ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年12月最新版】

パソコンゲームでおすすめのハック&スラッシュゲームランキング2019年最新版

どうもなす(@nasu66com)です。

ハック&スラッシュゲーム(ハクスラ)とは、「切り刻む」という意味のハックと、「潰す」という意味のスラッシュという言葉から出ているジャンルです。

この意味からも分かるように、とにかく破壊系、バトル系のゲームとなっていて、爽快なゲーム感覚が人気の理由となっていますね。

中々ジャンル定義わけが難しく、ローグライクゲームなどと混合するかもしれません。

定義としては

  • モンスターを倒し手に入れた装備やレベルアップで自身を強化し、より強力なモンスターを倒し、これのみを突き詰めるゲームである

これを聞いて『Diablo』かな?と思った方、大正解その通りです。

と言うよりもハック&スラッシュゲーム(ハクスラ)=Diabloのイメージなのではないでしょうか。

  • 1997年に発売された『Diablo』
  • 2000年に発売された『Diablo2』

この2作品によってハック&スラッシュゲームはより確立されたと言っても過言ではないでしょう。

  • 敵を倒しレベルを上げてスキルポイントを自由に振り強化していく点
  • 敵を倒し、装備を手に入れること、中でもなかなか入手することが出来ないレア装備を手に入れるトレジャーハント要素
  • 見下ろし型のクリックアクションロールプレイングゲーム

この辺りがDiabloなのかなと思います。

全体的に血生臭いものも多いですが、そこまで行かなくてもアクションバトルの作品も多いので、ハードコアが苦手という人にも受け入れられていますよ。

実にたくさんの種類がありますが、やはりファンタジー系のシチュエーションが多いですね。

架空ワールドに入り込んで、冒険をしながらミッションを完了していくというタイプで、グラフィックスが非常にきれい、アクションのリアル感が強い作品に人気が集まっていますね。

爽快なゲーム感覚を楽しめるハック&スラッシュ

また、ハック&スラッシュゲームではアクション要素が強いので、運動神経が必要となりますが、中には動きの速いゲームは苦手という人もいます。

そういう人でも楽しめる、スローアクションの作品も出ていますので、どんな人でも入り込めるジャンルとなっていますね。

また、クラフト要素を入れ込んでいて、単にアクションをするだけでなく、武器や防具などを自分で作る、食料やアイテムを自分で調達したり作ったりしていくという要素が入った奥の深いものもあります。

それぞれの好みのゲームを選べるのがこのジャンルの魅力ですね。

実にたくさんの作品が国内外問わず出ていますので、その中からおすすめのタイトルをランキングでご紹介しています。

それぞれの個性と魅力が違いますので、自分に合ったものを見つけていただけたらと思います。

ハック&スラッシュはディアブロだけじゃないってことを伝えたいと思います!

では、一挙にランキングをご紹介します!

Steamを利用しています

基本紹介するゲームはダウンロードゲームショップSteamを利用しています。

(Steamではないのも当然ありますが・・・)

利用の仕方の記事を載せてあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パソコンゲーム購入サイトSteamに登録~購入のやり方はこちら。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

18位 Wolcen: Lords of Mayhem

推奨スペック

OS Windows 7 64-Bit SP1, Windows 8.1 64-Bit, Windows 10 64-Bit
CPU Intel Core i7-4770S 3.1 GHz / AMD FX-8320 3.5 GHz
メモリ 16 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060 / AMD Radeon RX 570
その他 ストレージ:18 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,090(早期アクセスゲーム中)

ファンタジー要素が強いハック&スラッシュゲームですね。

とにかくグラフィックスがきれいで、リアル感が強いのが特徴となっています。

見下ろしタイプのバトルができる作品で、たくさんの攻撃のパターンがあってスキルによる戦い方の違いなど、頭も結構使いますね。

バトルの操作感がいいので、ついついはまりこんでしまうゲームになっていると思います。

日本対応はまだしていませんので、多少英語の単語を知っている必要がありますが、慣れれば問題なくプレイできるようになりますよ。

マルチプレイヤーモードでは、いろいろな仲間とバトルできますので、面白さも広がりますね。

音楽や効果音の出来もかなりよく、気分をマックスまで盛り上げてくれますね。

バトルアクション自体はそれほど難しくないので、楽に始められますよ。

17位 Enter the Gungeon

必要スペック

OS Windows 7 or later
CPU Intel Core 2 Duo E6320 (2*1866) or equivalent
メモリ 2 GB RAM
グラフィック GeForce 7600 GS (512 MB) or equivalent
その他 ストレージ:2 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,480

弾幕シューティング系のハック&スラッシュゲームです。

どんどん銃を撃って相手を倒しながら、ガンジョンと呼ばれるステージを進んでいきます。

途中、敵だけでなく、トラップや落とし穴、秘密の部屋などがあって、アドベンチャー的な要素も強いのが面白いですね。

ガンジョンを進んでいくと最後の部分にお宝があるので、それをゲットしたらクリアできるという流れとなっていますね。

いろいろなステージがありますので、それぞれのシチュエーションを楽しめて、結構はまってしまいますね。

普通のガンはもちろんのこと、大砲やミサイルなどいろいろな武器があります、中には、ハチとか魚なんて武器まで出てきて、結構しゃれの利いた作りになっていますね。

爽快感の強いゲームですが、あまりドロドロした感じがないので、スカッとしたゲームをしたい人にもいいですね。

16位 Devil May Cry HD Collection

推奨スペック

OS WINDOWS®10 (64bit)
CPU Intel® Core™ i7 3770 3.4GHz またはAMD同級以上
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 960
その他 ストレージ:12 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,990

カプコンが送る人気ハック&スラッシュゲームのセットでスタイリッシュアクションを確立させた有名ゲームです。

今までのものよりもグラフィックスがより高解像度になっていて、リアル感がアップしているのが特徴ですね。

悪魔を倒していくという、分かりやすい内容で、スタイリッシュにバトルをするというのが受けて、人気シリーズとして世界中で売れました。

初めての人も、このシリーズをやりこんでいる人も満足できる作りとなっていますよ。

難度を選んでゲームができるので、腕を上げるにつれて少しずつ難しくしていくといいですね。

コンボができると楽しいバトルシーンとなっていて、このコンボをいかに出せるかがカギとなりますね。

そして、コンボを連続しいていくと「レッドオーブ」というアイテムを得ることができます。

このレッドオーブを使うと新しい技を覚えることができ、スキルが上がっていくんですね。

バトルアクションと新技の習得がゲームの魅力と言えますね。

15位 Dead or School

推奨スペック

OS Windows10, 8, 7
CPU Intel Core i7-4790
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 500 Series
その他 ストレージ:6 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,500

ゾンビに支配されてしまった東京を、少女たちが取り戻すべく立ち上がるという内容の作品です。

美少女ゲームとハック&スラッシュを混ぜた作りとなっていると言えますね。

たった3人でこのゲームの製作を進めているということでも有名になった、個性的な内容ですね。

こうした事情もあって早期アクセスゲームとなっていて、これからの展開が楽しみでもあります。

いろいろな装備を身に着けてキャラクターを育成していくことで、どんどん力を付けていくことができます。

そして、次第により多くの、そしてより強い敵に立ち向かうことができるようになっていくのが楽しいポイントですね。

武器には耐久度が設けられていて、ずっと使い続けらないこと、攻撃のパターンが多いことなどがやる気をそそる作りとなっていますね。

武器の種類も多いですし強化もできるので、アイテム作りも楽しいですよ。

14位 Divinity: Original Sin 2

推奨スペック

OS Windows 7 SP1 64-bit or Windows 8.1 64-bit or Windows 10 64-bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i7 or equivalent
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 770 or AMD R9 280
その他 ストレージ:60 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 4,980

キャラクターを自分で好きに決められるというのが大きな特徴となっているゲームですね。

性別やクラス、種族などを変えられることができて、それによってストーリーが変わっていきます。

そのため、ストーリー展開を楽しめる作品となっていて、RPG的な要素も強くなっていますね。

自分で選んだキャラクターによっては、入れない場所が存在するなど、バトルをするために頭を使うところが多くなっています。

そのため、単にバトルに強いというだけでなく、どのようにして攻撃をしかけるかなど、戦略的なロジックも必要になる作品に仕上がっていますね。

ソロプレーもできますが、4対4や2対2などのマルチプレイヤーモードも人気があって、世界中から腕に自信がある人が集まってきます。

スキルを磨いて、自分の腕を試したい人にもおすすめですね。

13位 Victor Vran ARPG

推奨スペック

OS Windows 7 (64 bit), Windows 8 (64 bit)
CPU 2.5 GHz Quad Core CPU
メモリ 8 GB RAM
グラフィック GeForce 560 or higher, AMD Radeon HD 5800 or higher
その他 ストレージ:4 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

アクション性の高いスチームパンクハクスラです。

悪魔狩りをするプレーヤーとなって、敵を倒していくという感じの作品です。

ハクスラに興味はあるけど周回や長期的なビルド構築が面倒という方にはピッタリのゲームです。

ハクスラでは珍しくクラスの概念やスキルツリーがありません。

では、どうやってビルドを構築するかと言うとスキルの付いているアイテムの組み合わせによって行います。

戦闘アクションが激しいのが特徴で、装備の強化や特殊能力、カードなどの要素がいろいろミックスされていますね。

装備やアイテム、服装、カードなどの選択によってバトルの内容がガラリと変わってきますので、バトル以前にやることが多いのも特徴となっていますね。

もちろんソロでも戦えますが、世界中のプレーヤーと協力して戦うモードもあって、一大コミュニティーが存在しています。

仲間を作って強力な敵に立ち向かうという遊びかたもあって、それぞれの好みのゲームができるのも魅力ですね。

パッチの追加によって、キャラクターをさらにカスタマイズしたり、新しいマップを追加したりできるようになっていて、発展性のあるゲームでもありますね。

最初にも言いましたが長期的なキャラ成長の楽しみは少ないので注意してください。

12位 Hero siege

推奨スペック

OS Windows 7/8/10
CPU QuadCore 2.4 GHZ
メモリ 6 GB RAM
グラフィック 1 GB
その他 ストレージ:900 MB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 799

ローグライクアクションンでありながらハクスラ要素もあるSteamのゲームです。

レベルアップするとステータスを割り振ることができ、スキルツリーもあります。

スキルの再振りがノーコストに近いので様々なビルドを楽しむことができます。

ローグライクなので死んだら全て失うかと思いきやレベルとお守りは残るのでローグライクが苦手な人でも安心です。

ただし、いくら強くなっても油断すると死んでしまうのでそこはローグライクらしさがあります。

気になる値段ですが、Steanセール時には脅威の100円以下となっています。

合わなくても損失は殆ど無いので試しに購入してみてください!

11位 Titan Quest Anniversary Edition

推奨スペック

OS Windows XP / Vista / 7 / 8 /10 32 or 64 bit
CPU 3.0 GHz CPU Dual or Quad Core
メモリ 2 GB RAM
グラフィック 256MB NVIDIA or AMD card
その他 ストレージ:5 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

名作と言われた10年前の作品Titan Questのリマスター版です。

古いゲームなのですが非常に完成されたシステムで今プレイしても楽しめます。

また日本語対応されているので、日本語Modを導入する必要もありません。

マルチクラスによる多彩なビルドが楽しめるのが魅力です。

単純にクラス総数も多いのでビルドの幅は広くなるので、何度も楽しめるかと思います。

地味にありがたいのが、ハクスラでは珍しいゲームスピード変更ができ、面倒な周回が快適になります。

なによりSteamのセール時ではワンコイン以下で買えますので元は十分とれます。

10位 Tom Clancy’s The Division

推奨スペック

OS Windows® 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit versions only)
CPU Intel Core i7-3770 | AMD FX-8350, or better
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 970 | AMD Radeon R9 290, or better – See supported List
その他 ストレージ:40 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 6,480

こちらはFPSにハクスラを足したようなゲームとなっています。

FPS+ハクスラは珍しくPCでは後述する「Destiny2」や「Borderlands」くらいしか私は知りません。

このゲームはハクスラですがストーリーやグラフィックがかなりしっかりしています。

またレベルキャップも簡単に到達できるので、レベル上げ作業も苦ではありません。

なので、ビルド構築や装備の吟味まで早く到達できます。

ただ、現在ではマルチプレイがマッチしにくいようなので、マルチ目当ての人は注意です。

しかし、このDivision2の前に気になる人は1からやってみてください!

9位 Destiny2

推奨スペック

OS System Windows® 7 / Windows® 8.1 / Windows® 10 64-bit (latest Service Pack) 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Processor Intel® Core™ i5 2400 3.4 GHz or i5 7400 3.5 GHz / AMD Ryzen R5 1600X 3.6 GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック Video NVIDIA® GeForce® GTX 970 4GB or GTX 1060 6GB / AMD R9 390 8GB Memory 8 GB RAM
その他 ストレージ:105 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 4,500

ダメージ表記や装備品が存在していて、FPSにRPGを足したようなゲームとなっています。

オンラインゲームで他のプレイヤーと協力するPvEがメインコンテンツです。

PvEにはストライクやレイドといった様々なコンテンツがあります。

敵を撃った時の爽快感や、武器を切り替えて敵を撃破していく爽快感が魅力です。

8位 TorchlightⅡ

必要スペック

OS Windows XP SP3/Vista/Windows 7
CPU x86-compatible 1.4GHz or faster processor
メモリ 1GB System RAM
グラフィック DirectX compatible 3D graphics card with at least 256MB of addressable memory.
その他 ストレージ:1.7GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

こちらもsteamにある有名なハクスラです。

ディアブロライクなハクスラが好きな人にはおすすめの王道ゲームです。

難易度は低めですので、ハクスラを初めて遊ぶ方にもおすすめです。

ハクスラは暗いドロドロとしたグラフィックが多いのですが、こちらはマイルドになっているので暗いのが嫌だという人にもおすすめです。

Modにも対応しているので飽きずに遊ぶことができます。

こちらのゲームもセール時はワンコイン以下で購入することができます。

7位 Borderlands2

推奨スペック

OS Windows XP SP3/Vista/Win 7
CPU 2.3 GHz Quad Core CPU
メモリ 2 GB
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 560 / ATI Radeon HD 5850
その他 ストレージ:20GB以上 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

ハクスラFPSといえば真っ先にこのゲームが上がるほど有名なゲームです。

2012年に発売されて以来追加コンテンツが多数、ボリュームがかなりある大作ゲームでもあります。

ストーリーも尖ったキャラクターがたくさんいて面白く、さらに多彩なフィールドがあり飽きることなく遊ぶことができます。

日本語化も完璧にされており声優の演技も見事だと評判です。

FPSが苦手でもレベルを上げ武器を揃えればソロでも何とかなるのでFPS初心者にもおすすめです!

このBorderlands新作Borderlands3の発売がすぐに迫っています。

また眠れない夜が来ると思うと、とても楽しみですね!

Borderlands3はすでに予約してあるのでまた記事に出来たらいいなと思っています。

6位 Dragon’s Dogma: Dark Arisen

推奨スペック

OS Windows 7/8/10
CPU Intel Core i7-4770K or equivalent
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 760 or equivalent
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,990

このジャンルの王道とも言えるカプコンのDragon’s Dogmaシリーズのパソコン版ですね。

ダークな世界に入り込んで、尽きることのないモンスターたちと闘いミッションを完了するというゲームですね。

かなりグラフィックスの質が高く、リアル感が強いのがメリットですね。

キャラクターの種類も多く、それぞれが特殊能力を持っているため、いかにしてその能力を有効活用するかが闘いのカギとなりますね。

道具や魔法の数も多く、敵に応じて使い分けることで、よりスムーズにバトルを進めていけるようになります。

アクションの自動度が高く、肉弾戦で戦ったり、遠距離から武器で攻撃したりと、地形やそれぞれのプレーヤーの能力を生かしたバトルの仕方を選べます。

ソロプレーでも、マルチプレイヤーとして仲間で協力してミッションを行うこともできるため、それぞれに合った遊び方ができますよ。

5位 Warhammer: Vermintide 2

推奨スペック

OS 64-bit Windows 10 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i7- 3770 @ 3.5 GHz or AMD FX-8350 @ 4 GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 970/1060 or ATI Radeon R9 series
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,090

人気シリーズのVermintideの続編で、発売当初からかなりの人気を呼んでいます。

一人称でのバトルとなっていて、戦争で破壊し尽くされた世界で邪悪な勢力と戦うという内容になっていますね。

チームで戦うのが基本となっていて、キャラクターや自分の武器を選んでバトルをしていきます。

アクションはかなりいろいろな動きができるため、ゲームの習熟度やセンスが問われるゲームですね。

ステージがたくさんありますので、長く遊び続けられるというのもメリットの一つとなっていますね。

近接アクションが多めで、今までのゲームにはない独特の動きや攻撃の仕方ができるのが特徴で、ハック&スラッシュゲームの一つの傑作とも言えますね。

アクションの動きもかなりリアルで、コントロールの動きにレスポンス良く答えてくれるので、ついついはまってしまうこと間違いなしですね。

4位 Book of Demons

必要スペック

OS Windows 7, 8, 8.1, 10
CPU 1.7 GHz Dual Core or Greater
メモリ 2 GB RAM
グラフィック 512 MB DirectX 9.0c compatible graphics card
その他 ストレージ:1 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,570

カードタイプの要素と、ハック&スラッシュを巧みにミックスした作りの作品ですね。

敵を倒すためには、素手では闘えずスキルを身に着けていく必要がありますが、そのためにはスキルカードをゲットしないといけません。

このスキルカードを得るためのバトル、そしてメインとなる敵とのバトルと二段構えになっていて、奥が深い作品に仕上がっていますね。

全体的には、本の中の世界にプレーヤーが入り込むという形になっていて、ヴィジュアルもペーパークラフト調と凝った作りですね。

見た目は平面なのですが、途中で立体的な視覚効果が出てきて、2.5Dとも言えるグラフィックスが楽しめます。

バトルの際の細かな敵のダメージの様子などが分かりやすく、インパクトのある雰囲気で表現されていますので、かなり入り込んでゲームができますよ。

また、おどろおどろしい感じではなく、ちょっとユーモラスに敵が描かれていたり、音楽がちょっとポップだったりします。

キャラクター自体の設定も遊び心があって、血生臭いゲームではないですね。

普通のアクションゲームの感覚で楽しみたいという人におすすめですね。

3位 Drifting Lands

推奨スペック

OS Windows 7 or 8
CPU Intel Quad Processor
メモリ 4 GB RAM
グラフィック Any powerful AMD/ATI or NVIDIA card with more than 512 of RAM
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,880

ハック&スラッシュゲームでも、特にシューティングゲームの要素を強くしている作品ですね。

そのため、爽快にシューティングをしたいという人におすすめしたいタイトルとなっています。

しかも、単にシューティングをするというだけでなく、アイテムをいろいろとゲットして、自分のマシンを強化した上でフル装備で攻撃できるという造りになっているのがいいですね。

マシンのカスタマイズという楽しさも加わって、より魅力的なゲームに仕上がっています。

マシンは攻撃重視、防御重視などの性能ごとに分かれていて、好みに応じて選べます。

そこに機能を強化するアイテムを加えていくことによって、より自分の思い通りに動いてくれるマシンにしていけるんですね。

アクションシーンでは、敵のダメージの数値が出るようになっていて、他のゲームとはちょっと違う感覚でバトルができるのが特徴ですね。

2位 Path of Exile

推奨スペック

OS Windows 7 SP1/Windows 10
CPU x64-compatible, quad core, 3.2GHz or better
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1050 Ti or ATI Radeon™ RX560 or better
その他 ストレージ:20 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:無料

「おすすめのハクスラは?」と聞かれれば必ず名前が上がるほどハクスラ好きには有名なゲームです。

豊富なクラスに星空のようなパッシブスキルツリー。

アクティブスキルは宝石を装備に嵌めるシステムでこの組み合わせも膨大です。

これらを組み合わせたビルドはまさに無限大で、ビルドの検討が本当に楽しいです。

オンラインゲームなのでアイテムの取引なども活発。

さらに3ヶ月に1度シーズンがリセットされ新しいリーグが少し変わったルールで始まるのでまさに永遠に遊ぶことができます。

シーズンリセットが嫌な人はスタンダードリーグで遊ぶこともできるので安心です。

ただし、初めて遊ぶ時は物価が安い期間限定のリーグで遊ぶことをおすすめします。

さらにこのゲームSteamで無料プレイすることができます。

こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

続けるなら倉庫課金などはしたほうが良いですが、それでも無料です。

ただ、このゲームには大きなデメリットがあります。

それは日本語化されていないので全て英語なことです。

この部分で1位にするか2位にするか、かなり迷いました。

日本語wikiは古いので役に立たず、特に新しいリーグのルールを把握するのには時間がかかります。

ただ、個人ブログでリーグの説明をしてくれている人もいるので、そこまで苦労しないかもしれません。

それとビルドの種類が本当に豊富なので何も考えず適当にやると積みますので、まずは他の人のビルドを真似してその通り育成していくことをオススメします。

全て英語というデメリットを上回る面白さなのでぜひダウンロードしてください!

1位 Grim Dawn

推奨スペック

OS Windows 7 / Windows 10
CPU x86 compatible 3.2GHz or faster processor (Intel 4th generation core i-series or better)
メモリ 6 GB RAM
グラフィック 1.5GB NVIDIA GeForce 500 series or ATI Radeon 6000 series or better
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,480

硬派で王道なハクスラゲームです。

二つの種族の戦争に巻き込まれる人間が、生き残りをかけてバトルをするというゲームです。

上方目線のバトルがメインとなっていて、グループの動きやアクションなど、様々な要素が関係する戦い方が魅力となっていますね。

スキルの種類がたくさんあって、それぞれのキャラクターごとに有効なスキルが異なります。

8種類のクラスの内2種類選ぶデュアルクラスシステムで28通りのビルドが楽しめます。

それだけだと少ないと感じるかもしれませんが、そこに「星座スキル」というシステムが組み合わさることにより、同じ職業でも違うキャラクターを作り上げることができます。

また、武器や武具の収集も大事で、それによってかなり攻撃力も防御力も差が出てきます。

単にアクションに強ければ良いというわけではなく、こうしたアイテム集めも大事なポイントとなってくるのが特徴ですね。

バトルアクションはそれほど複雑ではありませんが、強い敵に合い攻撃をうまく避けられないと、あっという間に終わってしまうこともあり、腕を上げていかないといけませんよ。

3Dアクションなので、とても視覚効果が高くついついはまってしまう作品ですね。

攻撃時の演出やサウンドも派手で敵を倒す爽快感はマックス!

さらにRPGの醍醐味であるクエストの内容も充実していて、プレイヤーの選択肢がNPCの人々や村の運命を大きく変えてしまうものまであります。

日本語化もされており、日本語wikiの情報量も豊富で海外からもそのクオリティーは評価されているそうです。

殿堂 Diablo3

推奨スペック

OS Windows® 10 64-bit
CPU Intel® Core™ 2 Duo 2.4 GHz or  AMD Athlon™ 64 X2 5600+ 2.8GHz
メモリ 4 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX™ 260 or  ATI Radeon™ HD 4870 or それ以上
その他 ストレージ:25 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:2430円

ハクスラと言えばこのDiabloシリーズなしで語ることはできません。

圧倒的な人気を誇ったDiablo1,2から満を持して発売されたDiablo3。

しかし、ファンからの受けは賛否両論だったのですが、それはファンが望んでいた2の後継作品ではなく、別物となっていたからです。

ハクスラとしては十分面白いのでおすすめです。

diablo3は序盤からサクサク敵を倒してレベルアップできます。

なので、強くなった実感も簡単に得られます。スキルと追加効果によるビルドも豊富です。

レアアイテムの演出なども良く、実はハクスラにおいてこの演出が意外と重要です。

世界観もよく書物などは声優が読み上げてくれ、モンスターの解説までしてくれます。

批判も多いDiablo3ですが、良いところもたくさんあるのでぜひプレイしてみてください!

まとめ

ハック&スラッシュは本当に時間泥棒なところがあります。

とにかく敵を倒す

↓ ↓ ↓

レベルアップや強い武器や防具を手に入れ装備する

↓ ↓ ↓

とにかく敵を倒す

↓ ↓ ↓

レベルアップや強い武器や防具を手に入れ装備する

以上繰り返しです!

同じダンジョン、難易度違いとは言え同じ敵、同じボス、同じスキルの使いまわしなのになぜか面白い、本当に面白い。

そして0.00何%の装備が出たときの喜びと言ったら、これだからハクスラゲーは止められない。

実際に管理人の一番長いゲーム時間は今計算したところ21,370時間です!

アタリの武器や防具などを引く感覚はソーシャルゲームのガチャと一緒かもしれませんね!

皆さんも仕事、学校に差し支えないようお気を付けください!

管理人ジャンル別ゲームランキング

管理人の独断と偏見でおすすめのゲームをジャンル別にランキング形式で紹介しています。

中々ジャンル分けし辛いもの、アクションなのかロールプレイングなのか、サバイバルゲームなのかバトルロイヤルゲームなのか、FPSモードとTPSモード両方備えている物だったり・・・と色々と意見があるとは思うのですが、『管理人が思う』なのでご注意を!

王道なものからかなりマニアックなもの、アーリーアクセス中(Steam)なものや安価なものまで記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!