【2019年最新版】おすすめゲーミングPCランキング!

第六回目パソコンコラム『SSD』ってなに?HDDとの違いを徹底解説!

どうも、なす(@nasu66com)です。

今回は前回のHDDの続きと言っても良いかもしれません。

なす

いってみましょう!

パソコンのSSDとは?

SSD(ソリッドステートドライブ)は前回のコラムで解説したHDDと同じパソコンのデータを保存するパーツです。

データを保存するパーツなのでパソコンの性能には大きく関わらないと前回のコラムで言いましたが、SSDの場合はパソコンの性能にも大きく関わってきます。

SSDのメリットは?

SSDのメリットはいくつかありますが

なす

やはり一番は「とにかく早い」です!

使ったことがない人は「なくても別にいいでしょ」と言いますが、

いやいや一度でもSSDの良さを体感した人は口を揃えて「SSDにして良かった!」と口を揃えて言います

OSをSSDにインストールすればPCが高速で起動しますし、日常的に使うブラウザなどもサクサク動いて驚きます。

一番はやはりゲームの速度

ゲームの種類によれば起動が遅いものもありますが、SSDだとかなり早くなります。

なす

マップの読み込みなどのロードもサクサク

オンラインゲームでロードが終わればゲームが始まるようなものだとこの差がプレイに影響してきます。

ただ、ゲームの種類によればそんなに変わらないものもあります。

2Dのゲームなど元々HDDでも読み込みが早いゲームなら速度の変化をあまり体感できないかもしれません。

他にもメリットはあるの?

まだまだあります!

なす

例えば「寿命」です

SSDの寿命は10年以上と言われていて、永久保証を付けているSSDなんてものもあります。

他にもHDDのように磁気ヘッドの回転がないため作動音がないです。

消費電力も少なく、HDDと違いほとんど発熱しません。

そのためノートパソコンでも近年は使用されています。

さらに駆動部分がないため、衝撃や振動にも強いです。

これだけのメリットがあるにもかかわらずなんと重量はHDDよりも軽いのです!

ここまでSSDのメリットを並べてきて「SSDでもう良いじゃん」と思うかもしれませんが、もちろんSSDにもデメリットは存在します。

SSDのデメリットは?

ずばり言っておきます!

  • 容量
  • 価格

この2点です。まぁこれが大きなデメリットでもあります。

今の所8TB以上のSSDは一般向けとして販売されていません。

普通に使う分にはそんなにいらないので大きなデメリットとは言えませんね。

なす

最大のデメリットは価格です。

SSDはHDDの2倍~3倍ほどの値段がします。

SSDはHDD1TBだと1万5千円ほどしますが、HDDだと5千円ほどで買えてしまいます。

HDDの4TBでも1万円なのでSSDはかなり高価だということが分かります。

もう少し技術が進歩し価格が安くなればSSDがHDDを完全に上回ることになります。

SSDとHDDどっちが良いの?

どっちかと言わず、どっちも搭載しちゃいましょう!

  1. SSDにはよく使うゲームやソフト
  2. OSをインストール
  3. たまにしか使わないデータは全部HDDに入れる

↑がおすすめです。

なので、容量は256GB以上がいいでしょう。

  • HDD+SSD!

両方を搭載するハイブリッド型が最強だと思います。

なす

事実、カスタマイズ人気ランキングの1位はSSD追加なのです!

まとめ:HDDとSSDを併用して使おう!

SSD単体だとどうしても高額になってしまうので、HDDとSSDを使い分けるのがおすすめです。

なす

ゲーミングPC購入の際OSはSSDに入れてもらいましょう。

人気作品であるPUBGやBFなどはかなりの容量を使うので最低でも256GB以上が必要です。

500GBのものを買っておけば様々なゲームを入れることができ、ゲーム以外にも使えるので検討してみてください。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!