ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年12月最新版】

ゲーミングパソコンならマウスコンピューター『G-Tune』がおすすめ!

どうも、なす(@nasu66com)です。

マウスコンピューターの「G-Tune」シリーズは、数多くのゲーマーに支持されているブランドです。

最近は乃木坂46によるCMも話題になっています。

世界的に活躍する多くのプロゲーマーも「G-Tune」シリーズを使用していて、プロゲーマーチーム「DetonatioN Gaming」の推奨モデルも販売しています。

長年パソコンゲーマーとして様々なメーカーのパソコンを使ってきた管理人だからこそおススメするメーカーマウスコンピューターについて解説します。

なす

ゲーミングパソコンを購入を考えている方ぜひ参考にどうぞ!

マウスコンピューターG-Tuneの特徴

ハイエンドユーザーファンが多いマウスコンピューターは、高性能パソコンをたくさん送り出していますね。

その中でも特に性能に優れた製品を集結させているのが、ゲーミングパソコンモデルであるG-Tuneですね。

このG-Tuneの大きな特徴は、最新テクノロジーを利用したパーツばかりを使っているということですね。

高速かつ大容量のストレージ、最速タイプのCPUやメモリなどを入れて、どんなユーザーにも納得できるような性能のパソコンを作っているんですね。

また、いろいろなモデルを作っていて、ゲーマー初心者からプロゲーマーに至るまで満足できるような性能のパソコンを出しているというのも特徴ですね。

とにかく選択肢が多いので、自分のよくするゲームに必要な環境、そして予算に見合ったものを選べるのがメリットです。

メンテナンスや拡張について

メンテナンスや拡張がしやすいというのも、G-Tuneの大きな特徴となっています。

工具がなくても内蔵パーツを簡単に取り出せる構造を採っていて、性能アップのためにパーツ交換をするのにかなり便利ですよ。

しかも、防塵構造を採っているので、ホコリがたまりにくいですし、定期的に掃除をしてパフォーマンスを維持するのも簡単です。

ケースからワンタッチで取り出せる仕組みにしているので、作業時間もぐっと縮まった助かります。

定期的にメンテや掃除をしっかりとすることでパソコンの寿命がぐっと変わりますので、この機能はかなりありがたいものですね。

拡張面でのパーツ選びが楽!

拡張性の高さという面では、ケースのパーツ収容部分が上手に仕切られているので、楽にパーツを組み込んでいけます。

また、ゲーミングパソコンで良く用いられる、SSDとHDDの同時搭載がしやすい構造を採っています。

そして、電源やCPU、冷却システムの位置を考慮してケースを作っているというのにも注目です。

より効率の良いパーツの組み立てができるので、より性能を高めたい時にそのメリットがよく分かりますよ。

高い冷却性能

もう一つのG-Tuneの特徴は、高い冷却性能を持つということですね。

重いゲームを長時間やっていると、CPUの処理能力やメモリの容量だけでなく、パーツをすべてフル稼働させるために欠かせない冷却クーラーの働きがとても大事であることに気づきます。

G-Tuneでは、ケースの構造を見直して、熱風がケース内から出やすく循環しやすい構造を採っています。

ファンの働きを最大限生かすことができますので、長時間ハードなゲームをしたとしても、ヘタることなく安心して遊び続けられるのがうれしいところですね。

ゲーミングパソコンとしてのG-Tune

このように、マウスコンピューターのG-Tuneは、ゲーミングパソコンとして非常によくできていて、コアなファンがとても多いモデルとなっています。

たくさんの製品がありますので、初めての人だと何を選んだらいいのか、ちょっと迷ってしまうかもしれませんね。

そこでおすすめのゲーミングパソコンをジャンル別に分けて紹介しています。

  • 予算や求める性能
  • 大きさ・・・など

比較しながら自分にぴったりの一台を見つけてみましょう!

使いやすく省スペースにもなるノートパソコン

高性能のパソコンが欲しいけど、部屋の大きさが限られているので、デスクトップはちょっと置けないというケースもあります。

また、家だけでなく外でもゲームをしたいという人もいますね。

そんな時の選択肢はやはりノートパソコンとなります。

G-Tuneでは、かなり高性能で使いやすいノートPCを出しています。

なす

その中からおすすめのものをピックアップしてみました

NEXTGEAR-NOTE i5330

価格 129,800円から
CPU インテル® Core™ i7-8750H
グラフィックス GeForce® GTX 1050
メモリ 8GB PC4-19200
モニター 15.6型 フルHDノングレア

なす

価格が控えめで、ゲーミングパソコンとしては入門編という感じでしょうかね

それでも、GPUもCPUも高性能のものでコストパフォーマンスがかなりいい感じがします。

ゲーム目的でなくても、ハイエンドのビジネスPCとしても使える優秀なスペックとなっていますね。

メモリアップもできますので、このパソコンをベースにして増強していくという手もありますね。

液晶の性能もこの価格に比べると高くて、クリアで見やすいものですね。

グラフィックが自慢のゲームをする人にもおすすめできるモデルと言えますね。

口コミの例

口コミでも、コストパフォーマンスの良さを評価する人が多くいます。

「今まで安い初心者用ゲーミングパソコンを使っていたんですが、だんだん物足りなくなってきたので、もう一つ上のクラスにしようと思っていました。でも、あまり手持ちの資金がなかったので、やむなくという気持ちでこれを買いました。値段でいったら4万円くらいの差しかなかったので、正直あまり期待はしていませんでした。でも、実際にゲームをしてみたら、全く違うグラフィックの感じにびっくりしました。こんなにきれいで滑らかに表示されるとは思ってなくて、見た瞬間買って良かったなと思いましたね。」

「コスパ最強って感じがします。いい買い物をしました。」

というコメントがあります。

NEXTGEAR-NOTE i5330SA1

価格 129,800円(税別)
CPU インテル® Core™ i7-8750H
GPU GeForce® GTX 1050
メモリ 8GB PC4-19200
ストレージ SSD  256GB
モニター 15.6型 フルHDノングレア

なす

ノートパソコンシリーズでは中間グレードとなっている製品ですね

このパソコンの特徴は、カスタマイズをするために用意されているということですね。

CPUやGPU、液晶モニターはG-Tuneの標準的なものを使用していますので、その他のパーツを交換、もしくは増設してグレードアップしやすいようにしているんですね。

特にメモリは標準だと8GBですが、ここからさらに32GBまで増設して、グラフィックが重たいゲームにも対応できるようになります。

ストレージもスピード重視のSSDを付けていますが、256GBだけとちょっと頼りない面もありますので、HDDを増設するなどしてパワーアップさせることもできます。

ゲーマーそれぞれが、自分のよくするゲームの種類に合わせてカスタマイズできるように、汎用性の高い作りをしているのが特徴となっている製品と言えますね。

もし、自分好みのパソコンが欲しい、カスタマイズするのが好きという人であれば、このパソコンをベースにして好きなように変えていくのがおすすめですよ。

バッテリー駆動性能が高い!「MS-HYBRID」機能とは?

このように、G-Tuneのノートパソコンは、それぞれの好みに合わせて性能の違うものを選べるようになっています。

共通している点としては、バッテリー駆動性能がとても高いというところにあります。

「MS-HYBRID」機能という、バッテリー駆動時間を長くするシステムに対応しているのがポイントですね。

これは、3D表示など重たい映像を出す時以外は、CPU内蔵グラフィックに自動的に切り替えるという機能です。

無駄なパワーを使わなくて済みますので、よりバッテリー持ちが良くなるんですね。

このシリーズだと、約8時間の平均動作時間を達成していて、従来モデルよりも相当の駆動時間をかせぐことができます。

外でゲームをしたい時などにノートパソコンは重宝しますので、このバッテリー駆動時間が長いというポイントはかなり重要なものですね。

高い性能と拡張性の高さがメリットのデスクトップパソコン

マウスコンピューターのゲーミングパソコンは、やはり高性能で拡張性に優れているというのがメリットですね。

このメリットを最大限に生かすためには、デスクトップパソコンを選ぶのがベストです。

実装しているパーツによって価格の違いもありますので、予算に応じて選びやすいという良さもあります。

また、なによりも厳選された最新のパーツが組み込まれているので、ゲームをフルに楽しめる環境を構築できるというのが大きいですね。

いくつもの製品がありますので

  • 価格
  • 省スペース性
  • パーツ

を比較しながらチェックしてみましょう。

NEXTGEAR-MICRO im610SA2-C(売れ筋)

価格 99,800円(税別)
CPU インテル® Core™ i5-9400F
GPU GeForce® GTX 1060
メモリ 8GB PC4-19200
ストレージ SSD : 240GB HDD: 1TB

なす

マウスコンピューターのデスクトップの中でも最も売れ筋となっている商品です

とにかくコストパフォーマンスがいいのが人気の理由です。

ハイエンドのゲーミングパソコンの性能までは及びませんが、軽めのゲームならなんの問題もなくプレーできますよ。

ゲーム用としてはもちろん、ビジネス用としても使いやすい構成で、オールマイティな一台とも言えますね。

全体的にバランスが取れているパーツ構成となっているので、ここから気になるところを交換もしくは増設するのもいいですね。

たとえば、メモリが8GBなので、増設して使うと使用感がぐっと変わりますよ。

NEXTGEAR-MICRO im610SA4(ミドルエンド)

価格 164,800円(税別)
CPU インテル® Core™ i7-8700
GPU GeForce® GTX 1660 Ti
メモリ 16GB PC4-19200
ストレージ SSD : 240GB ハードディスク : 1TB

ちょっと上のクラスのミドルエンドが欲しいというのであれば、このモデルがおすすめですね。

やはりゲームのためのパソコンということであれば、GPUにはこだわりたいところですよね。

このパソコンは、最新のGeForce® GTX 1660 Ti を入れていますので、よりサクサクと動いてくれますし、滑らかな表現が楽しめるのが魅力となっています。

このGPUを入れているパソコンはそれなり出てきていますが、まだ価格が高めに設定されていることが多いので、16万円台という価格はうれしいですよね。

ちょっとメモリが少ないのが気になる人は、32GBまで増設してみるのもいいですね。

それほど値段がアップするわけではないので、ハードユーザーなら増設を考えてみるのもありかと思います。

口コミの例

口コミでもこのパソコンの性能バランスの良さを評価する声がよく聞かれます。

「ずっと10万円以下の入門者用のノートPCを使っていました。でも、画面を大きくしたいということと、速いグラフィックスの動きについていけていない感じがしたので、ミドルクラスのパソコンに買えようと思って買い替えました。思っていた通り、映像描写の違いは相当ですね。特に奥行きと3Dの感じがリアルで、ゲームにはまってしまいますね。これにしてよかったです。」

「それほど長時間するわけではないので、ハイエンドの20万円オーバーのは自分には早いと思っていたので、ちょうどよいものを見つけられました。カスタマイズをする必要もなく、オリジナルの状態で満足できるので、しばらくこれで行こうかと思います。」

という評価の声があります。

MASTERPIECE i1640GA1-SP(ハイエンド)

価格 259,800円(税別)
CPU インテル® Core™ i7-9700K
GPU GeForce RTX™ 2070
メモリ 32GB PC4-19200
ストレージ M.2 SSD : 512GB インテル® 660p NVMe対応 HDD: 3TB

ハイエンドのゲーミングパソコンが欲しいのであれば、これがおすすめですね。

ミドルクラスに比べると一気に価格が上がってしまいますが、それだけの価値が十分にある一台と言えます。

やはりGPUにGeForce RTXを使っているのが大きく、グラフィックス描写が全く違いますね。

最近のオンラインゲームはかなり映像がリアルになっていて、表現が深いので、このGPUを持っているパソコンで遊ぶとより楽しみが増しますよ。

相当なリアル感があるので、他のパソコンでは物足りなく思えてくるでしょうね。

GPUだけでなく、最新のSSDを積んでいますので、さらに速い処理が可能となっているのもポイントですね。

ストレージ容量もたっぷりありますので、物足りなさを感じることは全くありません。

どの点を取っても最高峰のゲーミングパソコンとなっていますので、質を求めるゲーマーにおすすめしたい一台となっています。

error: Content is protected !!