ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年11月最新版】

ゲーミングパソコンのOSはどうするべき?【第29回目コラム】

どうもなす(@nasu66com)です。

ゲーミングパソコンを導入する際に、どのOSがいいのか悩んでいる人はいますか?

結論から言ってしまうと、Windows10がベストな選択と言えるでしょうね。

なぜWindows10が良いのか、今までのOSと比べてみました。

OSを迷われている方はぜひ、参考にしてみて下さい。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

ゲーミングパソコンのOSとしてWindows10がおすすめの理由

Windows10がおすすめな理由はいくつかありますね。

まずはこれから出てくるゲームとの相性が最も良い可能性が高いからです。

これから発売されるゲームは最新OSを基準

これからいろいろなゲームがリリースされるでしょうが、最新のOSであるWindows10を基準とするでしょう。

そう考えるとよほどの例外でもない限り、Windows10をベースにした方がいいですね。

特にこれからOSをどうしようか考えている人はなおさらですね。

古いゲームの場合はWindows10対応してないものも

当然ですが、Windows10以前に発売された古いゲームの場合、Windows10に対応していないものも一部あります。

しかしこれからはウィンドウ10対応のゲームが大部分を占めてくるでしょうから、最も不便のないOSになってくるでしょうね。

今使用しているゲームでWindows10に対応していないものがあるなどの事情がない限り、Windows10一本に絞っていいですね。

OSは最新になるほどパフォーマンスの高い

Windows10は2019年の時点では最新バージョンです。

OSは基本的にバージョンが新しければ新しいほど、パフォーマンスの高いのが一般的です。

扱いやすさというところで比較すれば、Windows10がベストとなるわけですね。

Windows10はWindows8.1と比較して、アプリやWebの閲覧がスピーディに行えます。

どのようなアプリに対しても最適化されているので、パソコンのOS起動やオフィスの起動、Webの閲覧、動画視聴などすべての面でWindows8.1よりも優れていると思っていいでしょうね。

ゲームをしているときにスムーズにコンピューターにも動作してほしいと思いますよね。

もし動作に引っかかりが生じると、使っている方がどうしてもストレスに感じてしまいます。

ゲームをしているときに余計なことで神経をすり減らしたくないと思っているのなら、Windows10が最適なOSになってくるでしょうね。

セキュリティ対策も大事

パソコンを使用するにあたって、注意しなければならないのはセキュリティ対策ですね。

今なお新しいコンピューターウィルスなどの脅威が誕生しています。

安心してゲームをするためには、定期的にアップデートしていることが大きな条件です。

Windows10は最新バージョンのOSのため、アップデートも優先的に行う傾向が見られますね。

Windows10に実装されているのは、Windows Defenderですね。

こちらはいま販売されているセキュリティソフトと比較してもそん色ないだけの品質の高さです。

このため、しっかりネットワークの脅威から身を守ってくれるので安心してパソコン使用できるでしょうね。

今ではパソコンは、日常生活と切っても切り離すことのできないツールですよね。

ネットバンキングをやっている人もいるでしょうし、ネット通販などを利用しているとクレジットカード情報も登録していませんか?

もしコンピューターウィルスに感染するとこれらの重要な情報が流出してしまう恐れがあります。

その部分でもセキュリティのしっかりしたWindows10の導入がおすすめといえますね。

Windows10はサポート期間も長い

サポート期間が長いところも、Windows10をゲーミングパソコンのOSとして導入すべき理由の一つですね。

最新のOSであることが関係しています。サポートサービスにはいろいろなものが含まれています。

仕様変更のアップデートやセキュリティの更新が挙げられます。

また何か不具合の発見されたときなどに無償のサポートも受けられますしね。

サポート期間を見てみるとWindows8.1の場合、2023年1月10日までになっています。

これよりもWindows10はサポート期限が長くなるとみられていますね。

パソコンを短い間でどんどん買い換える場合にはあまり影響ないかもしれませんが、短期間で買い替えるのもなかなか面倒ですよね。

一回購入したら当面買い替えるつもりがなければ、最新バージョンのWindows10がやっぱりおすすめになるでしょうね。

Windows10以外のOSとゲーミングパソコンとしての相性はどのような感じ?

ゲーミングパソコンにする場合、Windows10がおすすめのOSになるでしょうね。

しかし中にはほかのOSの導入されているパソコンを使っている人もいるでしょう。

ほかのOSとゲーミングパソコンとの相性はどのような感じか気になりますよね。

Windows8.1は正直言って人気はあまり高くない

Windows8.1のゲーミングパソコンのOSとしての人気は正直言ってあまり高くないですね。

ゲーミングパソコンのOSでよく比較対象になるのは、Windows10とWindows7ですね。

両者の比較について検証しているサイトは結構あります。

でも動作環境という部分で比較してみると、やはり後発バージョンのWindows8.1の方がWindows7と比較して優れていますね。

動作が高速なので、ゲームをしているときに途中で固まるなどのリスクも低いですね。

しかし操作性という部分で、ゲーミングパソコンとして選ばないという意見が口コミサイトでも見られます。

Windows8はこれまでのWindowsと比較して使い方が大きく異なる

Windows8.1の場合、タッチパネルに対応しているのが特徴です。

これまでのWindowsと比較して、使い方が大きく異なります。

だから最初のうちは戸惑ってしまって、なかなか思うように使いこなせないユーザーが多いです。

設定に対応しているのは従来のOSと一緒ですね。

しかしデフォルトではないので、細かな設定作業が必要でこれを手間と感じている人は多いです。

このようなWindows8シリーズの問題点についてですが、アップデートしたことでだいぶ解消されています。

しかし今度アップデートしたはいいけれども、せっかく設定したものが初期化されてしまったという口コミも見受けられますね。

また最初から設定のやり直しで嫌になってしまうという意見も見られます。

Windows8シリーズは最初の段階で使いにくいという意見が主流に!?

Windows8シリーズは、このように最初の段階で使いにくいという意見が主流になりました。

このネガティブなイメージが広く浸透していてゲーミングパソコン向きではないと広く認識されてしまいました。

Windows8.1では使い勝手に関しては、Windows7と同じようなデスクトップのレイアウトになっていますし、タスクバーも使用できるようになったので当初の使いにくさはだいぶ解消されていると思いますね。

Windows8シリーズの場合、少し前のゲームに対応していないという口コミも見られますから、昔のゲームで引き続き楽しみたいと思っている人は少し注意したほうがいいかもしれませんね。

全くできないゲームというのはさすがにないですね。

しかし対応していないタイトルも少なからずありますから、この部分もゲーミングパソコンのOSとして不向きな理由の一つですね。

Windows8.1の不具合が発生することは少ない

Windows8.1をゲーミングパソコンのOSに使ってみた際の体験談について、少ないですがネットにアップされています。

その意見を見てみると、不具合の発生することはさすがにないですね。

Windows8.1はインストールから起動までスムーズに行えたと紹介されていました。

インストールについても1時間くらいで完了したといいますから、ストレスを感じずにスムーズに作業を進められます。

映像についてもくっきりしていますし、プレイヤーや乗り物を動かす場合でもスムーズだといいます。

しかしユーザーの中には、キーボードとの相性があまりよろしくない機種もあるという意見も見られましたね。

「このキーボードはちょっと問題あるかも」というものが紹介されていたので、自分の使っているものがないか確認しておくといいでしょうね。

Windows8.1でゲームをする場合エラーメッセージがでることも

Windows8.1でゲームをしても主要な問題は起こらないみたいですね。

どのようなジャンルのゲームについても同じです。

しかし一部ゲームを行おうとすると、「ゲームフォルダーに書き込めません」というメッセージの出ることがあるようなので注意しましょうね。

なぜこのようなエラーが発生したのか、これはユーザーフォルダが日本語になっていることに起因します。

Windows8.1の場合、アカウントを新規で作成する際に住所や電話番号、名前を入力しますね。

この時日本語で入力する人は多いでしょう。

その方が日本人の場合、自然ですよね。

しかしこれをすると、ユーザーフォルダが日本語になってしまいます。

その結果、ゲームを起動する際にソフトの種類によっては新しいプロフィールが作成できなくなるわけですね。

このため、起動を邪魔してしまいます。

実は管理人である私もこれをやってしまいました・・・。

Windows8.1をOSにして、ゲームマシンにインストールする場合には英字でアカウント作成するのがおすすめですね。

日本語で登録してしまって「ゲームフォルダーに書き込めません」というメッセージが出ても、心配する必要はないです。

英字で改めてアカウントを作成すればいいだけです。

そしてそのエイジアカウントでログインすれば、このような問題は解決できますね。

Windows10以前のゲーミングパソコンOSの主流だったWindows7は?Windows8.1との比較も

ゲーミングパソコンのOSというと、Windows7が少し前までの主流でしたね。

BTOメーカーの動向を見てもそのことがうかがえます。

大半のメーカーがWindows10のほかにWindows7を選択肢として用意しています。

今でも一定の需要のあることがわかります。

なぜWindows7の人気が高いのか、それは今まで使用してきた環境を引き続き使用できるためです。

また多くのソフトに対応しているため、自分の遊んでいるゲームも安心してプレイできるのもメリットの一つです。

Windows10が登場しWindows7の優位性はだいぶ薄れている

しかしWindows10が登場したことで、Windows7の優位性はだいぶ薄れている印象ですね。

Windows10のユーザビリティがだいぶ改善されたのが大きいですね。

今ではほとんどのタイトルについて、Windows10に対応しています。

Windows10で遊べないタイトルのゲームはほぼなくなってきています。

OSを変更する時には使っているソフトが対応しているか確認を!

ただし完全にすべてのゲームに対応しているわけではないので注意が必要ですね。

Windows7ユーザーで、Windows10に変更したければ自分のやりたいソフトが対応しているかどうか確認したほうがいいですね。

慌ててOSを変更した結果、対応していなかったといったことのないように気をつけましょう。

OS変更したためにゲーム対応していても挙動が今までよりもおかしくなったなどの不都合の発生する場合もありますから、この点も注意ですね。

Windows7は2020年にサポートが終了

Windows7を使い続けている人は、そろそろ移行時期に差し掛かっていると思ったほうがいいですね。

その理由として大きいのは、Windows7のサポート時期についてです。

Windows7は2020年にサポートが終了予定になっています。

サポートが終了すると、安全にパソコンが使用できなくなります。

そろそろパソコンを買い替えたいと思っているのなら、Windows10への移行を本気で検討したほうがいいかもしれませんね。

まとめ

ゲーミングパソコンにはWindows8.1や7よりもWindows10の方がおすすめ

ゲーミングパソコンにふさわしいOSについてここまで紹介してきました。

2019年の時点で比較すると、やはり最新バージョンのWindows10がWindows8.1やWindows7などと比較すると一枚上手の印象がありますね。

Windows10はゲームとの相性はいいです。

おそらく今出回っているソフトのほとんどで対応しているでしょう。

しかもセキュリティ面でも安心ですね。当面のサポート体制も整備されているので、今後何らかの脆弱性が見つかったとしてもすぐに対応してくれます。

これまではWindows7がゲーミングパソコンのOSの中では主流でした。

昔からWindows7をゲーミングパソコンとして愛用しているプレイヤーもいるでしょうね。

しかしこれから買い替えようと思っているのなら、Windows10にチェンジするといいでしょうね。

Windows7のサポート期間も近い将来終了します。

サポート期間が終了すると、セキュリティ面で非常に不安になります。

Windows10への早めのスイッチをおすすめしたいですね。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

error: Content is protected !!