ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年12月最新版】

どう置く?ゲーミングPCを床、机、縦、横置きにする事【第21回目コラム】

どうもなす(@nasu66com)です。

ゲーミングパソコンを購入するにあたって、どこに置けばいいかで迷うかもしれませんね。

管理人も良く迷うので、実際それぞれどういったメリットやデメリットがあるのか調べてみました。

なんとなく置いてる方もいると思うので、ぜひこの機会に自分の置き方を考えてみて下さい!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

床置きゲーミングパソコンのメリットデメリット

いくつかのスタイルがありますが、多くの人は床置きにしているようですね。

床置きにするメリット

床置きのメリットは机の上をすっきりできる点ですね。

机の上にゲーミングパソコンを置くと本体のほかにもケーブルなどでごちゃごちゃすることも多いです。

そうなるとマウス操作したくても物に引っかかってストレスに感じるかもしれません。

床置きを前提にしたモデル

また床置きを前提にしたモデルもあります。

G-TuneのNEXTGEARシリーズは特に代表的です。

この手の機種は電源ボタンや接続端子を上部にまとめたレイアウトのものが多いですね。

机の上などに置いてしまうといちいち電源を入れるにしても立ち上がらないといけないので面倒でしょう。

床置きにするデメリット

ゲーミングパソコンを床置きにするデメリットとして、ホコリ対策が挙げられますね。

部屋の中でも床は最もホコリの溜まりやすい箇所ですよね。

この床にゲーミングパソコンを置いてしまうと、ホコリが本体の内部に入ってしまう恐れがあります。

特にゲーミングパソコンの場合、フロントファンとサイドパネルを使って吸気する仕組みになっているものが多いです。

このため、ほかの一般的なパソコンと比較すると入りやすくなります。

ペットがいる場合要注意

自宅でペットを飼っている人はいませんか?

最近ではマンションなどでもペットの飼育可という物件も多いですから、癒しの存在として屋内でかわいがっている人もいるでしょう。

この場合もゲーミングパソコンを床置きするのはあまりお勧めできませんね。

というのもペットが歩き回ると、毛が床に落ちやすくなるからです。

床置きにしていると動物の抜け毛を吸い込んでしまう恐れがあります。

ホコリ等で即故障はない

ちょっとホコリや動物の抜け毛を吸い込んでしまっただけで、即故障することはないですね。

ただし長年の積み重ねでストレスがかかり、いずれ不具合を起こす可能性があります。

もし床置きにするのなら、こまめに掃除するのがおすすめです。しかも本体を持ち上げて下部なども掃除するなど、丁寧なお手入れがいいですね。

結構パソコンの下部にはホコリが溜まりやすいですね。持ち上げるだけですから、ちょっとの手間を惜しまないことですね。

掃除に関しての記事はこちらを参考にして下さい。

吸気口を塞ぐのは絶対ダメ

人によっては、吸気口をふさげば内部にホコリなどが入らなくなるのではないかと思うかもしれませんね。

しかしこれをやってしまうと、パソコンを使っているときに冷ますことができなくなります。

デスクトップの温度が上がりやすくなって、結果故障の原因となってしまうかもしれません。

ゲームをしているときはCPUなどをフル稼働させます。

使用時に本体を触ったことのある人ならお分かりでしょうが、かなり暑くなりますよね。

ですから吸気口をふさいでどうにかするというのはお勧めできません。

机置きゲーミングパソコンのメリットデメリット

ゲーミングパソコンを机の上に置いて使用している人も多いですね。

一般のデスクトップやノートパソコンを使用するのと同じような感覚なのでしょうね。

机置きのメリット

机置きのメリットは、パソコンに余計な負担をかけずに済むところですかね。

メーカーの側に立ってみると、そもそもパソコンは床置きにすることを前提にして製造されていません。

ホコリ対策としては机置きがよい

床はホコリの溜まりやすい箇所ですからね。

一方机の上は床と比較するとホコリで汚れることはあまり多くないですよね。

ほこりがパソコン内部に入らないようにするためには、机置きがおすすめです。

故障リスクも減少するでしょう。

ペットを飼っている人は特におすすめです。

しばらくゲーミングパソコンを使用して、吸気口を見ると動物の毛でびっしりだったという体験談などもネットでは見られます。

机置きするデメリット

ゲーミングパソコンを机置きするデメリットは簡単に言ってしまうとかさばる点ですね。

ある程度の大きさの机があれば特に問題はないですが、小さいものだとスペースを確保するのも大変かもしれませんね。

特にデュアルディスプレイにしようと思っているのなら、それだけ場所も必要です。

何とか置けたとしても余分なスペースがないと、キーボードやマウスの操作をするにしてもほかの機材が邪魔になってしまうでしょう。

その結果、思うようにプレイできずストレスを溜める要因にもなりかねませんね。

もしパソコンを操作するにあたって手がどこかにあたりそうであれば、床置きなどほかのスタイルをとったほうがいいでしょうね。

ケーブルなどがぐちゃぐちゃで見た目も問題に

机置きのデメリットとして、ビジュアル的な問題も挙げられます。

ゲーミングパソコンの場合、いろいろなケーブルで各デバイスを接続する必要がありますよね。

もし机の上にすべてのデバイスを置こうとすると、ケーブルがごちゃごちゃとした感じになります。

どうしても机の上が雑然として、汚いイメージになりかねません。

こういったのが気にならなければいいのですが、見た目が気になるのならほかのところにディスプレイして机の上をすっきりするのも一考ですね。

小型サイズのPCは特におすすめ

机置きにしようと思っているのなら、小型サイズのデスクトップを準備するのがおすすめですね。

フルタワーなどを設置しようとすると、どんなサイズの机でも邪魔になります。

比較的新しいモデルであれば、スリムタイプのデスクトップが出てきているのでこちらを購入するといいですよ。

縦置きゲーミングパソコンのメリットデメリット

 

ゲーミングパソコンのデスクトップを見てみると、基本的に縦置きモデルのものが多いですね。

これはほかの一般的なデスクトップパソコンと同じです。

縦置きにするメリット

縦置きにするメリットとして大きいのは、部屋の中をすっきりさせられるところですね。

スリムな形状をしているので、ちょっとした隙間に収納できます。

限られたスペースを効率的に活用したければ、縦置きがおすすめです。

最近のPCはスリムなものが多い

特に近年のゲーミングパソコンのモデルを見てみると、スリム化されたものが多いですね。

一昔前と比較してコンパクトサイズのものが多いので、置き場所に困ることはまずないでしょうね。

コンパクトサイズでも処理能力などは優れています。

このため、ゲームをしているときに思い通りに操作できないゲーム展開しないといったことはまず起こらないでしょうね。

ゲーミングパソコンのデスクトップの中でも縦置きが主流

ゲーミングパソコンのデスクトップの中でも縦置きが主流です。

このため、いろいろな種類のものがラインナップされています。

多種多様なモデルが出ているので選択肢が広く、より自分の求める者に合致する機種が見つかりやすいのもメリットの一つですね。

縦置きにするデメリット

スリムな縦置き用のデスクトップの場合、不安定なところがデメリットです。

普通に使っている分にはまず問題はないでしょうが、強めの地震が発生した際には倒れてしまう危険性がどうしてもついて回ります。

動画の中には配信をしているときに大地震が偶然来ました。

ガタガタ揺れて倒れそうになるデスクトップを必死になって押さえているシーンが配信されていました。

それまでいろいろと話していたのですが、しゃべる余裕もなくなってしまうような感じでしたね。

もし机の上に縦置きをして倒してしまうと、故障する可能性は高いですね。

ディスプレイも縦置き!?

ディスプレイの中には縦置きに対応しているものも出てきています。

一般的な横置きと比較して、見やすくなるのがメリットですね。

横置きディスプレイの場合左右に無駄な空白ができやすくなる傾向が見られます。

しかしディスプレイを縦置きにすることで、このような無駄な空白が生まれません。

一度にたくさんの情報を見られるので、思っているように操作できるでしょう。

スクロールの回数も少なくてすむ

また横置きにすると、何度もスクロールする必要があるかもしれません。

そうなってくると大変面倒ですよね。

これも縦置きディスプレイすることでスクロールの回数も少なくなって、見やすくなるでしょう。

オンラインゲームをしたければ、縦置きにディスプレイをレイアウトしてみるのもいいかもしれませんね。

ディスプレイ縦置きの注意点

しかし縦置きにした場合注意しなければならないのは、転倒リスクの高い点ですね。

どうしても床や机との設置面積が少なくなります。

このためちょっとした拍子で倒れてしまう恐れがあります。

1回や2回倒れたくらいであれば壊れる心配はないでしょう。

しかし何度も繰り返し倒すとその衝撃によって将来的には故障リスクが高まります。

また机置きをしていて、デスクトップが倒れたとします。

この時机から落としてしまうと床材によっては一発で不具合を起こす可能性もゼロではないです。

しっかりと転倒対策を

ですから縦置きする場合には、転倒防止のために対策を講じましょう。

例えば手が当たりそうなところには置かない、周りにディスプレイなどモノを置くことで転倒防止するなどの対処法などが有効ですね。

横置きゲーミングパソコンのメリットデメリット

少数派ではありますが、ゲーミングパソコンの中には横置きのできるようなモデルも最近では出てきています。

横置きのメリット

横置きのメリットとしてまず注目してほしいのは安定性の高さです。

横置きの場合、机や床などの設置面積がかなり広くなります。

このため、縦置きと比較すると安定性に優れています。

よって多少大きな地震が襲ってきたとしても、そう簡単に倒れることはないでしょうね。

地震は何の予告もなく急に発生することが多いですね。

いざという時のために転倒しにくい横置きのデスクトップを準備するのも一考といえますね。

PCデスクが大きくない場合は?

机がさして大きくない、ゲーミングパソコンを机の上に置きたいけれどもフルセット置くのが難しいというケースもあるでしょうね。

そのような場合にはたとえば机の横にアルミ製のラックなどを準備して、ここに置くのも対策の一つです。

小さいなら広げてしまおうって手です。

このラックにデスクトップを置く際に、普通のデスクトップが置けないこともありますね。

縦幅のスペースの問題で引っかかってしまうこともあります。

(↓個人的に大好きでパソコンデスク関係全てこのBauhutteで統一しています。)

しかし横置きのデスクトップであれば、どのようなラックでもすっぽり収納できるはずです。

現在販売されている横置きのデスクトップを見てみると、PS4のようなゲーム機くらいのサイズが主流ですね。

この程度の大きさであれば、一般的なラックであれば十分入るでしょう。

多様性もメリットの一つ

ちなみに横置きのデスクトップゲーミングパソコンの場合、縦置きとして設置できます。

このような多様性もメリットの一つですね。

例えば液晶モニターの後ろに縦置きで設置もできます。

こうすれば限られたスペースを効率的に使用できますね。

机があまり大きくない、でも机の上にデスクトップをどうしてもおきたいと思っているのならこのような活用法も一考ですね。

横置きのデメリット

横置きのデスクトップゲーミングパソコンのデメリットは、あまり販売されている機種の少ないところですかね。

機種が少ないので、なかなか自分の思っているようなモデルが見つからない恐れがあります。

また横置きの場合、小型のモデルが中心です。

大型デスクトップで横置き対応しているものはほとんどありませんね。

高性能パソコンは縦置きが多い

近年では小型のものでも性能の高いものはあります。

しかし人によっては、もっと高い性能が必要という方もいるでしょう。

その場合には大型のデスクトップゲーミングパソコン、縦置きの中から候補を絞り込んだ方がいいかもしれませんね。

縦置き前提パソコンを横置きはNG

また縦置きのものを横置きにして使用すればいいではないかと思っている人もいるでしょう。

しかしこれはちょっとお勧めできませんね。

そもそも縦置きのデスクトップはそのように使用することを前提にして設計されています。

ファンの位置やエアフローの構築についても横置きを前提としていない機種が多いです。

これでも横置きにしてしまうと、空気の流れが当初とは異なってしまいます。

結果的に排熱効率が下がってしまって、本体に熱がこもってしまう恐れが出てきます。

ホコリがたまりやすくなってしまう

さらに縦置きを横置きで使用する場合、マザーボードが上面もしくは底面に来てしまいます。

しかも平面になるので表面積が多くなり、その分ホコリもたまりやすくなります。

そこに湿気も合わさるとトラッキングなども起こりやすくなりますね。

頻繁に掃除をしてほこりを取り除けるのならまだいいですが、それほどメンテナンスができなければ個の置き方はお勧めできませんね。

まとめ

このようにゲーミングパソコンの中には、いろいろな置き方に対応した機種が出てきています。

自分の部屋などをチェックして、どのような置き方に対応しているかチェックしてみるといいです。

その上でその置き方にマッチするモデルを考えれば、候補もスムーズに絞り込めますね。

どちらにしろ転倒対策や掃除はこまめにしておきましょう!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

error: Content is protected !!