8人まで参加できる「オンライントーナメントモード」も用意されていて、腕試しをすることもできますよ。

世界中からたくさんの猛者が集まってきて、賞金をかけた大会が開催されることもあるほどの人気タイトルですね。

ランキング上位に入るのも当然の作品と言えますね。

5位 Lethal League

推奨スペック

OS Windows 7
CPU Core 2 Duo or equivalent – 2.0 GHz or higher
メモリ 2 GB RAM
グラフィック NVidia Geforce FX, 6×00, 7×00, 8×00, 9×00 and GTX 2×0 and newer. ATI Radeon 9×00, Xx00, X1x00, HD2x00 and HD3x00 series and newer. Intel® HD Graphics
その他 ストレージ:1 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,380

反重力ボールという武器を使って、相手と対戦するタイプの格闘ゲームですね。

普通の飛び道具と違って、反重力と言うだけあって奇妙な感覚で動く武器なのが面白いポイントですね。

最初は慣れずに戸惑いますが、慣れていくと予想しづらい動きも効果的に操れるようになるのが楽しいですよ。

オフラインでも楽しめるので、どこででも気軽にプレイできるのもいいですね。

オンラインモードでは、最大で4人の同時プレイ対戦ができますね。

その中でも、ストライカー、チーム、バトルロイヤルとモードに分かれていて、好みの対戦の仕方を選ぶことができますよ。

キャラクターの種類も多いですし、動き方もバリエーションに富んでいるので、飽きることなく続けられますね。

4位 Skullgirls

必要スペック

OS Windows XP, Window Vista, Windows 7, Windows 8
CPU Dual-core CPU
メモリ 2 GB RAM
グラフィック Intel HD3000
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 980

2Dの格闘ゲームで、とてもグラフィックスのレベルが高いのが印象的ですね。

そしてその美しい映像をバックにして、滑らかなアクションを取ることができます。

6つのボタンを使った攻撃ができて、組み合わせを変えることによって、たくさんの技を繰り出すことができます。

少しずついろいろな技を覚えていくのが楽しく、自分の実力がアップしていくのが分かりますね。

独特の世界観のあるゲームで、手書きアートなどの楽しい雰囲気も特徴となっていますね。

ゲームモードはいろいろあって、初めてプレーする人もベテランもかなり盛り上がれるのがポイントです。

個人での対戦もできますし、3対3などのチーム戦もできるのが魅力ですね。

スピード感があるアクションを楽しめるので、あっという間に時間が過ぎてしまいますね。

3位 Gang Beasts

推奨スペック

OS Windows 10
CPU Core i5
メモリ 8 GB RAM
グラフィック SM4 1GB VRAM
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

Toutubeなどでの実況動画で一気に世界中に火が付いたゲームですね。

日本語対応はしていませんが、日本人からの人気も高いですね。

説明がほとんどなくてもすぐにプレーできるので、英語が理解できなくても大丈夫ですよ。

アクション自体も楽しいんですが、なんと言ってもその魅力は癒される格ゲーということですね。

癒しのキャラクターに、アクションの効果音の間抜けな感じなどがたまりませんね。

ついつい格闘ゲームなのにニンマリしながらゲームしてしまうくらいですよ。

オンラインですので対戦モードで遊ぶのも楽しく、いろいろなプレーヤーが世界中から集まってきます。

体の部位ごとに耐久度があって、それによって戦い方が変わってくるのも楽しいところですね。

2位 THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION

推奨スペック

OS WINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)
CPU Intel Core i5-4670 @ 3.40GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 950以上
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 6,980

KOFの最新作がついにパソコン版でも登場しました。

今度は圧倒的なグラフィックスを持って来ていて、その映像の美しさには感心するしかないですね。

しかも、新たに3Dとして登場していて、新しいバトルの楽しみが増えました。

3対3という基本的なKOFのバトル形式は同じで、シリーズファンには最高の作りとなっていますね。

軽快にアクションを取れるのが特徴で、操作感がとても高いのが楽しいですね。

キャラの設定も凝っていて、ドレスの変更などもあって、ついついアクション以外のところでもはまってしまいますね。

コンボをどんどん覚えていくのが病み付きになってしまって、自分の腕がアップしていく感覚を味わえるのもうれしいところですね。

世界各地でたくさんの大会も開催されているので、猛者に出会えるオンラインゲームであるのもベテランには魅力ですね。

1位 Stick Fight: The Game

必要スペック

OS WINDOWS10、WINDOWS8、WINDOWS7
CPU 2GHz
メモリ 1 GB RAM
DirectX Version 9.0
その他 ストレージ:400 MB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 498

独特の動きがユニークな格闘ゲームです。

方向としてはスマッシュブラザーズと同じような感覚で、アイテムを使って乱闘するというものですね。

ただし、体の動きやアイテムの使用感が現実のものとは違っているのが特徴ですね。

ふわっとした感じの格闘ゲームで、なんとなく癒される感じがしますね。

操作は結構シンプルで、防御する、ジャンプ、撃つ、投げるという動作しかありませんね。

その分、シンプルに体を動かして遊べるのがいいですね。

また、ちょっとしたアクションで動きが変わるので、意外と腕が試されるゲームでもありますね。

ステージをワークショップのように追加していけるので、自分好みのステージでプレーするというのもこのゲームの良いところですね。

スピーディーにプレーできるので、軽く遊びたい時にもおすすめのタイトルですね。

まとめ

誰もが知っているゲームからマニアックなものまで紹介してみました。

昨今の格闘ゲームは肌質や汗の質感などリアルを求めたゲームから、2Dのどこか懐かしいスクロール型まで様々なものが出ています。

殴り合いのゲームは苦手だな~と思ってる方にも可愛らしいゲームがあるので、ぜひふれて欲しいです。

オンライン対戦をしているとどうしても熱くなってしまうこともありますが、画面の向こうには自分と同じようにプレイヤーがいます。

行動や暴言など注意して遊びましょう!

管理人ジャンル別ゲームランキング

管理人の独断と偏見でおすすめのゲームをジャンル別にランキング形式で紹介しています。

中々ジャンル分けし辛いもの、アクションなのかロールプレイングなのか、サバイバルゲームなのかバトルロイヤルゲームなのか、FPSモードとTPSモード両方備えている物だったり・・・と色々と意見があるとは思うのですが、『管理人が思う』なのでご注意を!

王道なものからかなりマニアックなもの、アーリーアクセス中(Steam)なものや安価なものまで記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!