ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年10月最新版】

ツクモG-GEARシリーズのゲーミングパソコンおすすめモデルをご紹介!

どうも、なす(@nasu66com)です。

ずっとFPSにはまっていて、オンラインゲーム一辺倒になっています。

この頃のオンラインゲームは、通信環境がかなり良くなっているということもあって、データ量がかなり多いですね。

ネットはついていっているんですが、どうしても映像処理がちょっと微妙な時があります。

そうなると、やっぱり性能のいいゲーミングパソコンが欲しくなってきちゃいますね。

最近は有名ブランドだけでなく、BTOでいろいろなメーカーが自分好みの一台を作れるようになっているので、スペックにこだわったマシンを持てるのがいいですね。

なす

BTO生産をしているメーカーはかなり多いですが、ちょっと気になっているのがツクモです

ちょっと渋めのブランドという感じで、とにかくしっかりとしたゲーム環境を作るということをコンセプトにしているところですね。

BTOでかなり細かく自分の好きな構成にできるのがいいところですね。

パソコンを自作していた人なんかは、気軽に自分好みのゲームマシンを作れるのでおすすめですね。

また、基本モデルのバリエーションが多いので、まずは既存のマシンを頼んで、様子を見ながら拡張するというのもいいですね。

いろいろな楽しみ方ができるメーカーなので、要チェックですよ。

ゲームパソコンのシリーズG-GEAR

ツクモでは一般的なビジネス用パソコンや家庭用パソコンなど、広い範囲の取り扱いがあります。

その中でもゲーミングパソコンのラインが、「G-GEAR」と呼ばれるシリーズです。

全体的にはCPUのタイプで二通りに分けることができます。

インテルモデルではCore i5からi7、そしてi9の中から組み合わせを選ぶことができます。

もう一つのラインはAMDのRyzenシリーズで、こちらもグラフィックボードとの組み合わせなど、予算に応じた構成を選ぶことができますね。

どちらのシリーズでも、かなり細かくグラフィックボードやCPUタイプ、メモリなどをカスタムできますので、自分の求めるマシンを確実に作れるというのがうれしいですね。

しかも、注文してから最短で3日で出荷してくれるということなので、スピーディーに対応してくれるのもおすすめポイントです。

AMD Ryzenシリーズは比較的リーズナブルでお買い得

G-GEARのAMD Ryzenシリーズは全体的に、10万円弱から20万円弱の価格帯となっていてお買い得なラインとなっています。

グラフィックボードの種類をなんと8つのうちから選べますので、予算と好みのスペックにマッチさせることができますので、マシン構成を考えるのが楽しくなってきます。

たとえば、初心者にもおすすめなお手頃価格なモデル「GA5A-Z181」は、値段の割にまとまった構成になっていてバランスがいい気がします。

GA5A-Z181スペック

基本スペックは次のようなものです。

CPU AMD Ryzen 5 2600
GPU NVIDIA GeForce RTX 2060
メモリ 16GB
ストレージ 500GB SSDプラス2TB HDD

よくまとめられている構成のマシンですね。

グラフィックボードとCPUの組み合わせも悪くありませんし、メモリも大きめにしています。

さらに、ストレージが大きいというのはうれしいですね。

この価格帯で500GBクラスのSSDとHDDのダブルというのは多くないので、お得感が強いマシンだと思います。

少しグレードアップして「GA7A-C181」モデルもあり

ここからちょっとグレードアップすると、CPUもグラフィックも一つの上のクラスを搭載することができます。

といっても価格はぐんと上がるわけではないので、無理なく買えるのがうれしいですね。

たとえば、「GA7A-C181」モデルは、CPUとグラフィックの性能を上げながらもストレージを落とすことで、価格を抑えているのが特徴です。

GA7A-C181スペック

CPU AMD Ryzen 7 2700
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070
メモリ 16GB
ストレージ 240GB SSDプラス1TB HDD

このくらいのクラスのグラフィックカードであれば、ちょっと重めのオンラインゲームでも滑らかに映像が動いてくれますね。

操作感も良くなりますので、思った通りのプレイができるのがうれしいですね。

そして、このシリーズではメジャーチップメモリを採用しているのが特徴です。

高品質のメモリとして定評があって、安定したパフォーマンスを見せてくれますね。

メモリというと容量だけに注目してしまいがちですが、意外にどのメモリを使っているかというのも大事なポイントなんですね。

同じ容量でも品質によって安定性が違うことが多く、特に重いゲームではその差が出やすいのできちんと確認したいところですね。

口コミ

このラインのマシンは、ユーザーからも口コミで良い評価を受けています。

「特に飛びぬけてすごい特徴があるわけではないですが、スペックは高いですね。実際に重いタイトルをプレイすると、その良さがよく分かります。長い時間プレイしていても不安定になったり、いきなりカクカク感が来たりすることなく、ずっといい感じを保ってくれるんですね。かなり安心感があるマシンだと思います。」

「それなりにお得な価格設定なのに、スペックがしっかりとしてるなという印象があったので、このモデルをチョイスしました。今までCoreシリーズのものを使っていたのでRyzenってどうかなと思いましたけど、使ってみると意外といいですね。」

Ryzenシリーズの中ではハイエンドクラス「G-GEAR GA7A-K193」

さらにRyzenシリーズの中でより高いスペックを求めていくこともできます。

たとえば「G-GEAR GA7A-K193」は、このRyzenシリーズの中ではハイエンドクラスに位置するモデルで、徹底してゲーム環境を作りたいという人におすすめですね。

CPUのレベルがぐんと上がりますので、動作がスムーズに動くというのを他のモデルと比べてすぐに感じられますね。

また、起動時間もかなり速くなりますので、すぐにプレイスタートできるのがゲーマーにとってはうれしいところですね。

G-GEAR GA7A-K193スペック

CPU AMD Ryzen 7 3700X
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB
ストレージ 500GB SSDプラス2TB HDD

このCPUは8コアあってブースト時最大3.6GHzとなっています。

重い作品も難なく動作してくれますし、マルチタスクしている時でも普通にプレイできるのが助かります。

全くのストレスフリーで遊べるので、ゲームに没頭できますね。

ストレージもしっかりと容量を確保していますので、どんどん新しいタイトルを保存していけますね。

そして、グラフィックカードの性能の高さにはびっくりさせられますね。

かなり映像のリアル感が強くなってきて、FPSなどをしているとよりハマれるのがうれしいところです。

全体的にレベルが高いマシンですが、それぞれのバランスが取れているのでさらにカスタマイズしなくても十分いけそうです。

インテルシリーズも充実していて迷いどころ

AMD Ryzenシリーズは、かなりバリエーションが豊かで自分好みのマシンを作れるというメリットがあります。

しかし、このインテルシリーズもラインナップが豊富で、満足感の高い一台を持てるというのが特徴ですね。

ASUSのマザーボードを使用していて、スペースの有効活用ができますし、冷却システムに優れているというメリットを生かすことができます。

インテルシリーズでも、グラフィックカードのタイプが8つあって、予算とパーツの組み合わせを考えながら自由に選んでいくことができます。

すべての組み合わせを考えると相当たくさんのバリエーションがでてきます。

ちょっと一つに絞るのが大変ですが、どんな構成にしようかと考えるのも楽しいひと時ですので、じっくりと考えてみましょう。

お買い得度が高いCore i5モデル「G-GEAR GA5J-C181」

お買い得度が高いものとしては、Core i5モデルがあります。たとえば、「G-GEAR GA5J-C181」なんかがそうで、通常だと1TBのHDDだけなのが、500GBのSSDも無料でプラスされています。

やっぱりHDDよりもSSDの方が、断然スピードが違いますので無料でグレードアップしてくれるのはうれしいですね。

基本スペックは以下のようになっています。

CPU インテル Core i5-9600K
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060
メモリ 8GB
ストレージ 500GB SSDプラス1TB HDD

メモリが8GBだとちょっと物足りなく感じることもありますが、その場合はもう一基8GBを増設して16GBにするのがおすすめですね。

といっても、CPUとの組み合わせも考えると、8GBくらいでちょうどいいかという気もしますけどね。

このシリーズはミドルタワータイプで拡張性も十分にありますので、もし物足りなさを感じたらすぐに増設できるというのがメリットです。

まずは、ベースとなるモデルを購入して使ってから、より快適な環境に近づけていくというのが、お得な買い方と言えますね。

口コミ

実際にこのタイプを使用しているユーザーもこうした使い方をして、口コミでアップしています。

「そこまで頻繁にオンラインゲームをするわけではないので、ちょっと初心者向けのモデルに毛が生えたくらいでいいかなと思って、このマシンを買いました。でも、意外とパフォーマンスがよくてビックリしています。カタログではHDDだけということだったので、後からSSD入れないと、と思っていたら、無料で500GBSSDプレゼントということだったので得しましたね。」

「今のところ、いくつかの作品やってみましたが、そんなにパワー不足は感じませんね。あえて言えば、3Dタイトルでぐるっと視界を変える時とかジャンプするときにガタツキ感じるくらいですかね。」

Core i7モデル「G-GEAR GA7J-E190」

CPUをアップさせてCore i7にすると、体感スピードが急に変わりますよね。

この「G-GEAR GA7J-E190」はグラフィックとのバランスもよくおすすめの一台です。

どんなタイプのゲームをするかによって求められるスペックは違ってきますが、最近はどのジャンルの作品でも映像が重くなっていますし、ビジョンの動かし方がリアルになっています。

そのため、グラフィックカードにはこだわりたいものです。

そうなると、このモデルくらいのスペックは欲しいかなと思います。もちろん、ちょっと下のランクでも、カクカク感が出るなどのトラブルはないんですが、実際に比べてみると滑らかさが違うんですね。

また、アクションを取った時の反応がタイムラグなく来るので、操作感が上がりますね。

CPU Core i7-8700
GPU GeForce RTX 2060
メモリ 8GB
ストレージ 500GB SSDプラス4TB HDD

オリジナルの商品では1TBのHDDのみだったんですが、500GBのSSDと4TBのHDDにアップグレードされていますね。

このくらいはないと、このスペックではきついなと思うことも出てきますので、うれしいキャンペーンです。

ちょっと気になるのがメモリが8GBに抑えられているというところですかね。

ここはちょっと16GBくらいにはアップしておきたいところです。BTOの良いところをいかして、カスタマイズしてオーダーしておくといいかと思います。

せっかくのいいCPUとGPUを持っているんですから、メモリもちょっとアップしたいところですね。

Core i9モデル(ハイエンドモデル)「G-GEAR GA9J-G181」

「G-GEAR GA9J-G181」はCore i9を搭載してハイエンドモデルですね。

やはりここまでくると、本格的なゲーマー仕様という感じになって、かなりレベルが高いですね。

圧倒的なパフォーマンスが楽しめますので、どんなタイトルでも確実にフルテンションでプレイできますよ。

CPU インテル Core i9-9900K
GPU NVIDIA GeForce RTX 2080
メモリ 16GB
ストレージ 1TB SSDプラス2TB HDD

口コミ

このモデルの愛用者は多くて口コミでもいろいろなコメントが聞かれます。

「いろいろなゲーミングパソコンを使ってきましたが、今度はi9にしようと思って選びました。最新のRTX2080も搭載されているので、この二つの組み合わせなら間違いないだろうという判断ですね。使ってみてですが、買って良かったの一言ですね。」

「とにかく反応が速いというのがゲーマーとしてはうれしいところです。操作をしてすぐにアクションが出るので、自分とマシンが一体になっているような感じですね。グラフィックもかなり精度が上がっていて、ついついのめりこんでしまいますね。SSDの1TB無償アップグレードにも感謝です。」

error: Content is protected !!