ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年10月最新版】

パソコンゲームでおすすめのスポーツゲームランキング2019年最新版

どうもなす(@nasu66com)です。

とにかくジャンルにこだわりなくゲームにはまってきたが、プレーし終わった後になんとなく一番気持ちがスッキリのがスポーツゲームですね。

実際に体を動かすわけではないんですが、やっぱり気持ちの中では実際にスポーツしている気分になれるんですかね。

気軽にさっとできるというのもいいですよね。

スポーツゲームは、他のジャンルと比べても、かなり種類が多く、それぞれの好みのスポーツができるのが特徴ですね。

サッカー、野球などの定番から、競馬や釣り、エクストリームスポーツ、ゴルフ、またはカーレースやバイクレース、ロードバイクなどといった、ありとあらゆるタイプのスポーツがパソコン版ゲームで出ています。

リアルではやったことがないという人でも、ゲームの中でならプロになれますので、充実感がたまらないですね。

また、最近のゲームは画質がとても綺麗なので肌の質感やレース会場の空気感、本当にその場でプレイしているような感覚になります。

今回は実際にやって最高に盛り上がれるパソコン版スポーツゲームを紹介しています。

ランキングで出していますので、どんなゲームを始めようか迷っているなら、まずは試しているのはいかがでしょうか?

Steamを利用しています

基本紹介するゲームはダウンロードゲームショップSteamを利用しています。

(Steamではないのも当然ありますが・・・)

利用の仕方の記事を載せてあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パソコンゲーム購入サイトSteamに登録~購入のやり方はこちら。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

13位 Pro Cycling Manager 2019

推奨スペック

OS Windows 8/10 (64-bit) 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU AMD/Intel quad-core 3.0 GHz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック 1 GB, AMD Radeon HD 7850/NVIDIA GeForce GTX 560
その他 ストレージ:11 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 4,100

国産ではそれほど多くない自転車レースPro Cycling Managerの最新パソコン版ゲームです。

ポテンシャルのあるレーサーを探してスカウトしていき、一つのチームを作っていきます。

そして、選手たちを育成し、実際のレースに備えさせていき、本番のレースで優勝を目指して走るという内容のゲームとなっていますね。

レースでは、ヨーロッパの本物のレースコースを実写で流していますので、かなりレース風景はきれいですね。

プレーヤーは、チームの運営のために、お金関係の管理をするなど、本物のチーム運営に近い形でプレーしていきます。

また、選手育成では、かなり細かい調整ができるので、ついついはまってしまいますね。

日本ではあまりなじみのないジャンルですが、実際にやってみるとかなり奥が深く、やりがいのあるゲームであることが分かりますね。

英語版のみですが、かなり簡単なワードばかりなので、日本語化されていなくても大丈夫だと思いますよ。

12位 iRacing

必要スペック

OS Windows 7 SP1 64-Bit, Windows 8.1 64-Bit, Windows 10 64-Bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU 4 core CPU or better – Some examples (but not limited to): AMD FX-6300, Intel Core i5-4430, Intel Core i5-2320, AMD Ryzen 3 1200
メモリ 8 GB RAM
グラフィック A gaming graphics card with at least 2GB of DEDICATED memory – Some examples (but not limited to): Nvidia GeForce GTX 660 @ 2 GB / GTX 1050 or ATI Radeon HD 7850 @ 2GB / AMD RX 550 or better
その他 ストレージ:10 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格サブスクリプションプラン

  • 1 ヶ月ごとに自動更新で ¥ 1,180支払い
  • 6 ヶ月ごとに自動更新で ¥ 5,580支払い(-21%OFF)
  • 12 ヶ月ごとに自動更新で ¥ 9,980支払い(-30%OFF)

モータースポーツゲームの最高峰に位置すると言ってもいいくらいの、かなり出来の良いパソコン版ゲームですね。

アスファルトの感じや車のモーター音や操作感などは、リアル過ぎて興奮してきますよ。

ちょっとした車の設定などもかなり細かく調節できるようになっていて、マニアにもたまらない作りですね。

サウンドも映像も素晴らしく、どの部分を取ってもかなり作り込まれている感じがありますね。

月額制ですので、とりあえずちょっと試してみたいという人もおすすめできるタイトルですね。

はまってきたら、3画面構成にして、本物のコックピットさながらの環境を作ってしまうのもいいですね。

オンラインレースができますので、自分の実力を試すのにももってこいです。

実名制のオンライン登録ですので、怪しげなプレーヤーの参加がないというのもメリットですね。

11位 F1® 2019 Anniversary Edition

推奨スペック

OS 64bit Versions of Windows 7, Windows 8, Windows 10 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel i5 9600k / AMD Ryzen 5 2600x
メモリ 16 GB RAM
グラフィック Nvidia GTX 1660ti / RX590
その他 ストレージ:80 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 6,290

F1レーシングゲームのパソコン版ですね。

このゲームの魅力は、何と言っても真に迫るグラフィックスとサウンドですね。

本当にF1マシンに乗っているかのような気分にさせてくれる作りで、マニアの満足度も高い作品ですね。

レースそのものだけでなく、マシンの調整やスタッフとのやり取りなどのシーンもあって、本当に一人のF1レーサーになった気分でプレイができるのがうれしいですね。

レース中の操作感も抜群で、ちょっとした挙動の変化でレースの行方が変わっていくのが体験できますよ。

マウスとキーボードだけでもプレーできますが、やはり本格的にモニターやコントローラーなどを作って、環境をセッティングするのがいいですね。

それだけやり込みできるタイトルですよ。

いろいろなモードがあって、単にタイムトライアルするだけのものや、年間を通じてのチャンピオンシップに参加できるものもあります。

習熟度に応じてモードを選びましょう。

10位 Blood Bowl 2

必要スペック

OS WINDOWS VISTA/WINDOWS 7/WINDOWS 8/WINDOWS 10
CPU AMD/INTEL DUAL-CORE 2.5 GHZ
メモリ 3072 MB RAM
グラフィック 768 MB 100% DIRECTX 10 AND SHADERS 4.0 COMPATIBLE ATI RADEON HD 5670/NVIDIA GEFORCE GTX 260 OR HIGHER
その他 ストレージ:8 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,680

基本はアメリカンフットボールが楽しめるゲームです。

このベースにメタルフィギュアをキャラクターとして、参戦するという仕組みを加えていますね。

いろいろなキャラクターによる能力の違いや、シチュエーションの違いによって、試合の動きが変わっていくのが楽しいですね。

純粋なスポーツゲームではなく、ファンタジーなどが混じったゲームで、ちょっと変わったスポーツゲームをしたいという人におすすめですね。

ルールもちょっと変わってきて、遊びかたも斬新です。

最初はルールが複雑で戸惑いますが、慣れるとはまってしまいますね。

スポーツと戦略ゲームを混ぜたような作品なので、動きだけでなく頭を使うゲームをしたいという人にもぴったりですね。

日本国産ではちょっとないような発想で作られているので、ゲーム好きなら一度試してみる価値がありますね。

9位 Wreckfest

推奨スペック

OS Windows 7 (32 or 64bit), Windows 8, Windows 10
CPU Intel® Core™ i5 3.0 GHz or AMD equivalent
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce® GTX™ 970 or AMD Radeon™ R9 380X
その他 ストレージ:15 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 4,750

クラッシュ系のレースゲームをしたいのであれば、これが一押しですね。

たくさんの車とパーツの中から、自由に好みのものを選べるのがうれしいですね。

車とカスタマイズの選び方によって、かなりレースの仕方が変わってくるのが楽しく、選びがいがありますよ。

高速サーキットに何台もの車が並び、スタートを切るところまではルールありですが、そこからルールなど一切ありません。

とにかくぶつかり合い、クラッシュしまくるという、ストレス発散に最高の一本ですね。

それでいて、ルートに交差ポイントが出てきたり、隠れるスポットがあったりと、細かなシーン設定で上手に作られていますね。

世界中からクラッシャーが集まりますので、オンラインマッチではかなりの盛り上がりとなりますね。

グラフィックスもかなり上質なので、リアル感抜群なのがうれしいですね。

8位 RIDE3

推奨スペック

OS Windows 7 64-Bit or later 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i7-2600, AMD FX-8350 or equivalent
メモリ 16 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060 with 3 GB VRAM or more | AMD Radeon R9 380 with 4 GB VRAM or more
その他 ストレージ:23 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 5,150

まさに世界一のバイクレースゲームと言ってもいい、RIDE3の紹介です。

3Dのグラフィックスが最高で、本当にサーキット場に入ってレースをしている感覚になれますよ。

バイクの種類もかなり増えていて、230種類以上がラインナップされています。

カスタムも自由自在にできますので、自分の理想とするマシンを作り上げることができますね。

マルチプレーヤーモードも、シングルプレイヤーモードも用意されていますので、気分に応じてプレーできますよ。

GPサーキットのレース場もあれば、カントリーコースなどもあって、コースのバリエーションも豊富なのもうれしいところですね。

サウンドがかなりすごいので、できればスピーカー環境にもこだわって、よりリアル感を味わえるようにするのがおすすめですね。

7位 Laser League

必要スペック

OS Windows 7 64-bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i3-4170 @ 3GHz or AMD A 10-5800K APU @3.78GHz
メモリ 4 GB RAM
グラフィック Nvidia GForce GTX 670 or AMD Radeon R9 270x
その他 ストレージ:4 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,480

近未来のスポーツを楽しむというコンセプトで作られている作品です。

そのため、実在のスポーツではなく、仮想空間での全く新しい感覚のスポーツができますよ。

チームになって、相手方をネオンレーザーを使って攻撃したり防御したりして試合をしていきます。

アメリカンフットボールをベースにしている感じがちょっとあって、体の動きという要素と戦略的な試合の進め方の両方が必要となるゲームですね。

アイテムの重要性が強いゲームで、選択の仕方によって遊びかたがかなり変わってきます。

頭を使うゲームでもあるので、やりこなし感が強いですね。

最大4人まで参加してできますが、チームごとの参加、個人での参加など、いろいろな参加の方法があります。

今までにない新感覚のスポーツゲームをしたいという人におすすめですね。

6位 NBA 2K18

推奨スペック

OS Windows 7×64 / Windows 8.1×64 / Windows 10×64
CPU Intel® Core™ i5-4430 @ 3 GHz / AMD FX-8370 @ 3.4 GHz or better
メモリ 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 770 2GB / ATI® Radeon™ R9 270 2GB or better
その他 ストレージ:70 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 7,000

NBAチームの監督になって、選手たちを育成し試合で指示を出していき、優勝を目指すというゲームです。

このシリーズは代々かなりの人気で、バスケゲームの中では世界的に評価が高いですね。

プレー自体も楽しいですが、試合中の観客の盛り上がり方や、音楽などもかなりこだわっていますね。

なんとミュージックモードなるものも準備されていて、NBAでもよく流れる曲を聞くことができるんですね。

バスケの技もかなり種類があって、試合中に大技を決めて会場をヒートアップさせるのが最高に楽しいですね。

5位 The Golf Club 2019 featuring PGA TOUR

推奨スペック

OS Windows 10 64 bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i5-4670 CPU @ 3.40GHz or equivalent
メモリ 8 GB RAM
グラフィック AMD Radeon HD 7850 or NVIDIA GTX 660 with 2GB video RAM
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 5,400

ゴルフ好きの人にぜひおすすめしたいパソコン版ゲームです。

PGAツアーをメインとしたゴルフツアーに参加することができます。

本物のゴルフコースさながらの素晴らしいグラフィックスが特徴で、これで風を感じることさえできれば、本当に野外でゴルフをしている気分になれるほどですね。

操作感もかなりリアルで、爽快にゴルフができます。

最初はちょっと打ち方のコツが分からず苦労しますが、慣れると細かな調整ができて、かなりはまってしまいますよ。

オンライン対戦モードでは、世界中のプレーヤーと対戦できますので、自分の腕を試すのにぴったりですね。

さらに、自分の好きなようなコースを設計して作れるというモードもあります。

理想とするコースを自分なりに作って、めいっぱい楽しみたいものです。

自分で作ったコースに他のプレーヤーを招待したり、他プレーヤーが作ったコースに行ったりできるのも楽しい機能ですね。

4位 NBA 2K Playgrounds 2

推奨スペック

OS Windows 7 64-bit, Windows 8.1 64-bit or Windows 10 64-bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel Core i5-4690 3.50 Ghz or better
メモリ 8 GB RAM
グラフィック GeForce GTX 670, similar or better DirectX: Version 11
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,348

NBAを舞台としたバスケのパソコン版ゲームです。

ちょっとコミカルにプレーヤーのキャラクターが作られていますが、その操作感はかなりプロ仕様で、動きを複雑にコントロールできますよ。

2ON2の試合がメインとなっていて、ストリートでの試合の様子がとても楽しいですね。

いろいろなシチュエーションで試合ができるので、毎回違う雰囲気の中でバスケができます。

ダンクを決める時に、派手なアクションが出るなど、シュートを決めた時の「やった感」がかなり高いのがうれしいですね。

いろいろなコンボで技を繰り出すこともできるので、腕を上達させて最も強くなろうというモチベーションを持てるゲームですね。

実在のNBA選手が300人以上ゲームの中に登場してくるので、特にNBA好きの人におすすめですね。

オンラインマッチで世界中のプレーヤーと試合をしてみよう!

3位 STEEP

推奨スペック

OS Windows 7 SP1 or Windows 8.1 or Windows 10(64 bit versions)
CPU Intel Core i7 3770K at 3.5 Ghz or AMD FX-8350 at 4.0 Ghz
メモリ 8 GB RAM
グラフィック GeForce GTX 970 or Radeon R9 390
その他 ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,888

エクストリームスポーツのパッケージです。

スキー、スノーボード、パラグライダー、ウィングスーツを楽しめますよ。

アメリカの広大な自然をほぼ実写で用いているので、リアル感が半端ありません。

本当に山の上を飛んだり、雪山の奥深くまで入っていく感覚を味わえますよ。

自分で山の中にルートを見つけて滑降するなど、自由度の高い遊び方ができるようになっているので、飽きることなくずっと遊んでいられますね。

実際には怖くてできないという、ハードなエクストリームスポーツもゲームの中なら、リアルに満喫できますので、このゲームはやる価値がありますね。

いろいろなトリックを保存しておくことができますので、かっこよく決めることができた技を公開して、SNSにアップするなどの楽しみ方もあります。

部屋の中にいながらにして、雄大な自然の中で遊べるというのも魅力ですね。

2位 Trials Fusion

推奨スペック

OS Windows Vista SP2, Windows 7 SP1, Windows 8 or Windows 8.1
CPU Intel Core i5 2400s @ 2.5 GHz or AMD Phenom II X4 955 @ 3.2 GHz
メモリ 4 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 560 Ti or better / AMD Radeon HD7850 or better
その他 ストレージ:8 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,592

モトクロスをパソコンで楽しめるゲームです。

たくさんのコースが用意されていて、オンラインで実力のあるプレーヤーたちと対戦することができますよ。

バイクのタイプやカスタムによって、かなり走り方もパワーも変わってきますので、その組み合わせを考えるのも楽しいひと時ですね。

また、トリックの種類も豊富で、技の出しがいがあります。

少しずつコンボを覚えていって、レースに勝てる実力を身に着けていきましょう。

このゲームでは、単なるモトクロスレースというだけでなく、仮想世界に入って、そこを舞台にレースをするという設定もなされています。

独特の世界観を持つシチュエーションのグラフィックスを楽しめますよ。

ちょっと普通とは異なる感覚の操作感を味わえるのも、このタイトルならではの醍醐味で、慣れるとはまってしまいますね。

1位 Winning Post 8 2018

推奨スペック

OS Windows® 7, Windows® 8.1, Windows® 10
CPU Multi-core
メモリ 2 GB RAM
グラフィック VRAM 512MB over, 1280×720 pixel over
その他 ストレージ:8 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 8,424

競走馬育成シミュレーションゲームの王道と言えるタイトルですね。

現役の競走馬や騎手がたくさん出てきて、競馬ファンにはたまらない設定となっていますね。

競走馬の飼育や調教の様子もかなり研究されて作られているのが分かりますね。

細かいところまで忠実に再現されているので、マニアも満足できるレベルとなっていますよ。

なによりも、レースのリアル感が最高で、自分の育てた馬が疾走していく様子は興奮してしまうこと間違いなしですね。

昔懐かしい名馬から最新の情報を使った馬まで、自分の好きな馬を選ぶことができますので、理想の競走馬を目指してゲームできますよ。

自分の育てた馬が、勝った時の高揚感はたまらないものがあります!

本当にうれしいものですね。

まとめ

今回はパソコンゲーマーがおすすめするスポーツゲームを紹介しました。

スポーツゲームは中でもカーレース、バイクレース、ロードバイク、野球、サッカー、競馬、バスケ、スノボなど様々なゲームが出ています。

実際にはやったことがないスポーツでもお手軽にプレイ出来ます。

どのゲームでもいえることですが、沢山練習して優勝した時の気分はとても良いものです。

中にはオンラインの対人と競争するゲームもあったりして、対人戦になると、負けたくないためどうしても熱くなってしまうこともあります。

画面の向こうには自分と同じようにプレイしている人がいることを頭にいれ、暴言などに注意してスポーツマンシップにのっとり正々堂々と戦いましょう!

管理人ジャンル別ゲームランキング

管理人の独断と偏見でおすすめのゲームをジャンル別にランキング形式で紹介しています。

中々ジャンル分けし辛いもの、アクションなのか、ロールプレイングなのか、FPSモードとTPSモード両方備えている物だったり・・・と色々あるのですが、管理人が思うなのでご注意を!

ぜひ参考にしてみてください。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!