ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年5月最新版】

パソコントラブル解決方法!管理人も体験したトラブル【第11回目コラム】

どうも、なす(@nasu66com)です。

前回同様、初心に返ってということで、管理人である私が体験した様々なトラブルにまつわるお話をしようと思います。

パソコンゲームでは、家庭用ゲーム機では起こらないようなトラブルが発生します。

家庭用ゲーム機は同じ機種ならすべて同じ仕様、同じ構造です。

しかし、パソコンは個人個人で環境が異なっています。

これが原因となってさまざまな問題が起こることがあるわけです。

なす

今回はパソコンゲームで発生する、システムトラブルの原因と解決法を説明します
<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

トラブルに備えて確認しておきたいこと

上でも触れましたが、パソコンは個人個人ですべてシステム構成が異なっています。

そのため、同じゲームであっても、自分の環境で起きたトラブルが他人にも起こるとは限りません。

ゲームで発生するトラブルの原因を推測するためには、自分のPC環境を把握しておく必要があります。

なす

PC環境の確認方法はOSによって違います

Windows10

  • CPUとメモリを確認するには、デスクトップ上の何もないところを右クリック。
  • 一覧から「ディスプレイ設定」を選びます。
  • 左メニューの「バージョン情報」にプロセッサ(CPU)と実装RAM(メモリ)が表示されます。
  • グラフィックボードの確認は「ディスプレイ設定」から「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。
  • ディスプレイのアイコンの横にグラフィックボードの型番が表示されます。
  • 「ディスプレイ1のアダプターを表示します」を選択すると詳細なプロパティが表示されます。
  • HDDの容量確認はデスクトップ左下にあるWindowsボタンから「ドキュメント」を選択
  • 左メニューの「PC」クリックで接続中のすべてのデバイスの容量が表示されます。

Windows8/8.1

  • CPUとメモリの確認はWindowsキーを押しながら「X」を押します。
  • 表示される一覧から「システム」を選択。
  • システム欄でプロセッサ(CPU)とメモリが確認できます。
  • グラフィックボードは、デスクトップ上の何もないところをクリック
  • メニューから「個人設定」を選択し、左下のディスプレイを選択します。
  • 画面左上の「ディスプレイの設定の変更」を選択。
  • 画面中央の「詳細設定」を選択すれば、グラフィックボードのスペックが表示されます。

Windows7

  • スタートボタンをクリックし、「コントロールパネル」を選択。
  • 右上の「カテゴリ」から「システムとセキュリティ」を選びます。
  • 「システム」をクリックするとプロセッサ(CPU)とメモリが確認できます。
  • グラフィックボードの確認はディスプレイの何もないところを右クリック。
  • 「個人設定」を選択して、左下の「ディスプレイ」をクリック
  • 「ディスプレイ設定の変更」を選択、設定メニューの「詳細設定」をクリック
  • 「アダプター」タブでグラフィックボードの詳細が確認できます。

DirectXのバージョン確認

  • 全OS共通で、「ファイルの検索」に「dxdiag」と入力、「dxdiag.exe」を起動すれば確認できます。

ゲームのバグや障害の情報が公式サイトやゲーム情報サイトなどに載っていることがあります。

それらのサイトで、該当するバグや障害が起きていないか、確認してみましょう。

次に、ゲームで起こる代表的なトラブルの対処法を説明します。

ゲームが起動しない

なす

ゲームが起動しない原因はいくつか考えられます

自分のパソコンのOSが対応OSではない

公式サイトやパッケージで動作環境を確認し、自分のPCが対応しているOSかどうかを確認します。

例えば、Windows10にしか対応していないゲームはWindows7の環境では動きません。

逆に古いゲームを新しいOSで動かそうとしても対応外となり動かないこともあります。

(対応できる場合もあります。メーカーもしくはゲームの公式サイトを確認してください)

動作環境のスペックが足りていない

使用しているOSが対応していても、グラフィックボードの性能を満たしていないと起動もできません。

公式サイト等の「ゲームの推奨環境」を確認し、グラフィックボードがスペックを満たしているか、確認しましょう。

DirectXやドライバが最新のものではない

グラフィックボードやサウンドカードを制御する「ドライバ」や「DirectX」が最新でない場合、動かないことがあります。

最新の「ドライバ」「DirectX」をインストールしましょう。

グラフィックボードのドライバは「nVIDIA」や「ATI」のサイトにあります。

DirectXはMicrosoftのサイトからダウンロードできます。

OS同様、古いゲームだと最新のドライバやDirectXに対応していないことがあります。

ゲーム自体にバグが有る

ゲームのプログラム自体のバグが原因で起動しない可能性があります。

ゲーム公式サイトやゲーム情報サイトを見て、バグ情報や修正パッチがあるかどうか、確認してみましょう。

グラフィックが乱れる、サウンドが聞こえない

ドライバやDirectXが最新でないケースや、ゲーム自体のバグが原因の可能性が考えられます。

パソコン本体のスペックの不足が原因となることも考えられます。

ゲームの画質や音質の設定を落とすと正常に作動することがあります。

データが破損しているケースもあります。

なす

ゲームやOSの再インストールで回復することがあります

動きが遅くなる。ロードが異常に長い

第一に考えられるのはやはりPCの性能不足です。

CPUやグラフィックボードが、ゲームの推奨スペックを満たしているか、確認してください。

メモリ不足の可能性も考えられます。

HDDで動きが遅い場合、SSDに換装することでロードの時間が改善することもあります。

セキュリティソフトがウィルススキャンを行っていたり、キャプチャソフトを使うと動作が重くなることがあります。

ゲーム以外に稼働しているソフトがある場合は終了させてみてください。

画面が真っ暗でなにも表示されない

長期にわたって同じ液晶モニタを使っていると、画面が暗くなり最終的には真っ暗になる場合があります。

一度真っ暗になったものが元に戻ったり、角度を変えると画面が見えるケースもあります。

こうした症状は液晶モニタのバックライトが切れることで起こります。

バックライトの不良をそのままにしておくと、インバータ等の部品に破損が及ぶこともあります。

この症状がでた場合は電源をオフにして部品交換します。

もしくはモニタを買い替えましょう。

急に真っ暗になった場合はマザーボードやグラフィックボードの不良が考えられます。

グラフィックボード・マザーボードを交換する。

もしくは修理する必要があります。

電源が落ちる

ゲームプレイ中に、突然パソコンの電源が落ちることがあります。

場合によっては再度パソコンを立ち上げようとしても電源が入らないことも。

この症状には

  • メモリの接触不良
  • 電源パーツの破損

と2つの原因が考えられます。

メモリの接触不良

電源が入ったり入らなかったりと不安定な状態にある場合は、この原因が考えられます。

特にデスクトップで見られる症状です。

この場合はメモリを一旦取り外し、差し直すと症状が改善することがあります。

電源パーツの破損

メモリの抜き差しでも改善されない場合、考えられるのは電源パーツの破損です。

デスクトップパソコンなら電源ユニットが破損した可能性があります。

ノートパソコンならマザーボードの電源回路などが破損しています。

この場合は電源ユニットやマザーボードの交換もしくは修理が必要です。

OSを変えたらゲームが動かなくなった

Windows10リリース時に、Windowsを更新したらゲームができなくなる不具合が頻発しました。

また、パソコン自体の電源が入らなくなったり画面が映らないなどのケースもありました。

こうした症状が起こった原因は、OSが変わったことでゲームソフトやデバイスのドライバが適合しなくなったことにあります。

デバイスのドライバが原因の場合は、ドライバを最新のものに更新することで症状が改善することがあります。

ブルースクリーンエラーが出る

ブルースクリーンが表示された場合、エラーの原因は文面を読むとわかります。

オンラインゲーム用を謳うBTOパソコンの多くがnVIDIAの「GeForce」という製品名のグラフィックボードを搭載しています。

この「GeForce」が原因でブルースクリーンエラーが起こる場合がります。

3Dゲームや「PUBG」などの多人数対戦ゲームではデータの処理量が膨大になります。

その負荷が「GeForce」に集中し、熱の発生が起こりやすくなってしまうのです。

パソコン本体内部のホコリなども影響し、「GeForce」が焼け付いてしまいます。

「GeForce」が破損すると、その旨がエラーメッセージとして表示されます。

このメッセージが出た場合は「GeForce」を交換する必要があります。

オンラインゲームで起こるトラブル

オンラインゲームの場合、上記したものとはまた別のトラブルが起こることがあります。

特に3Dゲームでは扱うデータ量が膨大になり、回線やパソコン自体にかかる負荷も大きくなります。

なす

オンラインゲームでのみ、エラーやトラブルが起こることもあるのです

ゲームに接続できない

ゲームサーバーが定期や緊急のメンテナンス中の可能性があります。

ゲームサーバーがシステムダウンしていることもまれにあります。

ゲームサーバーの運営状況やメンテナンス、サーバーダウンの情報は公式サイトを確認しましょう。

プレイ中に回線が切断してしまう

無線/有線LANのカードや、マザーボードのLANコントローラに原因の場合があります。

LANカードやLANコントローラが傷んだり劣化している場合、一定以上の負荷がかかると回線が不安定になります。

無線LANのルータやマザーボードを確認してみましょう。

特定のゲームをプレイしている時だけ回線が切断する

上記の現象がある特定のゲームでのみ発生する場合、そのゲームに問題がある可能性があります。

公式サイトに不具合の情報があるか確認したり、運営に問い合わせしてみましょう。

ゲーム自体の問題が確認できない場合、あなたのPCとそのゲームの相性に問題がある可能性が考えられます。

この場合、問題の原因を特定することは困難です。

他のパソコンを使える場合は、同一の接続環境で使ってみて原因が自分のパソコンにあるかどうか確認しましょう。

LANカードやPCを買い替えることで問題解消できることもあります。

動画・音声が途切れる/画面がフリーズする

PC本体のスペックが推奨スペックを満たしていても起こる可能性があります。

オンラインゲームは長期間にアップデートを繰り返し、要求スペックが高くなることもあります。

この場合、当初の推奨スペックを満たした環境でも、処理が追いつかなくなって不具合が生じます。

CPU・メモリ・グラフィックボードのスペックが当初の推奨スペックぎりぎりの場合、これが原因でしょう。

マザーボードやグラフィックボードの交換、メモリの増設を検討してみてください。

部品の経年劣化や破損が原因である可能性も考えられます。

長期間パソコンを使っていると内部にホコリが溜まってファンが回りにくくなることがあります。

そのせいで排熱不良となり、高温のまま稼働し続けることでマザーボードやCPUが破損することもあります。

放熱用のファンがちゃんと回っているか、確認しましょう。

なす

日頃、パソコン内部の清掃をおこなうことで予防できます

長時間プレイした後は電源を切ってクールダウンの時間をおきましょう。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!