ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年12月最新版】

ストリーマーになるには?実際に配信方法と収益について【第33回目コラム】

どうもなす(@nasu66com)です。

前回ストリーマーに必要なことを説明しました。

それを踏まえて、実際に配信方法を紹介したいと思います。

パソコン以外の方もいらっしゃるかと思います。

PS4、スマホそれぞれやり方を説明しているので参考にしてみてください。

その後は収益について突っ込んで説明しています。

興味ある方はぜひストリーマーに!!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

Twitchでストリーマーデビューするためには

前回までの準備できれば、実際にTwitch上でストリーマーとしてデビューできるようになりますね。

まずは登録情報に基づき、Twitchにログインしましょう。

Twitchでの配信手順

「アカウントを接続」というボタンが出てくると思いますので、こちらをクリックしましょう。

こうすることでTwitchとOBSを連携させることができます。

この後Twitchのアカウントページにジャンプします。

右上にアイコンマークが出てきますから、こちらからダッシュボードにアクセスします。

すると配信情報というウィンドウが出てくるので、基本情報をこちらに入力しましょう。

入力すべきは配信タイトルやゲームカテゴリなどですね。

そんなに項目はないですから、手続きに手間取ることはないでしょうね。

すべて入力し終わったら「情報をアップデートする」というところをクリックすれば、作業は完了です。

あとはOBSの配信開始ボタンを押すだけですね。

これだけでネット上に皆さんの映像を配信できます。

そんなに専門知識なども必要ないので、初心者の方でも手間取ることなく手軽に始められますね。

PS4オンリーは「SHARE」ボタン

中にはPS4オンリーでTwitchに配信したいと思っている人もいるでしょう。

その場合には「SHARE」ボタンがあります。

こちらをクリックします。

すると「ゲームプレイをブロードキャスト」というボタンが現れますので、こちらをクリックします。

いくつか配信サイトの選択肢が出てくるので、Twitchを選択します。

そしてTwitchで取得したアカウントを登録すると、両者を連携させられます。

そのほかにも配信タイトルやマイク、コメントなどの設定画面が出てきますので必要箇所を入力します。

ここまでの手続きが完了したら「ブロードキャストを始める」というメニューを選択します。

すると右上のところに「ON AIR」という表示が出てきます。

これで配信が始まったことを意味し、Liveスタートしているわけですね。

マイクについては、基本的にどれでも音声を配信できます。

直接PS4に接続できるようなUSBモデルでもステレオミニモデルといって、コントローラーに接続するタイプでも音声は入っていますね。

使いやすい方を選べばいいですね。

スマホの場合は公式アプリをインストール

スマホゲームをライブ配信したいと思っているのなら、まずは公式アプリをインストールします。

そしてログインしてマイページにアクセスできたところで、「ライブ配信する」というメニューが出てくるはずなのでこちらをクリックします。

続いて設定画面になりますので、まずはマイクとカメラの許可をします。

注意事項が出てくるので、こちらを一通り読んで確認しましょう。

ここまで完了したら、タイトルやカテゴリなどの初期設定を行います。

「配信開始」というボタンが出てくるはずなので、すべて必要事項を記入したらクリックします。

これで配信開始になるはずです。

これはAndroidでもiPhoneでも、基本的な手続きの流れは一緒ですね。

ただしこれでは映像の配信ができませんね。

雑談配信を行いたいと思っている人なら、これでも問題ありません。

パソコンに取り込んだうえで配信する場合キャプチャーボードを

ゲーム画面も配信したいと思っているのなら、スマホの画面をパソコンに取り込んだうえで配信する形になりますね。

この場合には、配信機材が別途で必要になります。

費用もそれなりにかさむことは理解しておいた方がいいですね。

このスタイルでゲーム配信をする場合には、スマホオンリーで行うのは正直言ってあまりお勧めできませんね。

いったんパソコンでミラーリングなどをして配信したほうがいいですね。

パソコンを介してゲーム配信をする場合には、スマホやPS4などのゲーム機とパソコンの間に先ほど紹介したキャプチャボードを挟まないといけませんね。

ただしスマホの場合、Wi-Fiで同じ回線にてパソコンと接続できている場合、先ほど触れたミラーリング機能を使うことでパソコン上にスマホの画面を映し出せます。

ストリーマーで稼ぐ!Twitchで収益を上げる方法を紹介

ストリーマーとしてTwitchでゲーム配信を行って、収益をあげたいですよね。

そのためには収益化の方法について理解する必要がありますね。

収益化するためには

  • Twitchアフィリエイト
  • Twitchパートナー

のいずれかの資格がなければなりません。

いずれも資格取得するためには、いくつか条件があるのであらかじめ理解しておきましょうね。

Twitchアフィリエイトプログラム

Twitchアフィリエイトプログラムの場合、4つの条件をクリアしなければなりません。

  1. 1か月で8時間以上配信する
  2. フォロワー50人超え
  3. 配信の視聴者平均3人以上
  4. 1か月で7日以上の配信を行う

の4つの条件です。

Twitchパートナー

Twitchパートナーは、アフィリエイトプログラムの上位プログラムといわれています。

このためサービス優遇が受けられ、効率的に収益化を図れます。

ただし優遇を受ける分、クリアするための条件がさらに厳しくなりますね。

Twitchパートナーとして認められるためには、3つの条件をクリアする必要があります。

  1. 過去30日間にわたり25時間以上の配信を行う
  2. 12日以上配信する
  3. 平均で75人以上の同時視聴者数を獲得する

という3つの条件です。

ストリーマーで収益を確保するためには、アフィリエイトもしくはパートナーの条件を満たさないといけませんね。

収益を具体的に受け取る方法

収益を具体的に受け取る方法はTwitchの場合、3つの方法が考えられます。

  1. サブスクリプション
  2. 投げ銭
  3. ゲーム内のアイテムを売買する

この方法のいずれかです。

サブスクリプション

サブスクリプションとは簡単に言うと、スポンサー獲得のことですね。

自分の番組に有料登録してもらう方法です。

そうすると、収益をストリーマーはゲットできますね。

サブスクリプションには3つのコースが用意されています。

日本円にすると

  • 500円
  • 1000円
  • 2500円

の3つのコースですね。

もし皆さんの番組を気に入ってもらって、スポンサーになってもらえれば、毎月収益が発生します。

継続的に毎月登録してもらうスポンサーが増えれば、収入的に安定しますね。

投げ銭

2つ目の方法が投げ銭ですね。

投げ銭については、ほかの動画配信サービスでもしばしば見られる方法ですね。

Twitchではこの投げ銭のことを「ビッツ」と言います。

視聴者がビッツを購入した場合、アニメ付きのコメントが配信者の方に贈られます。

ちなみに視聴者がビッツを購入した場合、そのうちの3割はTwitchの方の収入になります。

配信者は残りの7割を受け取る形になります。

人気のチャンネルになると、1週間でビッツだけでも10万円以上収入を得ている人もいるほどです。

ゲーム内アイテムを売買する

最後の方法はゲーム内アイテムを売買する方法です。

そのほかにはゲームそのものを売買する方法もあります。

実は数あるゲームソフトの中には、Twitchで販売対象にしているものがあります。

これをプレイして配信すると、チャンネル画面の中に広告が表示されます。

もしこちらからゲーム購入があると、販売額の5%が報酬としてストリーマーは受け取れます。

まさにアフィリエイトによる収入と一緒ですね。

対象のゲームをしないとこの収益は手にできません。

ですからうまく自分の好きなゲームにはまればいいですが、そうでないと自由度は低いといえますね。

PayPalでアカウントを作成する必要

Twitchにて稼いだ収益を受け取るためには、PayPalにてアカウントを作成する必要があります。

このPayPalが収益の受け取り窓口になるわけです。

ストリーマーになるためにどのようなパソコンが必要か?

ストリーマーとしてゲーム配信をする場合、ほかのデバイスも活用できますが、レギュラーでコンスタントに配信する場合にはパソコンは必要ですね。

ただしゲーム配信するためのパソコンとなると、それなりのスペックを持った機種が必要になりますね。

ゲーミングパソコンを持っている人ならお分かりでしょうが、通常のモデルでは不十分ですよね。

それなりの高いスペックを持ったモデルでないと、ゲームはできません。

ゲーム+配信となるとハイスペックを要求される

もし配信も行うとなれば、さらにハイスペックのパソコンが要求されますね。

そうなるとどうしてもそれなりに費用の掛かるモデルが必要です。

費用が多少かかるのは致し方ないけれども、できることなら少しでも安いものが欲しいと思っている人もいるでしょうね。

その場合にはIntel Core i5 7500がCPUで、GTX 1060 3GBがGPUのものは少なくても必要ですね。

メモリは多いものを

ここで注意しなければならないのはメモリです。

メモリはRAMという項目でチェックできますね。

これは少なくても16GB以上のモデルを選びましょうね。

中には8GBのモデルもありますが、これでストリーマーとして活動するのははっきり言って無理と思ったほうがいいですね。

ただし多少資金的に余裕のある人であれば、GTX1060 6GBのGTUのモデルを選択しましょう。

先ほどの必要最低限のモデルと比較して、イメージ的には一回り性能がアップした感じになりますね。

Intel Core i7 7700 CPUでGTX1070TiがGPUモデルがおすすめ

もし資金的なことに関しては不安がない、多少お金がかかっても性能重視するのであれば、Intel Core i7 7700のCPUでGTX1070TiがGPUのモデルがおすすめですね。

これくらいの性能を持っていると、コスパはかなり優秀になりますね。

もし性能重視でこれからパソコンを購入する場合には、それなりにお金がかかることは覚悟しておいた方がいいですね。

大体15万円以上するモデルも珍しくありません。

スペックと値段を見比べて、コスパのいいものを購入しましょう。

初心者はそうそういろいろなことができるとは思えないので、それほスペックの高くない安いものでもいいですね。

パソコンのOSはWindowsが良い

パソコンのOSについては結論から言ってしまいますね。

これはWindowsがおすすめです。

Windowsはゲームに対して強い安定性を持っているのがその大きな理由ですね。

またカスタマイズの自由度も高いですから、ゲーム配信をするにあたっておすすめですね。

中には「もうMacを持っているから…」という人もいるでしょうね。

その場合にはわざわざWindowsのOSを購入する必要はないです。

もしこれから配信を始めるにあたってのパソコンを購入したいと思っているなら、Windowsの方がいいですよという意味だと思ってくださいね。

ストリーマーとして活動した場合どのくらい稼げるの?

これからストリーマーとして活動しようと思っている人の中には、実際にどのくらい稼げるのか気になっている人もいるでしょうね。

これははっきり言ってピンキリなところがありますね。

どれくらいの人が皆さんのチャンネルを登録してくれるか、配信の頻度など活動規模によってかなり個人差がありますね。

しかしある程度のファンがついてくれて、チャンネル登録してもらえれば、一般的なサラリーマン以上のお金を稼ぐことも可能です。

日本国内では、驚くほどの収入を得ている人はまだ少ないようですね。

それでも数千万円といった収益を得ている人も一部いますね。

賞金のあるゲーム大会もしばしば開催

ところが世界に目を向けてみると、規模は一気に大きくなります。

ストリーマーやプロゲーマーに対する理解が深く、大きな賞金のかかったゲームの大会もしばしば開催されています。

このため、世界的に人気のストリーマーになると、大きな収入を得られるかもしれません。

例えばNinjaという世界でトップクラスで稼いでいるストリーマーの方がいます。

Ninjaの収入を見てみると、1か月で50万ドル稼いだことがあるといいます。

50万円ということは日本円に換算すると5000万円以上です。

これをたった1か月で稼いでしまうのですから、夢のある職業といえますよね。

プロゲーマーに比べるとスキルは要求されない

ゲーム自体は好きだけれども、腕には自信がないからプロゲーマーにはなれないという人もいるでしょう。

しかしストリーマーの場合、トップレベルのスキルは決して要求されません。

ゲーム実況などコメント力が備わっていれば、人気のストリーマーになる可能性は大いにあります。

ゲームばかりしている日々が続くかもしれませんが、コミュニケーションスキルに自信があって、やっぱりゲームが好きというのであれば、ストリーマーとして今後活躍するのも一つの選択肢ですね。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

価格.comプロダクトアワード価格.comプロダクトアワード

error: Content is protected !!