【2018年最新版】おすすめゲーミングPCランキング!

【2018年最新版】Steamで約1,000本ゲームを買った管理人おススメPCゲーム

どうも毎日Steamセールで何かしらゲームを買っているなす(@nasu66com)です。

みなさんこうは思ったことありませんか?

  • Steam登録したのにゲームが多すぎて何買えばいいのかわからない(´・ω・`)
  • Steamセール品多いよ・・・(´・ω・`)

お任せください。

もうすぐSteamで買ったゲーム1000本を行くだろう私がおススメする、これだけは押さえておきたいゲームをぜひ紹介しましょう。

ジャンル別に書いていく予定です。不定期ごめん!

  • 注意:ゲームの説明に公式ページやストアページから引用している部分もあります。
  • 注意:紹介中に出てくるプレイ画像は、ほぼ管理人のゲーム画面です。ネタバレになっている部分もあります。ご了承下さい。

Steamで遊ぶパソコンはここで見つけよう!素晴らしいパソコンゲーム生活を!!

アクションゲーム

モンスターハンター:ワールド

モンスターハンター:ワールド Steamストアページはこちら

モンスターハンター:ワールド 公式ページはこちら

モンスターハンターとは2004年に家庭用ゲームで第1作を発売して以降、モンハン現象と呼ばれる社会現象を巻き起こした、巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。(以下公式引用)

  • プレイヤーはハンターとなって、さまざまな環境に生息するモンスターを狩猟する、クエストを受注します。
  • モンスターを狩猟して手に入る素材を用いて、より強い武器や防具を作り、さらに強力なモンスターに挑むのです。
  • シリーズ最新作となる『モンスターハンター:ワールド』では、新たに構築された多種多様な地形や生態系が息づく世界で、究極の狩猟生活が体験できます。

通常販売価格¥ 5,990

今のところ20%OFFを確認しました。

 

Steamユーザーの皆さんお待たせしました。ついにSteamでもモンハンが出来る時代です。

モンスターハンターのパソコン版といえばモンスターハンターフロンティア公式ページはこちら)ですよね。こちらは私もアクラヴァシムあたりから5年ほどやってました。

11年も続いてなお進化しつづけているようです。新武器種も実装されましたし、モンスターもどんどん追加されています。

月額1400円~かかりますが、がっつりやりたい人はこちらもオススメです。

 

話を戻してモンスターハンター:ワールドの特徴として

  • オープンワールドにより、マップがとても広く、マップの切り替えがない。(拠点などに戻るときにはロード時間があります。)
  • 大型モンスターが複数そのマップに存在するので、依頼対象以外のモンスターとも遭う。中には3匹まとめて戦ったりすることも
  • まぁとにかくスタイリッシュ(大剣の溜め斬り3しか知らない人はなんじゃこれ状態)

最近流行のオープンワールドということでこちらはモンスターハンター:ワールドにでてくる古代樹の森という場所のマップです。

見てお分かりかと思いますがまぁとにかく広い。広い。

上から下まで歩くとどんだけかかることやら・・・。

私の総プレイ時間は300時間を超えましたが、武器防具作成強化など終わりのおの字もみえてきません。長く遊ぶのに最適!!

フロンティアに比べると、武器防具作成強化素材はかなり少ないので作り易く感じます。

ここで注意点があります。

  • PlayStation版の人とは一緒にできないこと。
  • PlayStation版で実装されているモンスターが実装されていないこと。

PlayStation版で実装されているモンスターが実装されていないことに関しては(2018年10月現在)

  • ナナテスカトリ
  • マム・タロト(2018年11/2より特別調査【マム・タロト】が追加されました)
  • ベヒーモス

が実装されていません。

11/2追記 特別調査【マム・タロト】が追加されました

これまでの大型イベントスケジュールをみるに

  • 9月イビルジョー実装
  • 10月アステラ祭【豊穣の宴】
  • 11月マム・タロト実装

となっているのでベヒーモス来年じゃねーの・・・(´・ω・`)
まぁ気長に待ちましょう。

当初の問題点として回線が安定しないことがあり、せっかくパーティーになれてもすぐ回線切れパーティーから落ちてしまうことも多々ありましたが、今はとても安定して友達とも遊ぶことが出来ます。

アクションゲームが好きでモンハンやったことない人にもおススメの一品です。

Overcooked! 2

Overcooked! 2 Steamストアページはこちら

Overcooked! 2 海外公式ページはこちら

トレーラー

Overcooked!2は料理を作って納品するというシンプルなアクションゲームです。

言わずもがな、本田翼さんがYouTubeで実況配信していたゲームです。

通常販売価格¥2,570

  • Overcookedが新しいはちゃめちゃなクッキングアクションと一緒に戻ってきました!オニオン王国に戻ってシェフを集めてチームを結成しよう。
  • 最大4人でくつろぎながら協力プレイが楽しめます。

ゲーム内容はとても簡単。

画面左上にお題が出されるので、時間制限内お題通りに料理を作って納品するだけです。

ただ、その料理の作り方がとても特徴的で

包丁で切ったり

フライパンで焼いたり

お鍋で煮たり

油で揚げたり

オーブンで焼いたり

切ったものをパンで挟んだり

海苔と具材でお寿司にしたり

・・・とまぁ様々なアクションを使って料理を作ります。

ストーリーを進んでいくごとにやることが増え、どんどん難しくなっていきます。

決められた時間が経過すると終了し、納品した数によってポイントが付き、ポイントによって1~3(4)つまでの星を獲得し、その星を集めることで次のストーリーへ進むことが出来ます。

間違えたものを納品すると減点となり、ある程度いい成績でないと先に進むことが出来ません。

最初は包丁で切って皿に並べるだけだったのが、フライパンでお肉を焼いて、パンで挟んだハンバーガーを作ったり、と要求されることが多くなります。

しかも、同じものを作ればいいだけではなく、ハンバーガーでもチーズを足してチーズバーガーにしたり、レタスを挟んでBLTサンドにしたりと違うパターンのものも要求されるので、中々難しいです。

当然フライパンを火にかけるので、やりすぎるとこげてしまい、出火という始末。

出火すると消火器で火を消さないとどんどん広がって料理どころの話ではありません。

しまいには出したお皿も自分で洗わないと、納品すらできなくなるわけです。

如何に焦がさず効率よく、料理を作り納品するか、それを友達とわいわいしながら出来るのですよ!

あ・・・一人でプレイするのは止めたほうが良いかも。一人だと全部を一人でこなさないといけないので非常につらい・・・。

1作目では出来なかったオンラインプレイが出来るようになったので、ぜひ離れた友達とも同じ内容をプレイすることをおすすめします。

ストーリーはそれほど長くなく私は友達と10時間ほどで終わりましたが、全て最高得点を取ろうとするとかなり上手くプレイしないと取れないので、やり込みも十分だと思います。

まぁ何が言いたいかっていうとカップルでこれやっていちゃいちゃどーすかってことっす。

盛り上がること間違いなし!

ただしゲーム起動時の音にはご注意を!(でかすぎる・・・)

ロールプレイングゲーム

DragonFangZ – The Rose & Dungeon of Time

DragonFangZ – The Rose & Dungeon of Time Steamストアページはこちら

DragonFangZ – The Rose & Dungeon of Time 公式ページはこちら

トレーラー

  • 竜と人間のハーフである竜人ロゼと、里親である妖精さんはある日、時の宿り木と呼ばれる異世界に迷い込んでしまいます。
    時の宿り木の最奥には、大きな力を持った秘宝があると言います。その秘宝の力で家に帰るべく、二人は宿り木のダンジョンへと挑むことを決意しました。
  • ダンジョンでやられてしまうと、ロゼのレベルや所持アイテムはリセットされてしまいます。また、宿り木のダンジョンは挑戦するたびに姿を変え、同じ冒険には二度と巡り逢えません。プレイヤー自身の成長と、一歩を踏み出す勇気が、ダンジョン攻略の鍵となることでしょう。
  • 一つの選択、一つの勝利ゲームは「ターン制」で進行します。ロゼが1回行動すれば、モンスターも1回行動します。プレイヤーには、次に何を行うべきかを考える時間があります。知恵と勇気が、きっとあなたに「小さな勝利」を、そして最後には「大きな勝利」をもたらすはずです。

通常販売価格¥ 2,570

可愛く見せておいて、かなり難易度の高いローグライクゲームです。

ローグライクときいて、トルネコの大冒険や風来のシレン、チョコボの不思議なダンジョンを思った方、まさにそれです。

  • ローグライクゲームとはプレイヤーがダンジョンに入り、モンスターを倒してレベルを上げ、武器や防具はダンジョン内で手に入れるものを使い、マップにある階段を降り出口を目指します。死んでしまうと手に入れたアイテムやレベルは全損、ダンジョンにまた1から入り直し、そのダンジョンはランダムで生成されるためマッピングする意味はなし!トルネコの大冒険は1000回遊べるロールプレイングゲームと言われました。

ローグライクゲームの特徴そのままのゲームです。

入る度にマップが変わり(↓同じダンジョンの1階です。)、

モンスターを倒してレベルを上げ、

体一つでダンジョンに入り、

基本アイテム(武器、盾、回復アイテムなど)はそのダンジョンで手に入れたものを使います。

途中でモンスターにやられたら全てパアです。入りなおすとレベルは1から、何も持っていない状態から始まります。

多数の罠もあり、

(今回はマップ内ランダムに飛ばされる罠でした。)

モンスターだらけのモンスターハウスもあり、

左の歯車は『竜の時』と呼ばれるもので、この竜の時が0になってしまうとダメージを受けるようになってしまいます。(トルネコの腹減りみたいなもんです。)これを回復するには次の階へ行くか、アイテムで回復することができます。

この辺は今までのローグライクゲームとさほど変わりません。

DragonFangZ – The Rose & Dungeon of Timeの特徴として

  1. ファングシステム
  2. ブレイブシステム
  3. ミニパズルダンジョンなどやり込み要素あり

1.ファングシステム

倒したモンスターから牙「ファング」というアイテムを手に入れ装備すると

そのモンスターの能力を使うことができます。

2.ブレイブシステム

プレイヤーは周囲8マスに障害物が無い状態で戦う事でパワーアップします。(↓この魔法陣が出ている状態)

これまでローグライクというと通路に入って1匹ずつ倒すというのが定番でしたが、このゲームは大広間で囲まれて戦ったほうが強いという・・・。

この二つがかなり重要になってきます。

3.やり込み要素

頭を使って謎解きをするミニパズルダンジョン

手に入れたアイテムやレベルでスコアが決まるスコアアタック

様々なことを行い解除していく実績システム

などなど、やり込み要素も豊富です。

ぜひローグライクゲームが好きな人にはプレイしてほしい1本となっています!

END OF ETERNITY

END OF ETERNITY Steamストアページはこちら

END OF ETERNITY 公式ページはこちら

トレーラー

「END OF ETERNITY」とはセガより発売されたロールプレイングゲームです。

2010年にPlayStation 3とXBOX360で発売された「END OF ETERNITY」が4K/HD EDITIONとなってリマスターされました。
4K対応環境でプレイすることで、より壮大な解像度で運命を巡る物語を体験できます。(以下公式引用)

  • 遠い未来、汚染され荒廃した地球で滅びの危機を迎えていた人類は、巨大環境維持装置「バーゼル」を作り、生死の循環を機械にゆだねた。
  • 常に動き続ける機械、人々を導く支配者階級、そして傭兵として生きる主人公たち。
  • 幾つもの運命が交差する物語が今、幕を開ける。

通常販売価格¥3,996

今のところ10%OFFを確認しました。

8年前のゲームとは思えないほど、ストーリー、戦闘、キャラがどれも素晴らしい。

とにかく出てくるキャラがかわいい、かっこいい、どのキャラもとても個性的。

特にプレイヤーが操作する3人のうちの1人リーンベルがめちゃくちゃかわいい。

やったことある人なら分かると思いますが、戦闘中のあの動画のシーンをyoutubeで探したりしますよね。
何の動画かは言いませんが・・・。

「END OF ETERNITY」の特徴として

  1. 衣装を購入したり、宝箱から手に入れることでキャラクターの衣装を変更出来る。(ムービー中や戦闘に自分の選んだ服装でストーリーが進みます。)
  2. フィールドマップをパズルのように埋めていく楽しみがある。
  3. 銃撃戦闘が今までにない感じでコツは要るけど楽しい。(かなり考えないと詰む、まじ詰む一番簡単な難易度でも詰む)
  4. ストーリーの内容がかなりシリアスなのに、その中にあるギャグ場面が緩急あってとても面白い
  5. とにかくやり込み要素が強い

1.管理人のゲーム画像ですが、まだ序盤で衣装が全くありませんが、ブーツやベルト等様々なパーツの部分を自分で手に入れて自由に選ぶことが出来ます。

カラコンや髪の毛の色等含めて好みの衣装に変えてプレイすることも可能です。これだけで時間がつぶれそう・・・。

 

2.パズルのような感覚で戦闘や宝箱から手に入ったピースを埋めてワールドマップを作っていきます。

 

このピースで埋めたところでないと移動できません。

3.とにかく戦闘が面白い。

きちんと考えないと雑魚ですら詰む。そのためのリトライ機能もあるので、失敗しても問題ありませんが。(その時にはゲーム内通貨が必要です。)

そして、これがまた面白いのが、戦闘を勝つために持っている武器をこれまた自由にカスタマイズすることが出来ます。

手に入れたアイテムを合成して新たにパーツを作り、武器につけてどんどん強くする。これもやり込みの一つになりそうです。

4.5.周回するたびに難易度を上げることができ、最終10段階まで敵を強くすることが出来クリア後の隠しダンジョン等やり込みも十分です。

また何回もプレイすることで、ムービー等1周目には気づかなかったことが、ああそういうことかと言った発見もあるように作られているみたいです。

8年まえにプレイした時には全然周回してなかったので、今回はやってみようと思います。

注意点として

  • 決定とキャンセルが所謂海外仕様(逆)なので、コンフィグで決定とキャンセルを変えておくと、いらいらせず普段のプレイ通り出来るかと思います。
  • オートセーブではないので、セーブはこまめに・・・。何時間も前に戻された私が言うのもなんですが・・・。

周回した記事なんかも書けたらいいなって思います。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

FINAL FANTASYシリーズはスクウェア(現スクウェア・エニックス)によって発売されているロールプレイングゲームです。

今回紹介するFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONはそのナンバリング15作目となっています。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONでは

  • PlayStation 4版として発売された「FINAL FANTASY XV」ゲーム本編(8,800円+税)
  • 追加の「FFXV ロイヤルパック」(2,000円+税)
  • ダウンロードコンテンツとして出た「FFXV シーズンパス」(2500円+税)

上記全て入っているオールインワンとなっています。かなりお買い得です。

  • 物語の主人公になろう。究極のファンタジーアドベンチャーがWindows PCでプレイ可能に。
  • 仲間と共に車に乗り込み、大迫力のオープンワールドを駆ける人生の旅に出よう。息をのむ風景との出会いや、桁外れのモンスターとの戦いが待っている。想像を絶する敵の手から、愛する祖国を取り戻そう。
  • アクション満載のバトルシステムで、祖先から受け継いだ力を使い、スリリングな戦闘シーンで自在にワープ。仲間と一緒に武器や魔法、チームベースの攻撃スキルを身に付けよう。
  • 高解像度ディスプレイとHDR10への対応を含む、Windows PC向けの最新テクノロジーにより、細部までこだわった美しい「FINAL FANTASY XV」の世界が実現され、これまでにない体験をすることができる。

通常販売価格¥ 8,424

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ストアページはこちら

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION 公式ページはこちら

言わずもがな国民的ロールプレイングゲームのナンバリング15作目です。

期待の高さからか賛否両論あるゲームですが、私は映像の綺麗さ、FINAL FANTASYらしいスタイリッシュさなどおススメできるゲームです。

私は200時間程度やっております。

周回プレイをしており今は1周で15個しかとれないアイテムを99個とるまで頑張っています。まぁ自己満ですかね。

↓この画面にするのにどれだけきついか、まぁ分かる方は分かると思います!

 

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONの特徴

  1. BGMが素晴らしい、とにかく世界が広いオープンワールド
  2. 釣り、キャンプで料理、写真撮影、ピンボール等やり込みミニゲームが多い

1.今作は今流行りのオープンワールドを採用しており、綺麗な世界を本当に旅している気になります。

基本男4人旅で移動は歩きだったり、

車だったり

仲間が勝手に目的地まで運転もしてくれるので楽ちんです。(自分でも運転することができます。)

お馴染みのチョコボもあり

今回飛空艇というものは少しだけかなー?あることをすると、空を飛べるようになります。

マップが広いと目的の場所まで行くのも大変です。そんな時は一度行ったことのある場所へはファストトラベル機能で一瞬で向かうことができます。

なので、マップが広くても不便に感じたことはなかったです。

BGMは植松伸夫氏ではありませんが、ライブ・ア・ライブ、キングダム ハーツの音楽を手掛けている下村陽子さんです。

めちゃくちゃいいっす。と言いながら、まだサントラは入手していませんが、そのうち買う予定です。

フィールドを移動していると敵が自由に歩いています。

近づくと戦闘がシームレスに始まり

この戦闘がアクション要素があってとてもおもしろく、仲間キャラが勝手に連携を取ってくれます。

仲間が何かあるとセリフを言ってくれるので、このセリフを聞くだけでも楽しいかも!

昼夜の設定があり、夜にはシガイという強い目のモンスターが登場することもあります。

またサボテンダーやアダマンタイマイ、またオメガなど昔ながらのモンスターも多数登場してファンには嬉しいですね。

戦闘ではラムウやタイタンやリヴァイアサンなどお馴染みの召喚獣もあり、これがまた綺麗で大迫力であります!

2.ミニゲームが沢山あり、やり込み要素がすごい!

  • 釣り

(当然コンプしております、何度コントローラーをたたきつけようと思ったか・・・)

  • キャンプで料理

 

(当然コンプ、以下略)

  • ピンボール(当然、以下略)

  • 写真撮影

  • 車の改造

などなどほんとに旅をしている感じになれます。

また、100階ダンジョンや戦闘なしの謎解きダンジョンなどもありやり込み抜群です。

ネックと言えば

  • オープンワールドのせいかロード時間がとにかく長い・・・
  • ヒロインが出なさ過ぎてめちゃくちゃかわいいのにもったいない・・・

個人的に思うのはこのくらいでしょうか。

まさにはじめてFINAL FANTASYをプレイする方と、すべてのファンの為にというセリフが合う

映像が綺麗でおススメのロールプレイングゲームです!

二ノ国II レヴァナントキングダム

主人公が様々な困難に立ち向かい成長していく、おとぎ話みたいな王道ロールプレイングゲームです。

2ですが、前作を知らずとも遊べます。私も前作はやっていませんでした。だいたい220時間ほどプレイした感想。

  • 陰謀により、国を追われた幼き王「エバン」。大切な存在との別れを経て、エバンは自らの王国を作る事を決意する。これは、少年が偉大な王となり、巨悪を討つまでを記した物語である。
  • レベルファイブ×百瀬義行氏×久石譲氏が再結集!百瀬義行氏による魅力的なキャラクター、久石譲氏による重厚で感動的な音楽を携え、レベルファイブが新たな物語を紡ぎます。

通常販売価格¥ 8,640

二ノ国II レヴァナントキングダム ストアページはこちら

二ノ国II レヴァナントキングダム 公式ページはこちら

トレーラー

二ノ国II レヴァナントキングダムの特徴として

  1. まず第一にジブリゲーと言っても過言ではない
  2. ミニゲームが沢山
  3. 実はかなりのやり込みハクスラ系

1.ジブリゲーと言われる所以はキャラクターデザインはジブリに所属し「もののけ姫」などを手掛けた百瀬義行氏アニメーション作画をスタジオジブリが手掛け、音楽はジブリの音楽も手掛ける久石譲氏(一番好きな今作の音楽は水の都です)と

まさにジブリジブリジブリ。

個人的にはここが千と千尋の神隠しみたいで好きです。キャラや建物などまさにジブリの映画をみているように綺麗です。

 

2.ミニゲームが盛りだくさん!

  • キングダムモード

自分で国を作っちゃいましょう的なモードです。

武器工房や仕立工房など様々な施設を自分で建設、

各町から人材を確保し

得意なところに配置します。まさに人事担当!

施設で研究することで、強い武器を作ったり、その武器を作るための素材を手に入れたりする事が出来ます。

繰返し国を大きくしていきます。

  • 進軍バトル

これはまさに陣取りゲームです。

自分で4つの部隊を編成し、ぐるぐるまわしながら敵を倒していきます。

ジャンケン要素があり相手より有利な軍を使って倒していきましょう。

これまた、味方のキャラも敵のキャラもかわいい!

  • リーフブック

まさに今の時代と言えるSNS機能です。

どれもかなりのやり込み要素となっています。

3.実はかなりのハクスラ系ですのよ。

戦闘は簡単なアクション要素があり、きちんと戦っている感じがあります。

敵もかなりかわいい!!!

難易度変更により苦手な人でも大丈夫!ノーマルからエキスパートまで自由に変更することができます。(ある場所除く)

強くすると、敵がレアアイテムを落としやすくなるので、慣れたら難易度を上げるといいかもしれません。

  • ハクスラ系(ハックアンドスラッシュ)とはモンスターを倒して、強い武器を手に入れキャラを強化し、またさらに強いモンスターを倒して・・・~を繰り返すロールプレイングゲームのことです。

かわいくみえて、実は二ノ国もこのハクスラ系でしょう。

夢幻迷宮というダンジョンがあり、かなりの強力な敵と強力な武器が手に入ります。

これだけやっても最強武器を手に入れてないので、相当にやり込むことができるでしょう。

個人的にはこれまでやってきたどのゲームより、痒いところに手が届く(テレポート機能など)ゲームシステムだと思いました。

ジブリ好きにはもちろんかなりおススメです!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!