ゲーミングPCおすすめ(デスクトップ・ノート)ランキング!【2019年8月最新版】

パソコンゲームでおすすめのターン制ゲームランキング2019年最新版

どうもなす(@nasu66com)です。

オフライン、オンラインを問わず戦略ゲームは常に人気の高いゲームですね。

ゲーム界の中でも歴史が古く、熱狂的な固定ファンが多いジャンルで、「三國志」や「銀河英雄伝説」など、たくさんの名作を生んでいますよね。

頭を使う戦略ゲームは、はまり込み度合いが強くなりますので、ずっと長くプレイできるのでゲーム代が安くつくのがとても良いですね~。

また1ミスで失敗してしまうなど、高難易度のゲームもあり頭の体操になるのでとてもおすすめです。

このジャンルはたくさんの作品が出されていますが、特にターン制ゲームは最近結構増えている感じがしますね。

オンラインパソコンゲームでは、リアルタイムの戦略ゲームが増加している傾向にありますが、ターン制ゲームだとじっくりと戦略を練っていけるので、よりはまれるのが特徴ですね。

何手先も見通して戦略を練っていくのが楽しいターン制ゲーム

ターン制ゲームにはいくつかのタイプがあります。

  1. 歴史物ゲーム
  2. 近未来系
  3. 現代バージョン

歴史物ゲーム

まず、歴史物ゲームで実際の歴史上の流れを追いながらストーリーを展開させていくという感じですね。

古代中国、中世ヨーロッパが作品数としては多いですね。

日本人向けなら日本の戦国時代が多いですかね。

近未来系

もう一つのタイプはSF、もしくは近未来系ですね。

フィールドが仮想世界や宇宙になるので、普段とは違う感覚でプレイできるのが魅力と言えますね。

武器や攻撃方法が架空のものなので、思わぬバトルの仕方ができてそれぞれの作品の特徴が目立つジャンルとなっています。

現代バージョン

三つ目のタイプとしては、現代バージョンですね。

これは全体的にはあまり多くないですが、自分で国を統治して他の国との関係性を上手にかじ取りしたり、戦争を仕掛けたりとリアル感が強いのがポイントです。

自分が一国のトップになった気持ちでプレイできるので、優越感が持てる作品が多いですね。

今回じっくりとプレイしたいおすすめのターン制ゲームをランキング形式でご紹介していますので、参考にしてもらえればと思います!

どれで遊ぶ?

たくさんのタイトルがありますので、逆にどれを遊ぼうか迷ってしまうかもしれませんね。

そこで、人気作品、新しく出て注目を集めているタイトル、個人的に楽しいと思ったものを集めてご紹介しています。

私のブログでランキング形式ゲームジャンルを問わずご紹介していますので、いろいろチェックしてみて好みに合いそうなものを試してみるのはいかがでしょうか?

なす

スペックをわかる範囲で調べてあるので参考にしてみて下さい。

Steamを利用しています

基本紹介するゲームはダウンロードゲームショップSteamを利用しています。

(Steamではないのも当然ありますが・・・)

利用の仕方の記事を載せてあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パソコンゲーム購入サイトSteamに登録~購入のやり方はこちら。

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

12位 Hard West

推奨スペック

OS Windows Vista/7/8/10
CPU AMD Athlon II X4 3.1 GHz / Intel Core i5 3 GHz
メモリ 6 GB RAM
グラフィック Radeon R7 260X (2 GB) / GeForce GTX 550 Ti (1 GB)
その他 ストレージ:6 GB 利用可能

公式ツイッターリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

SFファンタジー要素も強く入っている、西部劇タッチのターン制ゲームですね。

ワールドマップの中から好きなマップを選んで、そこからバトルをしていくという感じになります。

スキル設定があって、攻撃を避けたり強いヒットを出したりすることができるのがいいですね。

カバーの後ろに隠れて攻撃するスタイルが多く、いかにして相手の裏を取るかというのが戦略ゲームっぽいですね。

RPGとのミックスになっていますので、展開の流れがスムーズで時間があっという間に過ぎていきますよ。

バトルシーンだけでなく、金鉱掘り当てをしたり、冒険をしたりと、平和的なチャプターも結構多いので、幅広い遊び方ができますね。

お金を上手に貯めたり使ったりしていく要素もあって、金銭感覚というものも大事なゲームです。

考える要素が結構多いので、意外と難しいかもしれません。

Steamでは日本語のサポートはありませんが、有志による日本語化パッチもありますので、問題なくプレイできますよ。

11位 Invisible, Inc.

必要スペック

OS Windows Vista/Windows 7/Windows 8
CPU 2.0+ GHz Dual Core or better
メモリ 2 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce 8600 GT / ATI Radeon HD 2600 XT or greater
その他 ストレージ:2 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,980

依頼を受けたエージェントとなって、人質やアイテムを奪還するというのが目的のゲームですね。

ゲーム序盤では、かなり楽勝でミッションクリアできるんですが、徐々にレベルが上がっていき、敵キャラや思わぬトラップなどが出てきます。

いきなり敵が増えて完全に包囲されてしまったり、抜け道すら分からないような状況に陥ってしまうパニック感が一つの醍醐味ですね。

難度の調整がある程度自由にできますので、最初は簡単なバージョンでやっていって、慣れてきたら難しくしていくのがおすすめですね。

結構長く遊べるゲームですので、価格を考えるとお得度の強いやり込み型ゲームだと思います。

ベースは英語のみですが、日本語化もある程度できますし、そもそもチュートリアルが細かく分かりやすく作られていますので、それほど難しくないと思いますよ。

10位 Battle Brothers

推奨スペック

OS Windows 7, Windows 8, Windows 10
CPU 2+ Ghz
メモリ 2048 MB RAM
グラフィック OpenGL 3.3 compatible video card with 1024 MB
その他 ストレージ:1500 MB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,980

ターン制の戦略ゲームの中でも、かなりレベルの高い作品だと思います。

中世ヨーロッパ風のシチュエーションの中で、傭兵軍団を作っていき対戦をしていくのですが、練度や武器、闘う相手によってかなり結果が異なってくるので、いかにして自分と相手のことを知るかというのがポイントとなってきますね。

対戦モードでは、かなりやり込んだ強者が参入していますので、かなりレベルの高い戦いとなります。

なので、全体的には上級者向けのゲームだと思いますね。ゲームの実力を高めるためにチャレンジしてみるというのもいいですね。

一応日本語版はないんですが、有志による一部日本語化がされていますので、多少の英語が分かればプレーできますよ。

とにかく戦略ゲームの中でもトップクラスの複雑さを誇りますので、このジャンルで経験を積んでいる人ならぜひともおすすめしたい作品ですね。

9位 Gremlins, Inc.

推奨スペック

OS Windows 7, Windows 8, Windows 10
CPU Intel Pentium 3+ generation
メモリ 4 GB RAM
グラフィック GeForce 9XX or AMD
その他 ストレージ:1 GB 利用可能

公式ツイッターリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,680

スチームパック風のグレムリンがなんとなくユーモラスな戦略ゲームです。

腐敗したグレムリンたちが、汚職と金儲けにまみれていく状況の中で、いかにして自分がお金を稼ぎ名声を得ていくかというのを競うゲームとなっていますね。

公正にクリーンな駆け引きをするもよし、盗みや脅しなどをフル活用して汚い方法でのし上がっていくのもよし、というプレーヤーの個性が非常に出やすいのがまたいいんです。

シングルプレーでもいいですが、仲間と一緒にマルチプレイをすると意外な楽しさがありますよ。

ランキングモードやラダー制バージョン、チームプレイなどのモードがあって、いろいろな楽しみ方を選べるのも魅力ですね。

レトロかつノスタルジックな雰囲気のグラフィックも好評で、独特の世界観を作り出していますね。

ラウンド数もしくは制限時間で勝敗が決まるのが基本となっていますので、ある程度時間を区切って遊べるのもいいかと思います。

8位 Shadowrun Returns

必要スペック

OS Windows XP SP3/Vista/Windows 7
CPU x86-compatible 1.4GHz or faster processor
メモリ 2 GB RAM
グラフィック DirectX compatible 3D graphics card with at least 256MB of addressable memory
その他 ストレージ:2 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 1,480

近未来のアメリカを舞台にして、イリーガルなものも含めてなんでも依頼された仕事をこなしていくという主人公になってプレイします。

サイバネと魔法、武器を使ったアクションが特徴となっています。

高度に発達したサイバー技術による犯罪と魔法、そして手に持って戦う武器という組み合わせが面白く、ゲーム感覚が独特ですね。

プレーヤーのキャラの設定はかなり自由度が高く、自分の好みに変えられるので、ゲームへののめり込みが強いですね。

ベースは英語バージョンですが、日本語化もできますので、問題なく遊べますよ。

ターン制ゲームということで、イリーガルアクションを起こす時に、隠蔽行動を取ったりするのが楽しいですし、行動値などの数値も気にかけながら動くのが頭を使うところです。

いろいろなことを考えながら戦略を練っていく必要があるので、あっという間に時間が過ぎていってしまいますよ。

7位 XCOM 2

推奨スペック

OS Windows® 7, 64-bit
CPU 3GHz Quad Core
メモリ 8 GB RAM
グラフィック 2GB ATI Radeon HD 7970, 2GB NVIDIA GeForce GTX 770 or better
その他 ストレージ:45 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 7,000

ストラテジーゲーム・オブ・イヤーの2012年トップに輝いたXCOMの続編ということで、世界中が注目した作品ですね。

前作よりもグラフィックや展開に工夫を凝らしていて、レベルアップしていますね。

内容としてはエイリアンが世界征服を果たし、地球に新しい秩序をもたらそうとしているという設定になっています。

しかし、人類の力を取り戻そうとして、人間がエイリアンに対抗する勢力を作り上げていきます。

こうした勢力のメンバーとして、圧倒的に不利な状況にありつつもエイリアンと戦っていくというのがこのゲームの趣旨ですね。

非常に強大なエイリアンの勢力にいかにして抵抗していくのか、仲間をどのようにサポートし助けるのか、という高度な戦略ゲームですね。

とにかくグラフィックと音楽のレベルが高く、架空の世界だと分かっていても、ついつい入り込んでしまうすごさがありますね。

6位 Darkest Dungeon

推奨スペック

OS Windows 7+以上
メモリ 4 GB RAM
グラフィック Open GL 3.2+ Compliant
ストレージ 2 GB 利用可能
その他 追記事項: 1080p, 16:9 recommended

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 2,480

冒険とモンスターバトルを組み合わせたターン制ゲームとなっています。

闘う人の心理をいかにしてコントロールしていくのか、という点が重要視される作品で、ストレスや恐怖と闘いながらモンスターを倒していくのがポイントとなりますね。

冒険を成功させるためには、立ちはだかる謎を解決していく必要もあり、単なるバトルものとも違う、新しいタイプのゲームだと思いますね。

MODが利用できるシステムを採用していて、より没入感が強いというのも特徴ですね。

ビジュアルはなんと手書きで作られていて、羽根ペンを使った独特のタッチがいいですね。

他の作品とはかなり異なるグラフィックの雰囲気がありますので、やり込んだプレーヤーからの評価も高いです。

たくさんのヒーローが設定されていて、徐々にこの設定キャラクターも増えていっているので、ずっと長く遊べるというのも魅力ですよ。

5位 Sid Meier’s Civilization® VI

推奨スペック

OS Windows 7×64 / Windows 8.1×64 / Windows 10×64 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Fourth Generation Intel Core i5 2.5 Ghz or AMD FX8350 4.0 Ghz or greater
メモリ 8 GB RAM
グラフィック 2GB & AMD 7970 or nVidia 770 or greater
その他 ストレージ:12 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 7,000

終わることのない強大な帝国を作るという野心の基に、自分で文明を作り上げるという、非常に壮大なターン制ゲームです。

なんと石器時代から、近未来の時代に至るまで時代を超えて帝国を存続させるということがテーマになっているので、組み立てる戦略の幅が非常に広いのが特徴ですね。

いかにして国を強くするか、文化を発展させるかという内政の他に、他国との外交、軍事など考えることはたくさんあり、頭をフル回転させる必要があるゲームとなっています。

このシリーズはかなり世界的に人気が高いですが、このバージョンでは領土がマップ上でどんどん広がっていくのをリアルタイムで確認できるので、よりハマり込み度が高い感じがしますね。

それぞれの国のトップは、能力だけでなく性格なども重要視されているので、そのトップの情報をいかにして取り、外交や軍事に活用するかというのも楽しみの一つのです。

4位 Lost Technology

必要スペック

OS Windows Xp Vista 7
CPU Pentium4 相当以上
メモリ 512 MB RAM
グラフィック DirectX 9.0c 以上
その他 特になし

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 520

戦国時代の国取りゲームですね。

100名以上のキャラクターが参加しますので、かなり乱戦模様という感じで結構盛り上がります。

グラフィックは一時代前の2Dものという感じで、レトロな雰囲気があります。

その分、購入価格がお安めなのがうれしいですね。

戦略に集中して取り組みましょうというコンセプトで、映像などは普通という感じです。

しかし、ゲーム内容はかなり高度で楽しめるんですね。

通常のターン制の戦略タイムと、リアルタイムのバトルモード、そしてイベントフェイズの三つの構成となっています。

それぞれのフェイズで知恵を絞りつつも、バトルでは一気にヒートアップするという感じで、メリハリの利いたゲーム構成となっていますね。

全体的には、中世時代の雰囲気がベースとなっていますが、SF近未来的な要素も入っていて、かなり個性的な世界観があって興味深いですよ。

3位 Tales of Maj’Eyal

推奨スペック

OS Windows Vista
メモリ 1 GB RAM
グラフィック OpenGL 2.1+
その他 ストレージ:512 MB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 698

ターン制ゲームは全体的に購入価格が高めの傾向があります。

それだけ、しっかりと作り込まれているということなのですが、初めてゲームをする人にとってはちょっとためらってしまうこともあります。

その点、このタイトルはお得に購入できるので気軽にできるのがうれしいところですね。

そんな理由もあって、ランキング3位に入れました。

お得に買えると言っても、質はかなり高くたっぷりと楽しめますよ。

ローグライクのRPG要素も強いので、いろいろな楽しみ方ができます。

このタイトルでうれしいのが難度調整ができるということで、あまり慣れていない人であれば難度を下げてさっとプレイすることができるんですね。

種族やクラスのバリエーションがかなり多く、組み合わせを考えるのが楽しいです。

また、アイテムもたくさんあるので、どれを使おうか選択肢をいっぱい持てるのもいいですね。

2位 Endless SpaceR 2

推奨スペック

OS Windows (64bits only) 7 / 8 / 8.1 / 10 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU i3 5th generation (or newer) / i5 3rd generation (or newer) / FX4170 (or newer)
メモリ 8 GB RAM
グラフィック AMD Radeon 8000 series or newer / NVidia GTX 660 or newer
その他 ストレージ:8 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 3,980

広大な銀河系を舞台にした戦略ゲームですね。

SFの映像が非常に美しく、独特の世界観を持っているのが印象的です。

すでに2作目が誕生し、シリーズとして長く続く予感を与える素晴らしい作品となっていますね。

宇宙物というとバトル系のゲームが多いですが、この作品は内政や外交などもかなり充実しているので、より戦略的なプレイができるようになっていますよ。

それぞれの艦船の武装化や装甲モジュールなどの設定もかなり自由度が高いので、自分の好きな宇宙船を作り上げられるのも楽しいですね。

むしろ、戦略にこだわるよりも、かっこいい艦船を作ることに情熱を向けているファンも多いくらいです。

音楽や映像の流れもとてもきれいで、本当に宇宙の中に飛び込んだような気持ちになれるので、どっぷりとはまってゲームを満喫できますよ。

1位 Total War: THREE KINGDOMS

推奨スペック

OS Windows 10 64 Bit 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
CPU Intel i5-6600 | Ryzen 5 2600X
メモリ 8 GB RAM
グラフィック GTX 970 | R9 Fury X 4GB VRAM
その他 ストレージ:60 GB 利用可能

公式サイトリンクはこちら

トレーラーや紹介動画リンク

購入先リンクはこちら

価格:¥ 6,580

ターン制ゲームでは、言わずと知れた名作となっているTotal Warシリーズですね。

かなり長くシリーズが出し続けられていて、どれもレベルが高いので初心者にもやりこんでいるプレーヤーにも間違いなくおすすめできる作品ですね。

三國志をベースとした戦略ゲームで、回を追うごとにどんどん質が上がっていますね。

武将同士の相性や土地、年代、状況による変化が複雑で、じっくりと考えないといけないところが最高です。

世界中にファンがいて、コミュニティがかなり大きいので、情報交換する楽しさもありますよ。

グラフィックも音楽も徹底的に作り込まれていて、リアル感がすごいのではまること間違いなしです。

演戯バージョンと史実バージョンがあって、いろいろな遊び方ができるというのも魅力的ですね。

一度始めると、このタイトルだけでなくすべてのシリーズをしたくなると思いますよ。

まとめ

このように、ターン制ゲームと一口に言っても、異なるジャンルのものがあります。

また、作品ごとにプレイの仕方が異なりますし、何を重視するかも違ってきます。

ジャンケン要素もあり、どのキャラを使ったらいいのか、キャラを強化したり、装備を整えたり行動の順番を考えたりするところがとても楽しいですね。

この考えたことがパズルのように自分の思い通りになったときの快感と言ったらたまりません!

この感覚をぜひ味わっていただきたい!!!

またグラフィックや音楽の質も作品ごとに変わってきますので、自分好みの一本を見つけてはまりたいところです。

管理人ジャンル別ゲームランキング

管理人の独断と偏見でおすすめのゲームをジャンル別にランキング形式で紹介しています。

中々ジャンル分けし辛いもの、アクションなのかロールプレイングなのか、サバイバルゲームなのかバトルロイヤルゲームなのか、FPSモードとTPSモード両方備えている物だったり・・・と色々と意見があるとは思うのですが、『管理人が思う』なのでご注意を!

王道なものからかなりマニアックなもの、アーリーアクセス中(Steam)なものや安価なものまで記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください。

管理人である私も1,200本以上パソコンゲームを持っています!!

そんな1,200本以上もゲームを持っている管理人ですが、Steamは毎日セールがあるので、ほぼ毎日ゲームを買い続け未だに増え続けています。

なす

Steamは買うこと自体が目的のゲームと言われるくらいですからね!

セールでゲーム買おうかなと思ってもだいたい手持ちにあったり、終いにはどのゲームを買ったか忘れる始末・・・。

しかし、まだまだ面白いマニアックなゲームが眠っているはず。

それくらい奥が深いのです。

ちなみに『SteamLeft』という手持ち全てのSteamゲームをクリアするために必要な時間を計算してくれるサイトがあるのですが、私が計算してみたところ6813時間必要でした。

あれ?意外と少ないな~と思ってしまった自分が本当に怖い!

一番プレイしたゲームは今計算したところ、とある有名オンラインゲームの21,370時間です!

それと比べたら6800時間なぞ大したことはないですよ!

これだけの時間べんきょ・・・ごほんごほん。

本当にゲームって老後の趣味にもってこいですね!一生困らなさそう。

そんなパソコンゲーマーオタクが

  • 『これは面白い!(主観)』
  • 『買って損はない!(主観)』

と胸を張っておススメ出来るゲームを皆さんにも知ってもらいたいと紹介しています。

このゲーム面白そうだけど実際どんな感じかな?買うにはもう一声、背中を押してほしい!

とゲームを買うか迷っている方に、どういうゲームなのか管理人なりに紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

必ず貴方に合うゲームがあるはずです!

きっと力になれると信じています!

<広告>ゲームパソコンならドスパラのGALLERIA

error: Content is protected !!