ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年11月最新版】

パソコン用ゲーミングマウスの価格帯別おすすめ商品を徹底チェック!

どうもなす(@nasu66com)です。

ゲーミングマシンがいろいろなメーカーから出ていて、特にクールでかっこいい商品が増えているので、カタログを見ているだけでうれしくなっちゃいますね。

パソコン本体もかなりゲーマーっぽいものが出てきていて、部屋の雰囲気が一気に盛り上がります。

そうなると、周辺機器もかっこいいもので揃えたくなりますよね。

そこでおすすめしたいのが、マウスをゲーミング用のものに替えるということです。

ゲーミングマウスはかなりたくさんの商品が発売されていて、デザインがとにかくかっこいいんです。

しかも、機能が最高に良くてゲームの操作性を格段にアップしてくれます。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

ゲーミングマウスの特徴と選び方のポイント

ビジネスでパソコンを多用する人も、マウスの形や性能にはこだわりを持っているケースが多いですが、ゲーマーにとってはさらに大事なアイテムとなります。

そのため、ゲーミングマウスは一般的なマウスよりもさらに高機能となっているのが特徴です。

ポイント:ボタンの数

その一つのポイントとしては、ボタンが多く設けられているということですね。

普通のマウスだと右クリック、左クリック、そしてスクロールボタンくらいしかありません。

しかし、ゲーミングマウスの場合は、ボタンが6個以上付いているのが普通です。

それぞれのボタンにコマンドを割り当てて、より操作をスピーディーにできるようにするためです。

ポイント:センサーの感度

また、センサーの感度が非常に高く、細かな手の動きに反応してくれるというのも大事な点です。

ちょっとした動作でプレイが決まってしまうことがありますので、感度の高いマウスというのはゲーマーにとっては欠かせないところなんですね。

ポイント:ボタンの割り当てのやりやすさ

そして、プログラムがしやすいかということも大事なポイントです。

どのボタンにどんなコマンドを割り当てるかを、簡単にプログラムできるものに人気が集まる傾向があります。

上位機種になると、マウス自体にプログラムを入れることができて、パソコンを変えてもそのまま自分好みの設定でプレイできるというメリットがあります。

ポイント:有線か無線か

全体的には反応遅延がないということで有線接続のものが多いですが、最近は性能の高い無線技術もできているので、少しずつワイヤレスの商品も増えてきています。

こうした点も考えながら、自分のプレイをより快適にしてくれるマウスを選ぶようにしましょう!

お手軽価格で買える入門編ゲーミングマウス

ゲーミングマウスは高機能ということもあって、5,000円以上のミドルクラスの商品が多い傾向にあります。

といっても、5,000円以下のお手軽価格で買えるものの品質が劣っているというわけではなく、多少の制限はありますが、プレイを効率よくしてくれる機能がしっかりと付いています。

おススメメーカー:SZMDLX

SZMDLX「ゲーミングマウス」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 7
重量 157g

たとえば、SZMDLX「ゲーミングマウス」はコスパが優れていて、ゲーミング用の基本的な機能をしっかりと押さえています。

DPIの切り替えを指先で簡単にすることができて、4つのレベルをゲーム内容に合わせて調節できます。

ボタンは合計7つ付いていて、カスタマイズできるのでとても便利ですね。

この商品のユニークなところは、移動可能なウエイトが4個装備されていて、自分の好みに合わせてウエイトバランスを変えられるということですね。

ウエイトバランスを変えると結構動きがスムーズになるものですので、これはうれしいですね。

おススメメーカー:ロジクール

ロジクールはゲーミング周辺機器をたくさん出していますが、マウスの分野でも強いですね。

Logicool「G ゲーミングマウス G402」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 8
重量 141 g

たとえば「Logicool「G ゲーミングマウス G402」は、5,000円以下で買えるのにとても性能が高いのが自慢です。

ボタンは合計8個備えられていて、すべてがプログラム可能です。

ロジクールのドライバーはとても使いやすく設定が簡単なので、初めて使用する人も迷わずに済みますよ。

DPI設定も4つのレベルを手元で瞬時にできるというのもいいですね。

なによりも、形がいかにもゲーミングという感じでとってもかっこいいです。

手になじむ形状なので、動かしやすくプレイがはかどりますよ。

ちょっとスリムなデザインなので、女性にもおすすめですね。

おススメメーカー:HAVIT

HAVIT「HV-MS760」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 最大14
重量 290 g

HAVITの「HV-MS760」はカスタマイズ性が非常に高いのに、お手頃価格とおすすめ度の高い商品ですね。

パネルの交換ができてボタン数の変更ができるという優れものなんですね。

ゲームによって必要なボタン数が変わることもありますので、今やっているタイトルに合わせてパネルを交換するというのもいいですね。

バックライトは10種類もあって、雰囲気に合わせて色を変えることができるのも魅力的です。

DPIの調節はこの価格帯では珍しく6つのレベルで行えます。

より状況に合った感度調節が可能なのがいいですね。

ボタンプログラムは専用ドライバーから簡単にできますが、MacやLinuxには対応していないので注意が必要です。

最もバリエーションが豊富なミドルクラスは魅力的なマウスがいっぱい

ゲーミングマウスを価格帯別で見ると、5,000円から1万円以下のミドルクラスが一番種類が充実していますね。

ボタンやDPIなどの機能の高さに加えて、センサー自体がより質の高いものになっていて、正確でスピーディーな操作が可能になっているのが特徴ですね。

見た目にもよりデザイン性がアップしています。

ミドルクラスと言ってもそれほど高いものではないので、本格的にゲーム環境を整えたいと思っているのであれば、最初からこのクラスのゲーミングマウスを買うのもいいかと思います。

おススメメーカー:Razer

ゲーミング機器で高い人気を持っているRazerでもマウスを出しています。

Razer「DeathAdder Elite」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 7
重量 105 g

「DeathAdder Elite」などはかなりいいですね。

一見するとシンプルなマウスなんですが、実際に触ると手にジャストフィットします。

ラバーの感触も良くて、細かい動きも取りやすいのがうれしいですね。

センサー感度もスピード性能も高いので、ゲーム中のあらゆるシーンに対応できるのがさすがという感じです。

Razerらしいところとして、なんと1,680万色ものライティングに対応していますので、自分好みの色に変えられるというのがポイントですね。

クリックの耐久性も高くて、5,000万回の耐久性能を誇っています。

ちょっとスリムなスタイルとなっているので、デスク上のスペースが限られているという人にもおすすめできますよ。

おススメメーカー:ロジクール

ロジクール「G502RGBd」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 11
重量 168g(ウエイトを除く)

ロジクールの「G502RGBd」も、基本性能がとても高くてゲームの楽しさをさらに高めてくれるマウスですね。

ウエイトバランスをカスタマイズできるようになっているので、よりスムーズな動きを実現してくれます。

ボタンのプログラムやDPIの調節も簡単にできて、とにかくカスタマイズ性能が高いというのが特徴ですね。

オプティカルセンサーの出来も良くて、頭の中で思い描く動きを確実にトラックしてくれますよ。

デザイン面ではRGBバックライトがかっこよく、1,680万色の発光色から好きなものを選べるんです。

マウス自体の形状にもこだわっていて、クールさと同時に手にしっくりと来る形となっています。

手を離している状態から、すばやくマウスを握って操作する時など、その形の良さに気づくはずです。

おススメメーカー:BenQ

BenQのZOWIEシリーズもゲーマーからの評価が高いマウスですね。

BenQ「EC1-B」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 5
重量 94g

「EC1-B」は、3360センサーを採用していてかなり感度が高いのが特徴となっています。

実際に使ってみると、動きの滑らかさとレスポンスの良さがすぐに分かりますね。

頭でのイメージにかなり近い感じで動いてくれるのがいいですよ。

見た目はシンプルなんですが、この性能に惚れこんでしまう人も少なくありません。

大きめのサイズとなっていて、手にフィットして手首をスイスイと動かして操作できるのが使いやすいポイントです。

DPIは最大3200まで4つのレベルを調節できて、ゲームの内容に応じたカスタマイズが可能です。

おススメメーカー:Xtrfy

プロゲーマーが設計に携わっているということで知名度が高いXtrfyは、結構個性的なマウスを出しています。

Xtrfy「M1」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 5
重量 95 g

「M1」はDPI調節が最大4000まで5段階でできるようになっています。

他のマウスよりも、さらに細かく高精度な調節ができるというのが注目点ですね。

見た目もクールでかっこよくて、スポーツ感が強いのがいいですね。

そして、このブランドの最大の特徴はソフトウェアをパソコンにインストールしなくてもいいということですね。

挿してすぐに使えるというのが便利な点です。

大会に出場するプロが、少しでもセッティングのための時間を短縮したいという考えに基づいているんですね。

クリックは結構ソフトで、小さな力でも反応してくれるのがさすがです。

繊細な動きに反応できる上質なマウスと言えますね。

Xtrfy「M2」

接続方式 ケーブル接続
ボタン数 7
重量 112 g

同じXtrfyのよりFPSプレーヤー向けに作られているのが、「M2」です。

ボタン数が増えて7個になっていることや、CPIスイッチの位置と形をより手になじみやすいものにしているのが特徴となっています。

多少コンパクトな作りになっていて、つまんでマウスを操作する人により使いやすいサイズですね。

また、女性にもおすすめしたいサイズ感となっていますね。

ボタンのタッチはかなり軽くて、叩くというよりも触るだけで反応してくれます。

普通の感覚で叩くと、むしろダブルクリックになってしまうというほどです。

それだけ感度がいいので、長時間プレイしても疲れにくいというメリットがありますね。

さすがの機能性を持つハイエンドクラスのゲーミングマウス

価格帯別にいろいろゲーミングマウスを見てみると、やはり値段が高いものは質がいいという結論に達しますね。

もちろん、普通にゲームする分にはミドルクラスくらいで十分ですが、ハイエンドクラスを使うともうやめられなくなりますよ。

センサーの感度が非常にいいことや、デザイン性に優れていることなどが特徴で、ゲームへの没入感がぐっと高まるんですね。

おススメメーカー:Finalmouse

Finalmouse「Ultralight Phantom」

接続方式 ケーブル接続(ファントムコード採用)
ボタン数 6
重量 67g

超軽量マウスの革命を起こしたFinalmouse「Ultralight Phantom」は、希少性が高くて国内では入手するのが難しい状態が続いています。

しかも、結構値段も張るんです。

それでも手に入れる価値のある商品ですね。

なによりも、超軽量化ということにこだわっているのがすごいですね。

プロゲーマーの世界ではたった10gマウスを軽くするだけで、より長時間パフォーマンスを維持できるということで、軽いマウスというのは大事なんですね。

マウス本体だけでなく、コードの仕様にもこだわってまるで存在がないかのような作りになっているんです。

3360センサーを採用して、デリケートな動きにも完璧に対応できるようにもしています。

イルミネーションもかっこよくて、持っているだけでテンションが上がりますよ。

ちょっと手に入れるのが難しい分、持っていると優越感もあるというのもくすぐりますね。

おススメメーカー:ロジクール

ロジクール「G502WL」

接続方式 無線 USB端子
ボタン数 11
重量 114g

ロジクールの「G502WL」は、ゲーミングマウスのワイヤレスバージョンとして高い評価を受けていますね。

最新技術を駆使して遅延のない無線接続を実現しているのが特徴ですね。

ケーブルのわずらわしさがないので、ストレスフリーでプレイできますね。

11個のプログラム可能なボタンも使いやすい配置となっていて、ゲーマーの要望に完全に応えてくれます。

ウエイトバランスの調節もしやすく、合計で6個のウエイトが入っていますので、自分好みの動かし方ができますよ。

デザインもかなりかっこよくて、ゲーミングマシンの象徴のような感じですね。

イルミネーションも1,680万色のLEDなので、ゲームの雰囲気に合わせて変えられるのがいいですね。

ワイヤレスマウスの問題の一つはバッテリー切れですが、これはなんとワイヤレス充電に対応しているので、プレイ中も充電が可能でバッテリー切れの心配はゼロです。

まとめ

人によって手の大きさは違います。

他の人が使いやすいものでも自分に合うとは限りません。

ぜひ、パソコンショップや電気屋にいけば実物を置いてあるところがあるので、実際に触ってみましょう。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!