ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年9月最新版】

ゲーミングパソコンのお供に使えるおすすめタブレットを紹介【価格帯別】

どうもなす(@nasu66com)です。

お気に入りのゲームに出会うと、とにかくはまってしまって、家の外にいる時もゲームのことばっかり考えちゃうってありませんか?

そんな時にあったらいいなあ、って思うのがタブレットですよね。

なす

最近のタブレットはかなり性能も良くなっているので、ちょっとしたオンラインゲームも普通にできちゃいます

さすがにフルスペックのゲーミングパソコンというほどまではいきませんが、外にいる時のちょっとした時間に遊ぶにはぴったりです。

こうしたニーズに合わせて、いろいろなメーカーがゲームのことを強く意識したモデルを出すようになっていますのでうれしい限りですね。

ゲームによっては、自宅のゲーミングパソコンでプレイした続きを、タブレットを使いセーブデータで呼び起こして、外で遊べるものもあります。

こんなゲームならタブレットを持つ意味が十分にありますね。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

ゲーム目的で使うタブレットの特徴と選び方とは?

メーカーでも特にゲーマーをターゲットとしたタブレットを開発していることがあります。

そのような場合は、商品名にゲームに関係するワードを入れていますのですぐに分かりますね。

でも、たとえゲームに特化したものでなくても、ゲーミングタブレットとして使えるものはたくさんあります。

ポイント:CPU

その特徴としては、処理能力が高いということです。

具体的には高性能CPUを使っているということですね。

やはりゲームはグラフィックスの精度が高いですし、動きも速いのでどうしても高い処理能力を持つマシンでないといけないのです。

そのため、CPUの処理速度というのは譲れないスペックとなります。

ポイント:メモリ

同時にメモリ容量が大きいというのもポイントとなりますね。

RAMが小さいとどうしても、動きがぎこちなくなったり、下手するとフリーズしてしまったりすることがあります。

こうしたことから、できるだけメモリ容量が大きいに越したことはないのです。

  • タブレットのメモリは2GB~8GBくらいが主流

商品による違いが結構ありますので、選ぶ際の比較ポイントとすることができますね。

ポイント:画面の大きさ

もう一つのポイントは、画面のサイズと解像度ですね。

ゲームをより楽しむためには、やはりきれいではっきりとした映像が見られることが重要ですので、ぜひとも見たい点ですね。

ポイント:バッテリー容量

そして、バッテリー容量もチェックしておきましょう。

ゲームしている最中にバッテリー切れを起こしてしまっては、なんのためにタブレットを持ち歩いているか分かりません。

一日たっぷりと遊べるくらいのバッテリー容量が欲しいですね。

ポイントを踏まえてタブレットを探そう

こうしたいくつかの点をチェックしながら、おすすめのゲーム用のタブレットを見てみましょう!

高性能タブレットということですが、意外と値段の幅がありますので、価格帯ごとに商品を見て予算に合ったものを見つけることができます。

3万円程度のお手頃価格で結構楽しめるゲーミングタブレット

タブレットの価格帯はかなり広く、数千円で買えるものから10万円を軽く超えるものまであります。

しかし、ある程度の重さのゲームをするということを考えると、安すぎるものでは楽しめません。

ゲーミングタブレットという観点で考えると、やはり最低でも2、3万円程度のものは欲しいところですね。

このくらいであれば、映像が相当細かいものでなければ、普通に遊ぶことができますので、手軽に買えてコスパがいいですね。

おススメメーカー:HUAWEI

HUAWEI「MediaPad M3 lite 10」

ディスプレイ 10.1インチ
CPU Qualcomm MSM8940 4×1.4GHz+4×1.1GHz
メモリ(RAM) 3GB
バッテリー容量 6660mAh
OS Android 7.0 Nougat

その代表とも言えるのが、「HUAWEI MediaPad M3 lite 10」ですね。

お手軽価格で買えるのに、スペックのバランスが良くたいていのゲームもサクサク動かせるのが魅力ですね。

画面は10,1インチとなっていて、解像度も高いので映像も楽しめますよ。

軽さもあって、長時間プレイしても疲れにくいのもポイントですね。

アンドロイド端末が初めてという人でも使いやすく、軽快に動いてくれますのでおすすめ度が高いですね。

おススメメーカー:Lenovo

Lenovo「TAB4 10」

ディスプレイ 10.1インチ
CPU Qualcomm APQ8017 1.4GHzクアッドコア
メモリ(RAM) 2GB
バッテリー容量 7000mAh
OS Android 7.1

さらにコストを下げたいという人におすすめなのが、「Lenovo TAB4 10」です。

2万円ちょっとで買えるお買い得タブレットと言えますね。

クアッドコアCPUを搭載していて、ゲーム使用にも向いています。

さすがに、大容量ゲームだと動きがぎこちなくなってしまいますが、ノーマルなゲームなら問題なく遊べますよ。

10.1インチの画面となっていますので、視認性も良くてゲームのリアル感も増します。

SDカードでストレージアップしてゲームを落としていけますので、いくつもタイトルを入れておき、気分に合わせてゲームできるのもいいですね。

ワンランク上の軽快なプレイができる中価格帯のゲーミングタブレット

お手頃価格のタブレットよりもさらにスペックの良いものを、ということであれば、4万円から8万円程度のタブレットを探してみるのがおすすめです。

このくらいの価格帯の商品であれば、ちょっと重めのタイトルでもサクサクと動いてくれますし、より映像を楽しめるようになりますね。

また、モニターの解像度も高くなってち密な表現を楽しめるようになるというのもメリットですね。

この価格帯になると、ゲームに特化したタブレットも出てきます。

おススメメーカー:Acer

Acer「Predator GT-810」

ディスプレイ 8インチ
CPU インテル Atom x5-Z8700
メモリ(RAM) 2GB
バッテリー容量 4550mAh
OS Android 5.1

たとえば、Acerの「Predator GT-810」があります。

IPS液晶を採用した画面はかなり精度が高くて、はっきりとした映像の動きを楽しめるのが魅力ですね。

特にサウンドがいいというのもこのモデルの特徴ですね。

スピーカーが4つ搭載されていてドルビーシステムを採用しているため、普通のパソコンのような音質で驚かされます。

ゲームに特化しているというだけあって、カメラなどゲームに必要のない機能を削っていて、より快適にゲームができる環境を整えているところに好感が持てますね。

デザインもいかにもゲーミングという感じでクールでかっこいいですね。

おススメメーカー:ASUS

ASUS「ZenPad 3S 10」

ディスプレイ 9.7インチ ワイド
CPU MediaTek MT8176
GPU IMG GX6250
メモリ(RAM) 4 GB
バッテリー容量 5900mAh
OS Android 6.0

ASUSの「ZenPad 3S 10」もゲームに向いているタブレットですね。

もともとASUSはゲーミングパソコンでもいろいろこだわりのモデルを出していますが、タブレットでも使いやすい機種をたくさん出しているのが特徴ですね。

ヘキサコアのCPUを搭載していて、処理能力が高いのがメリットです。

モニターのレスポンスもいいので、操作性に優れているというのはゲーマーとしてうれしいところですね。

しかも、グラフィックに「IMG GX6250」を入れているというのも、ゲーミングとして快適な環境を作り出すポイントとなっています。

メインメモリは4GBあって、余裕のあるスペックで安心してゲームに集中できますよ。

ブラックの渋いスチール感もゲーマーのやる気を高めてくれますね。

おススメメーカー:HUAWEI

HUAWEI「MediaPad M5 Pro」

ディスプレイ 10.8 インチ
CPU Kirin960 オクタコア
メモリ(RAM) 4 GB
バッテリー容量 5100 mAh
OS Android 8.0 Oreo

HUAWEIはいろいろな価格のものを出していますが、この中価格帯のタブレットもコスパがよくておすすめですよ。

たとえば、「MediaPad M5 Pro」は、解像度も処理スペックも高くてゲームを存分に楽しむことができますね。

GPUスペックもアップさせていて、動きのあるゲームでも問題なくプレイできるのが特徴となっていますね。

ストレスなくプレイできる環境がこの価格で手に入れられるというのは、とてもうれしいところで、コスパを大事にする人におすすめですね。

画像処理の能力も高くて、より精度の高いグラフィックを楽しめますよ。

デュアルスピーカー仕様となっていますので、臨場感のあるサウンドを実現してくれます。

おススメメーカー:NVIDIA

NVIDIA「SHIELD TABLET」

ディスプレイ 8 インチ
CPU NVIDIAケプラー NVIDIA Tegra K1プロセッサ
メモリ(RAM) 2 GB
バッテリー容量 4700mAh
OS Android

ゲーマーなら知らない人はいないGPUメーカーであるNVIADIAでも、ゲーミングタブレットを出しているんです。

「SHIELD TABLET」は当然ゲームに特化した作りとなっていて、グラフィックが非常にきれいに映り、動きも滑らかというのがさすがですね。

サクサクとプレイできる感覚は、パソコンのような感じでまさにゲームのためのタブレットという商品です。

オプション製品も結構充実していて、ゲームがしやすいカバーなどがあります。

こうした点も、ゲーマーの心をくすぐりますね。

タブレット業界の中ではマイナーな存在ですが、ゲーミングという分野で見ると、とても魅力的な商品ですので、検討の価値がありますね。

ハイエンドタブレットを手に入れて最高のゲーミング環境を!

8万円オーバーとなると、かなりスペックの高いゲーミングタブレットを手に入れることができるようになります。

一気にCPUの能力が上がりますので、完全にストレスフリーでゲームができますね。

画面のクリアさもかなりアップしますので、外出先でもゲームに没頭できるというのもうれしいところですね。

いろいろなメーカーで能力の高い商品をいろいろと出していますので、じっくりと比較してみましょう。

おススメメーカー:Apple

Apple「iPad Pro」

ディスプレイ 11インチ もしくは 12.9インチ
CPU A12X Bionic
メモリ(RAM) 6GB
バッテリー容量 29.37Wh
OS iOS 12

タブレットと言えばiPadですが、ゲームにもぴったりのすばらしい性能を持っています。

どうせ本格的にタブレットでゲームをしたいのであれば、「iPad Pro」がおすすめですね。

非常に画面がきれいで、リアル感がかなりすごいです。

処理速度もかなり速く、パソコン並みの性能を誇りますので、自宅でプレイするのとさほど変わらない感覚で操作できますね。

高いスペックの内容となっているのに、非常に軽くて薄いので、長時間プレイしても疲れないというのもポイントです。

グラフィック性能が他のタブレットよりもぐっと優れていますので、映像の良さが売りのタイトルをプレイしたいのであればぜひともおすすめしたい一台ですね。

おススメメーカー:Microsoft

Microsoft「Surface Pro」

ディスプレイ 12.3インチ
CPU Core i5 8250U
メモリ(RAM) 8GB
バッテリー容量 4500mAh
OS Windows 10 Home

Microsoftの「Surface Pro」は、ハイエンドのビジネスタブレットとして使われることが多いですが、その高い性能のためゲーミングマシンとしても最高です。

CPUにはCore i5を搭載していますし、メモリは8GBですので、ストレスフリーでどんなゲームも快適にプレイできますね。

モニターも非常にち密な映像が表現されていて、没入感が高まります。

ストレージにSSD256GBを採用しているというのも、このSurface Proならではで、よりスピーディーな処理が可能となっています。

ビジネス用としてもゲーミング用としても兼務してくれますので、一台あるとかなり助かりますよ。

おススメメーカー:富士通

富士通「arrows Tab RH77/B1」

ディスプレイ 12.5インチ
CPU Core i5-7200U
メモリ(RAM) 4GB
バッテリー容量 9600mAh
OS Windows 10 Home

ノートPCとして十分使える性能を持っている、富士通の「arrows Tab RH77/B1」もゲーミングとして機能してくれますよ。

もともとビジネス用として開発されていますが、CPUにCore i5を採用するなど、処理能力が高いのでグラフィックが重いゲームでも快適にプレイできるのがポイントですね。

仕事用とゲーム用を一緒のタブレットにして持ち歩きたいという人におすすめですね。

キーボードの出来もとてもいいので、キーボードでの操作をしたいという人にも向いていますよ。

スマートなデザインで軽量化がなされているので、長い時間ゲームしても疲れにくいというのもうれしいところですね。

まとめ

パソコン1台あれば事足りることかもしれませんが、1台タブレットを持っておけばタブレットでゲームはもちろん、パソコンでプレイしているゲームの攻略を調べたりなど痒いところに手が届くのでおススメです。

最近はデータを連動しているゲームなどもあるので、同じゲームを家ではパソコンで、外出した時のちょっと空いた時間にタブレットでプレイすることが出来ます。

ぜひ、ご検討を!!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!